Together
to success
from_1997_year
"INTECH_GmbH"
English(int.) Русский Deutsch English(USA) English Español Français Italiano Português 日本語 简体中文

ロシアの工業企業に研削機械(研削盤)を供給するディストリビューター(正式な代表者)

ロシアの LLC「インテックGmbH」(ООО「Интех ГмбХ」)エンジニアリング会社は、20年以上ロシア市場におけるロシアの様々な工業企業と協力しながら、莫大なエンジニアリングの経験を積み、市場で高い評価を得て、100以上の大規模なロシア産業プラントにおけるプロジェクトを実施してきました。当社は、ロシア市場を魅力的とし、地域での売り上げを増やし、その活動を拡大し、新しい国際的なレベルに到達したい投資家と新しいビジネスパートナーを常に探しております。

目次:

当社はロシアの工業プラントに自社製品を供給するために善意の公式代理店を探している研削機械(研削盤)のメーカーと協力したいと思います。

当社の経営者と担当者は、ロシア市場の業界、顧客のやり方と考え方、金融経済活動の特徴をよく知っております。当社のすべての担当者は豊富な顧客ベースを持っており、成功した販売の豊かな経験と研削機械の可能な買い手との確実なコネクションを持っているため、手早く興味を持っている分野を特定し、成長しているロシア市場への早いアクセスを提供できます。当社の担当者は、英語とドイツ語が話せ、国際市場における外国製機器の供給という仕事が得意です。

複雑で技術的な問題を解決する経験を持っているエンジニアリング専門家は、定期的にロシア顧客と会い、パートナーメーカーが行う最近の開発のプレゼンテーションに参加します。常にロシアの工場におけるすべての技術サービスと連絡を取り合い、技術的な問題を特定します。そのため、当社はロシア連邦における特徴と、プラントが装備する産業施設とその最も必要な改造をよく分かっております。

ロシアにおける研削機械の公式代理店になって、当社の広告部門は市場調査を実施し、ロシアの企業の市場における貴社の研削機械に対する需要を評価し、産業工場の市場の規模と能力を確定し、当社のIT専門家は貴社の製品についてロシア語で のウェブサイトを開発します。当社に属する専門家は貴社に提案される研削機械が最終顧客の要求条件に適合性するかどうか分析し、新製品に対する市場の全体的な反応を分析し、潜在的な顧客のカテゴリを検討し、そのなかで最大かつ最も魅力的な会社を推選します。

ロシアにおける公式代理店になって、LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は必要に応じて、メーカーの機器の個別なロット、研削機械の様々な種類をロシア基準により許認可申請を行い、危険な産業を含めて関税同盟(ロシア、カザフスタン、ベラルーシ、アルメニア、キルギスタン)のすべての工業企業で貴社の機器の使用を確保するTR TS 010およびTR TS証明を取得します。当社のロシア会社はロシアと関税同盟規格の国の要求条件に応じて研削機械の登録証明書の取得も支援できます。

当社のエンジニアリング LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、様々な産業分野におけるロシアの設計機関と協力しているため、ロシアとCIS諸国の建築基準および規則に従って予備設計とその後の設計作業を実施することが可能となり、将来のプロジェクトで貴社の研削機械を敷設する機会を与えてくれます。

当社は、必要な貨物の輸送、その梱包、荷積み、すべての適用な法的規制やロシア市場に出るために必要である要件に準拠し、DAPまたはDDP条件で顧客の倉庫に商品を輸送する専用の物流部門を持っています。

当社は、供給された設備据え付けと試運転、研削機械の保証サービスおよびアフターサービスを行い、顧客の担当者の必要な訓練および教育を行う認定の専門家を持っています。

研削加工とその種類

砥石車や研磨材料が使用される部品の切削加工は研削と呼ばれます。研削砥石は、硬度がダイヤモンドに近い高硬度で異なる粒度の研磨材です。この材料の粒は硬化バインダーによって接合されます。

研削砥石が回転することにより砥粒材料は加工される表面に接触し、微細なチップの表面層を除去します。

粒子によって層を除去する能力が異なります。粒子の形状は異なり、鋭いエッジが不均一に配置されるため、砥石が加工面の異なる層を除去します。特定の砥石はカッター刃として動作し、他の砥石がこすります。加工ゾーンにおける摩擦が十分に高く、冷媒なしで動作の場合に温度が2000度に達します。

