Together
to success
from_1997_year
"INTECH_GmbH"
English(int.) Русский Deutsch English(USA) English Español Français Italiano Português 日本語 简体中文

自吸式ポンプ

ロシアの LLC「インテックGmbH」(ООО「Интех ГмбХ」)エンジニアリング会社は、20年以上ロシア市場におけるロシアの様々な工業企業と協力しながら、莫大なエンジニアリングの経験を積み、市場で高い評価を得て、100以上の大規模なロシア産業プラントにおけるプロジェクトを実施してきました。当社は、ロシア市場を魅力的とし、地域での売り上げを増やし、その活動を拡大し、新しい国際的なレベルに到達したい投資家と新しいビジネスパートナーを常に探しております。

当社はロシアの工業プラントに自社製品を供給するために善意の公式代理店を探している自吸式ポンプのメーカーと協力したいと思います。

当社の経営者と担当者は、ロシア市場の業界、顧客のやり方と考え方、金融経済活動の特徴をよく知っております。当社のすべての担当者は豊富な顧客ベースを持っており、成功した販売の豊かな経験と自吸式ポンプの可能な買い手との確実なコネクションを持っているため、手早く興味を持っている分野を特定し、成長しているロシア市場への早いアクセスを提供できます。当社の担当者は、英語とドイツ語が話せ、国際市場における外国製機器の供給という仕事が得意です。

複雑で技術的な問題を解決する経験を持っているエンジニアリング専門家は、定期的にロシア顧客と会い、パートナーメーカーが行う最近の開発のプレゼンテーションに参加します。常にロシアの工場におけるすべての技術サービスと連絡を取り合い、技術的な問題を特定します。そのため、当社はロシア連邦における特徴と、プラントが装備する産業施設とその最も必要な改造をよく分かっております。

ロシアにおける自吸式ポンプの公式代理店になって、当社の広告部門は市場調査を実施し、ロシアの企業の市場における貴社の自吸式ポンプに対する需要を評価し、産業工場の市場の規模と能力を確定し、当社のIT専門家は貴社の製品についてロシア語で のウェブサイトを開発します。当社に属する専門家は貴社に提案される自吸式ポンプが最終顧客の要求条件に適合性するかどうか分析し、新製品に対する市場の全体的な反応を分析し、潜在的な顧客のカテゴリを検討し、そのなかで最大かつ最も魅力的な会社を推選します。

ロシアにおける公式代理店になって、LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は必要に応じて、メーカーの機器の個別なロット、自吸式ポンプの様々な種類をロシア基準により許認可申請を行い、危険な産業を含めて関税同盟(ロシア、カザフスタン、ベラルーシ、アルメニア、キルギスタン)のすべての工業企業で貴社の機器の使用を確保するTR TS 010およびTR TS証明を取得します。当社のロシア会社はロシアと関税同盟規格の国の要求条件に応じて自吸式ポンプの登録証明書の取得も支援できます。

当社のエンジニアリング LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、様々な産業分野におけるロシアの設計機関と協力しているため、ロシアとCIS諸国の建築基準および規則に従って予備設計とその後の設計作業を実施することが可能となり、将来のプロジェクトで貴社の自吸式ポンプを敷設する機会を与えてくれます。

当社は、必要な貨物の輸送、その梱包、荷積み、すべての適用な法的規制やロシア市場に出るために必要である要件に準拠し、DAPまたはDDP条件で顧客の倉庫に商品を輸送する専用の物流部門を持っています。 当社は、供給された設備据え付けと試運転、自吸式ポンプの保証サービスおよびアフターサービスを行い、顧客の担当者の必要な訓練および教育を行う認定の専門家を持っています。

自吸式ポンプ

ポンプの重要なパラメータの1つは、吸込高さです。ポンプが停止した後、液体は吸引管から流出する傾向があります。この場合、ポンプはこの条件下で運転を再開した後、吸入管内に形成された空気の部分も汲み上げなければなりません。この目的のために、空気部分を通過して作動を続けることができる自吸式ポンプが使用されます。

自吸式ポンプには多くの種類があり、インペラの数とタイプと材質が異なります。自吸式ポンプは、きれいな水だけではなく、石油、下水などの液体を汲み上げるために使用されます。 自吸式ポンプは、以下の条件の1つ以上を必要とする場合に使用されます。

