Together
to success
from_1997_year
"INTECH_GmbH"
English(int.) Русский Deutsch English(USA) English Español Français Italiano Português 日本語 简体中文

ロシアの工業企業にスクリュー圧縮機を供給するディストリビューター(正式な代表者)

ロシアの LLC「インテックGmbH」(ООО「Интех ГмбХ」)エンジニアリング会社は、20年以上ロシア市場におけるロシアの様々な工業企業と協力しながら、莫大なエンジニアリングの経験を積み、市場で高い評価を得て、100以上の大規模なロシア産業プラントにおけるプロジェクトを実施してきました。当社は、ロシア市場を魅力的とし、地域での売り上げを増やし、その活動を拡大し、新しい国際的なレベルに到達したい投資家と新しいビジネスパートナーを常に探しております。

目次:

当社はロシアの工業プラントに自社製品を供給するために善意の公式代理店を探しているスクリュー圧縮機のメーカーと協力したいと思います。

当社の経営者と担当者は、ロシア市場の業界、顧客のやり方と考え方、金融経済活動の特徴をよく知っております。当社のすべての担当者は豊富な顧客ベースを持っており、成功した販売の豊かな経験と圧縮機の可能な買い手との確実なコネクションを持っているため、手早く興味を持っている分野を特定し、成長しているロシア市場への早いアクセスを提供できます。当社の担当者は、英語とドイツ語が話せ、国際市場における外国製機器の供給という仕事が得意です。

複雑で技術的な問題を解決する経験を持っているエンジニアリング専門家は、定期的にロシア顧客と会い、パートナーメーカーが行う最近の開発のプレゼンテーションに参加します。常にロシアの工場におけるすべての技術サービスと連絡を取り合い、技術的な問題を特定します。そのため、当社はロシア連邦における特徴と、プラントが装備する産業施設とその最も必要な改造をよく分かっております。

ロシアにおけるスクリュー圧縮機の公式代理店になって、当社の広告部門は市場調査を実施し、ロシアの企業の市場における貴社のスクリュー圧縮機に対する需要を評価し、産業工場の市場の規模と能力を確定し、当社のIT専門家は貴社の製品についてロシア語で のウェブサイトを開発します。当社に属する専門家は貴社に提案されるスクリュー圧縮機が最終顧客の要求条件に適合性するかどうか分析し、新製品に対する市場の全体的な反応を分析し、潜在的な顧客のカテゴリを検討し、そのなかで最大かつ最も魅力的な会社を推選します。

ロシアにおける公式代理店になって、LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は必要に応じて、メーカーの機器の個別なロット、スクリュー圧縮機の様々な種類をロシア基準により許認可申請を行い、危険な産業を含めて関税同盟(ロシア、カザフスタン、ベラルーシ、アルメニア、キルギスタン)のすべての工業企業で貴社の機器の使用を確保するTR TS 010およびTR TS証明を取得します。当社のロシア会社はロシアと関税同盟規格の国の要求条件に応じてスクリュー圧縮機の登録証明書の取得も支援できます。

当社のエンジニアリング LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、様々な産業分野におけるロシアの設計機関と協力しているため、ロシアとCIS諸国の建築基準および規則に従って予備設計とその後の設計作業を実施することが可能となり、将来のプロジェクトで貴社のスクリュー圧縮機を敷設する機会を与えてくれます。

当社は、必要な貨物の輸送、その梱包、荷積み、すべての適用な法的規制やロシア市場に出るために必要である要件に準拠し、DAPまたはDDP条件で顧客の倉庫に商品を輸送する専用の物流部門を持っています。

当社は、供給された設備据え付けと試運転、スクリュー圧縮機の保証サービスおよびアフターサービスを行い、顧客の担当者の必要な訓練および教育を行う認定の専門家を持っています。

スクリュー圧縮機概念

スクリュー圧縮機概念

スクリュー圧縮機とは、スクリューを介して空気を強制的に圧縮する工業用機器です。この機器は、圧縮空気を空気圧システムに連続供給するために業界で広く使用されます。スクリュー圧縮機は、小電力、簡単な維持および管理、耐久性が特徴とされる経済的かつ近代的な機器です。