加工される材料の硬度が高すぎる時に砥石の粒子鈍化がより迅速に起こります。硬度が高い材料の場合には粒引き抜き抵抗が小さい砥石が使用されます。砥石の鈍化および油まみれの場合、研削面に火傷、汚れ、金属粉砕が発生します。研削砥石中の粒子の高い硬度は、通常の材料だけでなく、切削工具の製造で使用される固体硬化金属、サーメット合金を加工することができます。

研削加工によって高精度(1〜2等級の精度)と処理された表面の高純度(9〜12等級純度)の結果を達成します。

現在、研削操作の種類はたくさんあります。

1)刃切削工具の代わりに研削
2)予備と仕上げ研削からなる従来の精研削
3)仕上げからなる微研削
4)工具削りの研削

加工面の性質により研削の次の種類があります。

1)外部円形研削。円筒形、円錐形と回転面の成形体を研削することが可能です。
2)内面研削。穴の研削のために使用されます。
3)表面研削(平面)
4)特別な形状の表面研削(歯車、ねじ、スロット面、球等)

研削砥石

研磨剤としては高硬度の天然鉱物と合成物質が使われます。研磨材の主な指標は研磨粒の材料、粒度、結合種類、砥石硬度、砥石形、砥石構造および寸法です。研磨材硬度の相対基準は、材料の表面を削る能力です。この点において、材料は10クラスに分けられます。

最も硬い材料は、ダイヤモンド(10等級)であり、硬度の最も穏やかな材料はタルク(1等級)に当たります。砥石車に適する研磨剤の硬度7等級以上です。

砥石車には、無機および有機に分けられる結合剤(バインダー)があります。

無機結合剤とはセラミックです。セラミック結合剤には耐火粘土、カオリンや長石が含まれます。この結合は、高い防水性、耐熱性、耐薬品性を特徴とします。セラミック結合剤の砥石車は銅形状をよく維持されますが、衝撃や曲げに対して耐性がありません。

有機結合剤としてはベークライトと火山岩が使われ、砥石車に強度、弾性、柔軟性、衝撃に対する非感受性を与えます。しかし、これらは緻密な構造、すぐにチップと金属ダストで細孔を埋める低多孔性などの欠点を有します。 200度未満の温度でこれらの砥石車は軟化します。砥石車の主な形状はディスク、平、カップ状と皿状。

砥石車の形状は加工表面の性質および研削方法によります。

円筒研削の切削要素と切削力

切削速度は、砥石と研削部品のメートル/秒の相対回転速度です。

V = Vk = п·Dk·nk / 1000 m/s

Vkは砥石回転の相対速度
Dkは砥石車の直径
nkは砥石の回転数
研削部品の回転速度

Vd = С·dzd / Тmtxsy s/min

Cは研削材料および方法による係数
Tは砥石の抵抗
Ddは研削部品の直径
tは切削深さ
sは研削部品1回転分
z、y、x、mは指数

研削部分の回転数

ndet= 1000·Vd / п·dd

砥石回転ための電動モータの動力

Nк = Pz·Vк / 1,36·75nkW

Vkは砥石車の速度

Pzは接線力

nは駆動効率

研削盤

研削盤の主な種類は下記の通りです。

1)円筒(外部)研削機械
2)内部研削機械(開口研削)
3)フラット研削機械(面研削)
4)工具削り機械
5)ねじ研削機械
6)歯車の研削機械
7)スロット研削機械
8)球研削機械

円筒研削用(外部)の研削盤は3種類に分けられます。

1)円状研削盤(汎用)
2)心なし研削盤
3)円状研削盤(特定の目的、クランクシャフトネックを研削する機械)

このような縦送り機械は、一般的に比較的長い表面のために使用され、横送り研削盤は短い円筒形、円錐形の表面と高剛性の部品を研削します。

高剛性の部品の短い表面は円状研削機で「深い方法」で研削されます。低縦送りで砥石車の1回転でほぼすべての金属層1が除去されます。次に、横送りと切削を含め一般的な方法で研削されます。

切削研磨方法は精円状研削の最も生産的な方法の一つで、砥石車の幅は研削される全表面を抑えるように十分しなげればなりません。この方法は、円筒状および形状表面の研削に適します。研削はいくつかの砥石車で同時に行われます。円状研削盤では、部品をクランプまたは特別な装置で固定されて部品を研削します。

典型的な円状研削盤の構造は、フレーム、2分のテーブル、砥石車、前押台および後押台を含みます。テーブルの上部は平坦コーンの研削用の砥石のスピンドル軸に対して角度で回転します。急なコーンは、研削砥石回転状態で研削されます。これらの機械では、円筒状、円錐状、形状の面、溝、平面端部を研削することができます。