  • 自己吸引
  • 固形混合物を有する媒体の圧送
  • 高磨耗性を有する媒体の圧送
  • 粘性液体の圧送

自己吸引ポンプは基本的に次のタイプに分けられます。

  • 体積
  • 渦巻
  • 液体リング
  • 遠心
  • エジェクタ(内部または外部エジェクタ付き)

自吸の能力により、作業機関(半水中ポンプ)またはポンプユニット全体をモーターと一緒に作動媒体の中に配置する(水中ポンプ)必要なしに、ポンプを圧送液体レベルより上に(陸上ポンプ)配置することができます。

自吸能力を有する渦巻ポンプは、通常、固形不純物を含有せず、粘度が低い清浄媒体を圧送するために使用されます。同時に設計と操作が簡単になるかわりに、生産性と効率が比較的低くなります。

液体リング自吸式ポンプは、発泡液を圧送するのによく使用されます。また、水、燃料油、ディーゼル燃料の汲み上げにも使用されます。このようなポンプの作動は必然的に、ポンプから圧送媒体と共に汲み出される作動流体の一部が失われることにつながります。

自吸式ポンプとして、渦巻ポンプとサイドチャネルを備えた液体リングポンプも使用されます。このポンプは、体積と遠心ポンプとの間の中間位置にあたり、研磨粒子を含有しない気体と液体の混合物を圧送するために設計されています。サイドチャネル付き自吸式ポンプの特徴は次のとおりです。

  • 自吸能力
  • 液体の流れを妨げることなく気体を移送する能力
  • 乾燥運転の場合にダメージがない
  • 低いNPSH数

ピストン自吸式ポンプは、吸込高さに大きく制限され、汚染された媒体を圧送するときにピストンリングを交換し、吸込管と注入管のバルブを定期的に洗浄する必要があります。これは主に船舶に使用されています。

個々の水供給の分野では、遠心自吸式ポンプがよく使われます。遠心ポンプに対して「自吸」という用語は、(気泡を含む)は、液体と気体の混合物を圧送し、ポンプ内部容積を充填し、続いて液体を汲み上げる吸引管路内に真空を作成することができることを意味します。以下はその特徴の一部です。

自吸式遠心ポンプの設計特徴

  • シンプルな構造と羽根車という唯一の可動部品
  • 羽根車を研磨することが理論的に可能
  • 検査のための羽根車への容易なアクセス
  • 充分に大きな固体混合物を有する媒体で動作する能力
  • 自吸式ポンプを圧送媒体の外に配置できるため、設計が複雑にならず、技術検査と修理の手順が大幅に簡略化されます。ポンプを常時監視する可能性があるため、重大な損傷の可能性が大幅に低減されます。
  • 十分な寿命。定期的なメンテナンスを受ける自吸式ポンプの寿命は少なくとも20年です。
  • 自吸式ポンプは、フリーシャフト、電動モーター、ディーゼルエンジン、ガソリンエンジン、油圧タービンを備えた状態で供給することができ、防爆型も供給できます。

自吸式ポンプの用途

自吸式ポンプは、化学工業から民間の家庭用水供給まで、あらゆる分野で使用されています。下水井、水槽、地下貯留層からの液体の汲み上げに使用されます。

自吸式ポンプは、加熱器、冷却器、水道管、下水道などに使用されます。また、特定の条件下では、自吸式ポンプを使用して吸引ラインから空気を送り出すことができます。ポンプの最大吸入能力は、吸入管の許容サイズおよび構成を決定します。

産業

産業用自吸式ポンプは、家庭用ポンプと違って、性能と信頼性が高いです。それは、様々なタイプの生産および貯蔵施設、化学物質の流出を排除するために化学プラント、また、鉱業、冶金およびパルプ・紙産業、石油・ガス精製、給水および衛生施設で使用されます。

圧送媒体

  • 清浄またはあまり汚れていない液体、中性の、酸性またはアルカリ性の液体
  • 砂、錆、シルトまたは粒子状物質のスラリーを含む液体
  • ガソリン、燃料油、不純物の入っていないディーゼル燃料、パラフィンなど、低粘度の清浄または汚染された石油製品
  • 溶媒
  • 石灰乳
  • エアゾールと泡
  • 水酸化ナトリウム溶液など