スクリュー圧縮機は、空気、液体、または油冷却システムを備えます。冷却された空気は設備寿命に影響する、油滴、固体粒子および水蒸気を含有することがあります。したがって、圧縮空気の純度の高い水準を維持する必要がある産業において、空気及び液体冷却システムが使用されます。空気を不純物から洗浄と一緒に、安定した供給とエネルギー節約を確保するレシーバーとドライヤーを備えた圧縮機のモデルもあります。このようなモデルは、小規模生産に最適です。

スクリュー圧縮機は、電気モーターにより稼働されます。気体状のクーラント(冷却水)は特定の容量で移動するため、正確に圧縮機内の冷却過程を管理することができます。圧縮機が装備されたピストンバルブは気体流入と容量のレベルを低下させます。

スクリュー圧縮機はアイドル状態で動作することができるため、消費電力を5分の1まで低減するだけでなく、電動モーターの不要稼働をなくすために摩耗を最小限にすることも可能です。

この圧縮機型は、レシプロ圧縮機と違い過剰空気を吐出しません。また、スクリュー圧縮機は、圧縮端温度が低いため、温度が低い圧縮空気を生成します。

最初のスクリュー型圧縮機は、1930年代に特許が取得されました。他の型の容積圧縮機システムと上手く競争できた結果として、その人気性と用途分野は拡張しました。今のスクリュー型圧縮機は積極的に生産の様々な工程で機能しています。技術的な特徴では、連続生産過程を維持する生産に使用され、工業用レシプロ圧縮機に負けません。

スクリュー圧縮機の原理

スクリュー圧縮機ユニットは2つの凸凹面を持っているスクリューが装備されます。






圧縮機のスクリューとハウジングは膨張室を形成します。スクリューの回転中に膨張室が大きくなり、ローターの凸部の溝から離れると吸引が行われます。膨張室は最大容積になると吸引過程が終了します。膨張室は、パイプから孤立した位置になります。次に、雌ローターの溝内に駆動ローター凸部が(ローターの冒頭から吐出口まで)入ります。特定の時点で、2つの表面が徐々に排出口に向かって要素運動の結果として減少する共通容積を形成します。最後に気体吐出が起こります。






スクリュー圧縮機の一般的な構造では、油が膨張室に供給されません。スクリューは、コネクタ(1以上)、ボア、シールと拡張室(吸排)が装備されたハウジングの内部に配置されています。このシステムは、スクリュー回転数が高いため、ベアリング(軸受)を使用しています。

軸受部における軸受部からの油の放出は、シール気体によって防止されます。この気体は、スクリューと軸受室間のリングで構成されたシール部に投入されます。

一般的なスクリュー圧縮機の概略図

最も単純で最も一般的な構成では、空気は吸気バルブから汚染感知センサ搭載のエアフィルタ(1)を通過し、スクリューペア(2)に供給されます。スクリューペア(2)は空気が洗浄油と混合される圧縮機の「中心」になっています。形成された空気と油混合物は、スクリュー部を介して空気圧システムに送られます。圧縮機はオイルと空気の分離が行われるセパレータを備えます。 油から分離された空気は、ラジエータの冷却装置(9)を通過した後、圧縮機出口部に入ります。オイルはスクリューのペアに流れます。その後の油の流れは温度によります。短いルートで流れるか、冷却必要の時にはラジエータを通過する長いルートで流されます。ラジエータ(8)を通過する間に油を制御する温度サーモスタット(7)が温度調整します。セパレータ中に残留する油は、スクリュー機構にパイプ(10)で送られます。電動機は、スクリューペアを駆動します。圧縮機は、コントローラと圧力スイッチで自動的にオンオフされます。以下の図面は、上記の一般的なスクリュー圧縮機の構成です。