心なし研削盤は高性能、同じ方向で異なる速度で回転する雄と雌の砥石車が使用されます。駆動砥石車と被加工物との間の摩擦は、被加工物と作業砥石車より高いため、駆動砥石車が部品を回転させます。これらの研削盤では縦送りまやは切削で行われ、一般的に円筒形、形状と短い円錐面を研削します。

心なし研削盤の利点は以下の通りです。

1)機械と工具と部品の間に良好な剛性があるため高性能、切削深さおよび送りの高い研削、連続フィードスルーで研削
2)研削される部品で中心予備凹部を削る必要はない
3)中心または装置における部品の正確な固定(ずれなし)

心なし研削盤の欠点は以下の通りです。

1)地表面は、アイテムの他の表面に対して必要な位置を得ることは困難です。
2)不連続面の研削加工の困難。

グラインダーの注目の中に3種類を授与さの中で:

1)研削部品回転式
2)固定されていない研削部品回転式(心なし)
3)固定された部品のスピンドル遊星運動式

部品回転式の研削盤では、部品がカートリッジまたはスピンドルの固定具に設置され、回転させます。砥石車はその軸周りに回転する間に部品に沿って往復移動することによって、各サイクルに金属の特定の層を除去します。心なし内面研削盤は円筒状と円錐状の穴を削り、以下の動作方式によって稼働します。

研削部品は駆動および支持ローラに加圧ローラにより押し付けられます。砥石車はその軸周りに回転しながら、この軸に各回転後に横方向に移動されます。研削部品はローラーと同時にその軸に沿って往復運動します。このタイプの機械は、一般的に完全自動化のためマガジン装置で装備されます。

スピンドル遊星回転機械は大型部品の穴を研削するために使用されます。工場では、通常は半自動内部研削盤が使用されます。部品を固定した後に砥石車が縦と横送りで高速に近づかれ、次いで穴の予備研削を行います。研削時に機械スピンドル段階ゲージが各砥石回転の間に加工穴をばね作用で該当とします。予備研削後、所定の直径に到達するとゲージの第1段階が開口部に入ります。その後、砥石車が自動的に工作物から除去され、自動的に後退した位置が修正され、研削穴に再投入されます。仕上げ研削は、少ない横入れで行われます。所定の穴直径に到達すると、開口部に第2段階が入り、砥石車が再び自動的に速い速度で研削部品から離れ、機械が停止位置に入ります。

この研削種類は下記のために使用されます。

1)特別な硬度の表面加工
2)高精度の穴加工

この研削種類の欠点は以下のとおりです。

1)小径砥石車が使用されるため砥石車の急速な摩耗
2)砥石車のスピンドル直径とその端部の小比値と砥石車のレバー位置の結果、高剛性に到達することが困難
3)外側円筒研削より低い送り速度および切削の深さで作業する必要性
4)相対摩耗による砥石車の頻繁な調整の必要性

平面研削盤は下記の種類に分かれます。

1)精密作業用:
 a)砥石車の端部で加工する種類
 b)砥石車の面で加工する種類
2)粗研削用(片側または両側)

砥石車の面で研削する時、個別のエンドポイントの回転周速度が不均等です。表面の研削精度と品質への影響を減少するように、砥石車がボウルまたはプレートの形状にします。より大きな直径の砥石車は、共同の金属ディスクに固定された複合体から形成されます。この構造のおかげで、砥石車の安全性を高め発熱を減少させます。小規模生産では砥石車の端部で加工するテーブルを備えた研削盤が普及しています。それらは、砥石車の面で加工する研削盤より性能および発熱性が低くいが、溝の底部を研削などの動作の多様性が高いです。

冶金設備

LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)はロシアにおける貴社の研削機械の公式代理店となって、貴社の機器を買う顧客を提案し、技術的および商業的な交渉を行い、供給の契約を結びます。入札の場合、参加するために必要な資料をすべて収集し、機器の輸送のために必要な契約を締結し、税関登録および商品のその後のクリアランスを行い、通貨の支払いができるようにロシアの銀行に通貨管理の契約パスポートを登録します 。必要に応じて、当社は既存または新規に構築される生産プロジェクトにおいて貴社の機器を指定します。

LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、ロシアにおける高い信頼性と効率的なパートナーおよび代理店になることができると確信しています。

我々は 常に協力にオープンしているので、一緒に前進しましょう!