産業用自吸式ポンプは、洗浄および冷却(設備ツール、研削輪)、切削および硬化のための液体の循環、煙回収、燃料タンクの洗浄などに使用されます。

建設

洪水の揚水、下水圧送、消防、危険な液体の回収、ピット、運河または池から水を汲み出す掘削作業、除湿と地下水面の下降(施工時の効果的な基礎敷設のため)、井戸または運河からの水供給、コンクリート表面の洗浄。自吸式ポンプは、建築資材の生産、ユーティリティおよびネットワークの修理およびメンテナンスにも使用されます。

海作業

液体媒体の積み降ろし、ポンピングおよび排水作業、塩水または海水ポンピング、消防、衛生施設に必要な水の供給

廃棄物処理

汚染された、高温または腐食性の廃水の移送、懸濁状態の砂、シルトまたは固体を含む水の移送、補償液体の充填、沈殿物の排出

農業

表面灌漑および灌漑作業、液体の肥料の圧送および噴霧、動物用液体飼料の分配、粕、若いワイン、フルーツジュースなどの圧送

自吸式ポンプの設計

自吸式ポンプの標準図面






装置の標準的な配置の場合、ポンプ(ポンプ本体)はモーターとともに圧送液体の水面よりも上で外側に位置します。液体に逆止弁付きの吸引パイプのみが直接入ります。逆止弁は、液体が池(天然または人工)に漏れるのを防ぐために必要です。圧力ラインは、ポンプから消費者に液体を供給し、逆止弁も装備することがあります。

自吸式ポンプの本体は、鋳鉄、ブロンズ、ステンレス鋼および他の合金で作ることがあります。水用の家庭用自吸式ポンプは、ステンレス鋼、銅合金および複合ポリマーで作られています。

動作原理

自吸式ポンプは、追加の外部吸込装置を不要にします。ポンプは圧送液体の水面より上に位置するので、稼働する前に、媒体が最大吸込高さを超えないように一定の高さまでくみ上げる必要があります。通常、自吸式ポンプを始動させるために吸入管の予備充填を必要としないが、作動室を予め充填する必要があり得ます。吸入管に逆止弁を装備することにより、ポンプの予備充填を繰り返さなくなります。個々の部品やポンプ全体が故障につながるため、ポンプの「ドライ」始動は好ましくありません。

システムからの空気の除去

自吸式ポンプは、空気抽出のために多くの複雑なバルブを搭載することを必要としません。気液混合物がポンプの作動要素に入ると、相分離プロセスが開始され、そこでは空気が上方に向かって出口管を通して排出され、水がポンプ内を循環し続けます。これは、すべての空気が除去されるまで続き、その後、自吸式ポンプは通常のポンプとして作動し続けます。加えて、システムからの気体封入物を排出する空気分離チャンバーと、液体をポンプに供給して自吸プロセスを開始させる充填チャンバーとを使用することがあります。






詳しくは、入口チャンバーおよび分離チャンバーを搭載する自吸式ポンプを始動させるプロセスは以下の通りになります。ポンプの設計は、ポンプの作業領域を満たすことができ、その結果、インペラが圧送媒体で完全に満たされます。注入後の液体は、その容量を出ることができず、ポンプの前後の空気圧は同じになります。

ポンプが起動されると、インペラの遠心力によって事前に充填された液体の体積が分離チャンバーに供給されます。これにより、吸入管内が真空になるため、空気が吸引されます。吸入空気は予め充填された液体と混合されることにより、インペラが気体空気混合物を吸入します。混合物が分離チャンバーに入ると、分離プロセスが開始され、その間に空気が排出パイプラインに流れ、液体がインペラ上に戻ります。そのため、事前に充填された液体を実際に移動させることなく、吸入管からの気体を移送させます。

吸入管内の空気の割合が減少すると、圧送液体はポンプに向かってインペラに達するまで移動し始めます。この時点で、吸入管からすべての空気が除去され、ポンプは通常の遠心ポンプとして機能し始めます。ポンプの動作中に既に標準動作モードに達した後に発生する別の気体不純物も、同様の原理により移送されます。

自吸式ポンプの特徴

自吸能力は、それぞれの特徴を持つ様々なタイプのポンプを有することがあります。以下は、最も一般的な遠心自吸式ポンプの利点と欠点のリストです。

利点
  • 汚染された媒体および気体封入物の媒体を移送する能力
  • 高効率
  • ポンプの始動時の吸入管の自己充填
  • 動作モードの変更時にプロセスの円滑な移行
  • メンテナンスと操作の簡素化
弱点
  • 吸込高さの制限
  • 乾燥した状態で」始動して運転するのを避けるために、ポンプの事前充填と制御が必要