スクリュー圧縮機の主な部品と構造特徴

スクリュー圧縮機は、スクリューペア(ブレードが付けられた2つのローター)が装備されます。1本のスクリューは凹面、もう1本は凸面を有します。スクリューは対称な回転運動を行う時に、気体が圧縮されます。圧縮は制限時点までに行われ、その後に特定の容積が端壁のインフレータ口から排出されます。

この圧縮機の代表的な型は、2本のスクリューが取り付けられた構造を持っています。スクリュー1本を使用し、ドライブとして電動機を使うシングルスクリュー型もあります。

設備の主な要素は、圧縮機ハウジング、モーター、ファン、フィルタ、スクリュー(ユニット)、フィルタ(油及び吸入)、油冷却分離装置、エンド空気冷却器、制御および管理システム、配管(空気と油)です。補助的要素は、圧力スイッチ、サーモスタット、および安全弁などです。

スクリュー圧縮機は、レシプロ圧縮機と同様にレシーバ(または空気タンク)を備えることがあり、動作モードを安定化させ、品質を向上させ、圧縮空気を冷却することになります。調整可能なドライブは、全体的に圧縮機システムの効率を向上させます。最新のマイクロプロセッサに基づく電子制御システムは、主要な動作パラメータを制御します。

スクリュー圧縮機の種類

スクリュー圧縮機の代表的な型は、2本のスクリューが取り付けられますが、シングルスクリューとツインスクリュー二つの種類があります。一般的には、スクリューペアが対称回転により気体の圧縮を行います。シングルスクリュー圧縮機は、電気モーターにより駆動される単一のスクリューを有します。

ドライブの種類に応じて、圧縮機はベルト駆動と直接駆動に分けられます。

ベルト駆動型コンプレッサーには、ローター回転を決める(直接エンジンとスクリューペアに配置する)2本のプーリーがあります。回転速度が高いほど、性能レベルが高く、動作圧力が低いです。直接ドライブギアの圧縮機は、圧力調整器またはスリーブによる直接駆動を使用します。

スクリュー圧縮機は実際に圧縮が行われ、スクリューが回転する空間の油投入有無に応じて分類されます。

オイル注入スクリュー圧縮機

広く適用される圧縮機型です。通常、1本のスクリューは駆動です。雌ローターは雄ローターに連動して回転します。油は、圧縮工程で形成される放熱に関与します。油はその後、油分離器で除去され、出口に清浄な圧縮空気が出力されます。油の99.9%は、圧縮機に残るが、油分離器から漏れ、圧縮空気の中で圧縮機を出る少量の油が常に存在します。したがって、この圧縮機は油を含まない圧縮空気を使用する必要な生産には使われません。

しかし、プラント、工場、機会生産の大多数にとっては油含量が重要な要件ではありません。基本的には、(空気圧縮システム内に)錆の形成を防止し、機械がスムーズに動くのに役立ちます。

利点:

  • 静かな動作
  • 早い空気流、安定した流れ
  • 連続動作に適する

短所:

  • レシプロ式圧縮機に比べ高価
  • 長期ダウンタイムには適しない
  • 油流出

オイルフリースクリュー圧縮機

動作の基本原理は、オイルの圧縮機と同様で、オイルの代わりに空気のみが使用されます。油が圧縮中に注入されないため、圧縮は通常2段階で行われます。一段階で空気を圧縮すると、例えば1バールから7バールに、空気は非常に高温になります。

第1段階は、特定数のバール(例えば2,5bar)までに空気を圧縮します。空気は非常に暑くなるので、それは第2段階に送る前に中間冷却器を通って供給されます。第2段階はさらに、例えば、2,5バールから7バールに、希望の値までに空気を圧縮します。

普段、2つの段階は、段階を同時に動かす1対の減速機付き電動機が設定されます。

100%オイルフリー空気を大量に必要とする場合は、オイルフリースクリュー圧縮機は最適です。もちろん、高価格になるため 、実情に100%オイルフリー空気が必要な場合、選択の余地がありません。

利点:

  • 100%オイルフリー空気

短所:

  • 油型より高価
  • 油型圧縮機より複雑で高価なメンテナンスと修理
  • 油型より高騒音

オイルフリー圧縮機は、多くの用途分野があります。食品、化学品、医薬品、電気製品、半導体製造などです。オイルフリースクリュー圧縮機は、水型とドライ型に分けられます。

水型スクリュー圧縮機

水噴射のスクリュー圧縮機は55kW未満の容量を持ち13bar まで圧縮できる唯一のコンプレッサーです。最終的な圧縮レベルにかかわらず、一定の場合に温度は12度を超えません。機器素子の熱負荷は少ないため、全体的に機器の寿命、信頼性と安全性が向上します。この技術では、優れた水の冷却能力は、効率的な熱伝達媒体として使われます。

流体を注入するスクリュー圧縮機は、普通に2つの逆方向に回転するローターが適切に連動することを必要としません。水は一つのローター「ドライブ」は、他のローターを駆動する場合でも、2つのスクリューを分離する層になります。この型は次のような利点を持つため、消費者にとって非常に有益な機器です。

  • 注入される流体は、内部冷却を確保します。この場合、一部のガスが重合されず、危険な温度で動作しません。
  • 水スクリュー圧縮機は、高圧縮を達成します。

水スクリュー圧縮機の代表的な用途は再循環気体、エチレンオキシド、石炭ガスと塩素ガスのような非常に特殊なガスです。

圧縮された空気または気体を供給するために任意の圧縮機型を使用します。スクリュー空気圧縮機またはスクリュー圧縮機は、ロータリーコンプレッサーの種類です。圧縮気体は、二つのローター回転により圧縮されます。ローターは相互連動されており、螺旋状の歯が装備されます。

スクリュー式圧縮機は、記載のように、閉じた容積の減少により気体を圧縮するロータリー圧縮機の容積ロータリー圧縮に属します。圧縮機が供給する圧縮空気は、機器のエネルギーとして利用することができ、圧縮空気を使用するあらゆるプロセスに使われます。

近代産業は、高品質、高生産性と経済的な設備、特にコンプレッサーを必要とし、この需要は絶えず成長しています。

シングルとツインスクリュー圧縮機

現在、スクリュー圧縮機の様々な種類が製造されます。それは以下の2つのグループに分類されます。

  • シングルスクリュー
  • ツインスクリュー

シングルスクリュー圧縮機の設計は、単一のスクリューとして機能する中央ローターを含みます。ローターの両側の一つまたは二つの歯車が取り付けられます。中央スクリューは圧縮機に入る気体または空気を圧縮するローターの回転を引き起こします。

シングルスクリュー圧縮機の動作原理






ツインスクリュー圧縮機は、雄と雌二つのローターで動かします。スクリュー圧縮機は入口と出口に弁を備えません。気体、例えば、冷媒は一方で圧縮機に吸入され、その出力は反対側で行われます。反対方向に回転する回転子は、気体状冷媒を圧縮します。スクリューの形で設計された中央駆動ローターの回転は、雌ローターを回転します。ここから「スクリュー」というコンプレッサー名が生まれました。

スクリュー型圧縮機の入口に入る冷媒蒸気は、駆動モーターを冷却し、次に外側のキャビティ内の特別なパイプを通過します。ここにはそのパイプを圧縮するローターギアがあります。バルブを備えた入口は圧縮機からの冷媒を放出します。

圧縮気体、空気、または冷媒の圧縮は、上記と同様に行われます。

ツインスクリュー圧縮機の動作原理






駆動タイプによるスクリュー圧縮機の種類

スクリュー圧縮機の構造には4種類の駆動が使用されます。ベルト駆動、ギア式駆動、ダイレクト式と部分調整ダイレクト式です。






  1. ベルト駆動式のスクリュー圧縮機は、比較的使いやすいです。その技術的な検査のためにプロの人材を使用しなくても良いので、魅力的な要因です。この圧縮機は通常、自社内で維持されます。もう一つの利点は、機器を調整できることです。スクリュー圧縮機のスクリュー回転数は、モーター回転数と連動されていないため、ギア比の変化が生じます。短所は下記の通りになります。
    • ベルトの摩耗に直接依存する比較的低効率
    • 他のスクリュー圧縮機型に比べて高騒音
    • 空気中の塵によるベルトの急激な摩耗
    この型は、塵の発生量が低く、高負荷を使用する予定がない工場に適用します。
  2. 歯車駆動式のスクリュー圧縮機は低騒音と駆動の円滑な作動という特徴を持っています。特に効率は非常に高い(98%以上)です。高い効率の圧縮機は困難な条件で使用され、例えば、セメント充填または小麦粉生産などに使用されます。この型の欠点は、調整不可能、知識を持つ専門家が修理に必要なので、高価な修理費用が発生することです。普段、これらの専門家は会社にいないため、業者を利用すると追加費用がかかります。歯車駆動式のスクリュー圧縮機は、激しい動作条件を持つ企業に適しています。例えば、圧縮空気を使用する小規模な修理屋や、大企業にも設置することがあります。
  3. ダイレク式のスクリュー圧縮機は、非常に高い効率(99.9%)を持っています。機構内にダスト粒子または他の汚染物質に反応せず、激しい動作条件にも影響を受けません。スクリュー圧縮機は駆動が滑らかに動作するため、エンジン寿命が長いです。スクリュー圧縮機の寿命は、大規模修理なしで何十年になることがあります。圧縮機の他の型と同様に、(エンジンの回転数は、圧縮ヘッドの回転数と同じであるため)ダイレク式のスクリュー圧縮機は調整不可能などの欠点を有します。圧縮機の最大圧力を変更することはできません。
    ダイレクト式のスクリュー圧縮機は、激しい動作条件を持つ企業に適します。圧縮空気が使用される小規模修理屋、大企業に設置することができるが、圧縮機の最大圧力を変更する必要がある工場に適しません。
  4. 部分調整ダイレクト式のスクリュー圧縮機は、現在最も先進的な圧縮機の一種です。このことはコンプレッサーのメーカーと消費者に認められています。非常に高い効率(99.9%)、能力と圧力調整という利点を持ち、駆動が滑らかに動作し、任意の動作条件に適します。おそらく、この型のスクリュー圧縮機は欠陥がないが、唯一の欠点としては高価格を考えられます。しかし、消費者からの需要に大きい影響を与えていません。部分調整ダイレクト式のスクリュー圧縮機は、圧縮空気を使用する任意の企業に適します。

スクリュー圧縮機の他の種類としてディーゼル及びロータリー式圧縮機があります。

ディーゼルスクリュー圧縮機は、電気へのアクセスがない室外現場で作業するときに主に使用されます。このコンプレッサーの動力源はディーゼル燃料です。構造は非常にコンパクトで運びやすく、上昇した温度、湿度、ほこり、極端な気象条件で動作でき、安定性と高品質の指標も魅了的です。これらの利点は、ディーゼルスクリュー圧縮機が、消費者の間で人気を得ている理由になります。

ロータリースクリュー圧縮機は、20世紀の30年代に利用され始め、長い間、様々な産業で使用されてきました。この種類はまた、多くの利点を持っているために消費者の間で非常に人気があります。圧縮機のこの種類は、下記の特性を有します。

  • 圧縮機の稼働を安定し、その耐久性を確保するワームローターが装備されます。
  • 圧縮機自体の負荷を低減するバルブなしの構造。
  • 圧縮機の回転数を増加させることによる生産性の向上。
  • ロータリースクリュー圧縮機は様々な形状のスクリュー部分を用います。
  • ロータリースクリュー圧縮機は小型で便利です。