自吸式ポンプの吸込ライン






通常、吸引の最大揚程は7〜8m(hs)です。この値には、圧送媒体の液面から汲み上げの高さだけでなく、吸入管によって生成された流体抵抗(摩擦損失+抵抗損失)の値も含まれます。 吸込ラインは、パイプラインの公称直径がポンプ吸込ノズルの公称直径を超えなければなりません。可能な場合は、吸込ラインの合計長さは、ポンプの吸込能力に負の影響を与える総抵抗を低減するためにできるだけ短くします。

また、吸込ラインの密封も重要です。漏れによってポンプの破損を伴う空気が吸込管に入り、自吸式ポンプの誤動作の原因となります。

吸込ラインの構成も重要です。それは常にポンプに向けて上昇し、エアポケットが形成しない構造ではなければなりません。こういうエアポケットは、吸込みの条件を悪化するだけではなく、パイプラインから除去することが困難です。






吸込パイプには、パイプラインの入口に配置される逆止弁やフィルターなどの追加設備が取り付けられることがあります。逆止弁は吸引された媒体が吸込ラインから流出しないようにするため、ポンプが再始動されたときに充填したり、液体をタンクからポンプに持ち上げたりする必要はありません。逆止弁の代わりに、単純なチャッキを使用することができます。フィルターは、圧送媒体が、汚れ、葉、紙、木屑または石屑のような様々な不純物で非常に汚染されている場合に使用されます。






従来のポンプは、自吸式ポンプの代わりになることができない。しかしながら、代替物がない場合には、簡単なポンプを代替として使用することができます。この場合、ポンプ自体もパイプラインも液体で事前に充填する必要があるため、困難になります。また、吸込管への空気の進入が容易に自吸式ポンプの損傷を伴うことがあり、吸込ラインを起動再開する前に充填過程を繰り返す必要とします。実際には、このような緊急措置は無駄な費用や機器の損傷につながるだけなので、深くから水をくみ上げるために吸込条件の計算に従って特性が選択され、特別に設計された自吸式ポンプのみを使用することが推奨されます。

自吸式ポンプを運転する際の注意点
  • 自吸式ポンプを始動する前に、ポンプの運転を停止させる「ドライ」の始動を避けるために、事前充填手順を実行する必要があります。
  • 排出ラインの背圧は、気泡の蓄積に起因して、吸込パイプを通る空気の通過を防ぎます。このような排出ラインの状況を防ぐためには、ポンプと逆止弁の間に空気分離バルブを設置する必要があります。空気分離バルブを使用して、システムからの気体封入物が除去されます。
  • 自吸式ポンプにはメカニカルシールが適します。オイルシールの場合には、空気がそれに入り込み、より複雑な充填および性能の低下につながります。
  • 自吸式ポンプを選択する際には、常にポンプのNPSHグラフを参照し、液体の汲み上げ値を考慮する必要があります。
  • 漏れの可能性を管理することは、漏れがポンプの自吸性能を完全に失うまで減らすことができるため、非常に重要です。
  • 計算では、注入時間が短くするために吸込パイプの最小の吸引高さと長さを目標とする必要があります。注入時間が長すぎると、注入プロセスが完了する前に注入チャンバー内で液体が蒸発する可能性があります。
  • 汚染された場所でポンプを使用する場合は、注入部分に固体不純物が蓄積しないように網フィルターを取り付けることをお勧めします。
  • 自吸式ポンプの注入を防止できる排出管内の背圧を回避するために、注入バイパスラインを取り付ける必要があります。

LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)はロシアにおける貴社の自吸式ポンプの公式代理店となって、貴社の機器を買う顧客を提案し、技術的および商業的な交渉を行い、供給の契約を結びます。入札の場合、参加するために必要な資料をすべて収集し、機器の輸送のために必要な契約を締結し、税関登録および商品のその後のクリアランスを行い、通貨の支払いができるようにロシアの銀行に通貨管理の契約パスポートを登録します 。必要に応じて、当社は既存または新規に構築される生産プロジェクトにおいて貴社の機器を指定します。

LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、ロシアにおける高い信頼性と効率的なパートナーおよび代理店になることができると確信しています。

我々は 常に協力にオープンしているので、一緒に前進しましょう!

ご協力の問い合わせを英語でお送りください。

ポンプ設置