また、スクリュー圧縮機はシリンダの配置で垂直式とアングル式に分けられます。

圧縮機が使用する冷媒種類により、フロン、アンモニア、クロルメチルと硫黄無水物式に分類されます。現在、一番使用される機器はフロンコンプレッサー(小型)です。

特別の用途の条件の下に応じて、通常の条件で動作する通常の圧縮機と熱帯用の特種な圧縮機があります。

圧縮機は冷媒の沸点で低、中、高温に分けられます。

圧縮機は冷却式により水冷と空冷に分類されます。

圧縮機は構造、性能、動作原理等により異なります。したがって、下記の特徴に基づいて分類されます。

  • 固定および携帯
  • 水平、垂直および傾斜の気筒配置
  • 1段と多段
  • 単気筒と多気筒

コンプレッサーは、圧縮するために使用する流体により下記のタイプに分類されます。

  • ガス、すなわちガスまたは複数のガスの混合物用
  • エア、すなわち空気圧縮用
  • 特種および種々のガスを圧縮するために使用される多目的
  • 多能、すなわち種々のガスを同時に圧縮するための特種な圧縮機
  • 循環圧縮機、すなわち閉回路内の連続的な循環を維持する機器

スクリュー圧縮機仕様

スクリュー圧縮機は、以下の技術的パラメータを有する、競争力の高い機器です。

  • 効率の高いレベル(95%まで。参考までレシプロ圧縮機は60%未満)
  • 圧縮機の能力は40立方メートル/分まで
  • 出力の絶対圧力は9 kgf/cm2
  • モーター電源範囲は45〜315キロワット、重量は1730〜5830 kg

スクリュー圧縮機の利点

スクリュー圧縮機は複雑な技術装置です。同様な圧縮機と圧縮機と比較すると、スクリュー圧縮機はコストが高いが、大きな利点が多いです。

  • 構造の一部としてスクリューの使用は最も近代的な技術ソリューション
  • 機器の設置および試運転に対する投資額が押さえられる(基礎を作製する必要がないため)
  • 低振動・騒音レベルのため、屋内に設置可能
  • メインコンプレッサーを設置する必要がないため、空気圧配管を短くし、空気損失を低減する
  • 優れた能力は、最適な温度の条件で24時間稼働を可能にする
  • 改良された構造(無摩擦要素、高強度スクリュー)の結果としての高い信頼性と耐久性
  • 圧力変動がないため、大容量の空気タンクを取り付ける必要がない
  • 低コストの動作、保守間隔は8000時間まで
  • 熱に対する抵抗性
  • 複数の機器を単一の圧縮機システムに組み合わせる
  • 高効率(95%)、モーター回転数を調整可、ならびに空気の消費量に対する必要な分を生成する能力のため、電力節約
  • 出力の空気中の油含有量が少ない
  • コンパクトなサイズ、軽量
  • 安全率が高いため、大きな修理せずに動作の期間を延長することが可能

従って、スクリュー圧縮機の利点をまとめると、下記の利点を記載できます。

  • 安全
  • 充電せずに長く(24時間)動作できる
  • 設置と接続しやすい
  • スクリュー圧縮機作動の低コスト
  • 低騒音
  • 自動制御システム搭載
  • 生成された圧縮空気の高純度
  • 生成された空気の1立方メートル当たり低エネルギー消費
  • 比較的高い生産性
  • 高いエネルギー効率

スクリュー圧縮機の上記の利点の中で最も魅力的なのは、かなり小さい寸法です 。スクリュー圧縮機は、少ない空気消費量を持つ小規模生産で使用されます。低消費電力のスクリュー圧縮機は、非常に経済的で適用と維持する時に優れた安全性を持ち、整備もかなり簡単です。

コンプレッサーの販売市場は現在、パフォーマンスと容量の面で同様の遠心またはレシプロ圧縮機に相当するスクリュー圧縮機型を提供しています。

スクリュー圧縮機の欠点は下記の通りになります。

  • 出力の圧縮空気を調整する機構の構造が複雑
  • 効率的な油分離器とオイルクーラーを搭載する必要
  • 低速稼働(最大値の20%まで)は、中間吸引装置の効率の低下を招く

スクリュー圧縮機の適用範囲

優れた技術特性のため、スクリュー圧縮機は、様々な産業で使用されます。

  • 化学工業(細孔フィルタを通ったガスと節電スクリュー が必要とする)
  • 医学(安全性と空気中の油の最小量)
  • ポリエチレン(容器を排出工程での効率的な節電)
  • 冷却システム(冷却ガスはポートを介して出力されるため、ポート圧縮機と呼ばれる)
  • 機械工学や造船
  • 電力
  • 冶金
  • 建設(砂やセメントなどの乾燥材料を扱う)
  • 圧縮空気エネルギーを使用する装置の駆動として使用
  • 燃焼工程における酸化剤として使用

ほとんどすべての流体を圧縮することができます。

  • アンモニア
  • アルゴン
  • エチレン
  • アセチレン
  • ブタジエン
  • 塩素ガス
  • 塩化水素ガス
  • 天然ガス
  • フレアガス
  • 高炉ガス
  • 沼気
  • ヘリウム
  • 石灰窯ガス
  • コークス炉ガス
  • 一酸化炭素
  • ガス状炭化水素の組み合わせ
  • 家庭用ガス
  • プロパン
  • プロピレン
  • 井戸のガス
  • 二酸化硫黄
  • 一酸化窒素
  • 窒素
  • スチレン
  • 塩化ビニル系ガス
  • 水素
  • その他

特定の業界におけるスクリュー圧縮機の使い方の例は以下のとおりです。

セメント産業

圧縮空気は、セメント産業(集塵機、エアナイフ、空気圧スリーブ、空気圧ドライブ及び集塵フィルタシステム)で、様々な用途されます。

発電所

発電所は24時間稼働するため、圧縮空気の連続供給はトラブルのない動作に不可欠です。

自動車製造

油を含まない空気は、製造工程で使用されます。(サンドブラスト、空気工具、塗装除去、ほこり除去、タイヤ膨張など)

製鉄

空気は、鋼加熱と圧延鋼冷却のために炉に供給されます。(サンドブラスト、冷却キャスティング、バーナーに空気供給)

化学工業 

空気圧は、加圧下で加圧流体を輸送するために使用され、加圧容器、通気、スポット冷却、アンモニア合成、自動制御システムなどに使用されます。

食品製造

スクリュー圧縮機は、(混合、輸送加圧流体輸送、脱水、粉末の冷却、包装等)製造工程で使用されます。

機械工学

機械冷却、ロボット用の圧縮空気、金属スクラップ、粉末などの除去、空気圧ツールなど。

薬学

医薬品の製造、曝気槽、包装

建設

圧縮空気は掘削および空気圧ツール(空気圧ドリル、ハンマー、空気圧リベットハンマー、レンチ等)、塗装、圧力下の地下水や排水の輸送、杭の建設などに使用されます。

鉱業

ショベル、空気圧の鉱石と石炭の輸送、鉱山への酸素注入、集塵フィルタシステム。

紙パルプ産業

油含量なしの空気は混合、粉末噴霧、脱水など、様々な製造工程で使用されます。

スクリュー圧縮機は現在、よく設計された製品ですが、設計段階でのコンピュータ設計と数学的解析は、さらに効率の向上と小型化を行い、定価に大きく貢献します。石油化学、化学、ガス業界における変化が起こる時代です。スクリュー圧縮機は、すでに多くのシステムの中心部になり、各所で、信頼性の高い、効率的で、柔軟な用途、また高額なメンテナンス費を必要としないために、高い評判を得ています。

コンプレッサーと送風機

LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)はロシアにおける貴社のスクリュー圧縮機の公式代理店となって、貴社の機器を買う顧客を提案し、技術的および商業的な交渉を行い、供給の契約を結びます。入札の場合、参加するために必要な資料をすべて収集し、機器の輸送のために必要な契約を締結し、税関登録および商品(圧縮機)のその後のクリアランスを行い、通貨の支払いができるようにロシアの銀行に通貨管理の契約パスポートを登録します 。必要に応じて、当社は既存または新規に構築される生産プロジェクトにおいて貴社の機器を指定します。

LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、ロシアにおける高い信頼性と効率的なパートナーおよび代理店になることができると確信しています。

我々は 常に協力にオープンしているので、一緒に前進しましょう!

ご協力の問い合わせを英語でお送りください。