Together
to
success...
since_1997
"INTECH_GmbH"
Русский English(int.) Deutsch English(USA) English Español Français Italiano Português 日本語 简体中文

ポンプステーション

ロシアの LLC「インテックGmbH」(ООО「Интех ГмбХ」)エンジニアリング会社は、20年以上ロシア市場におけるロシアの様々な工業企業と協力しながら、莫大なエンジニアリングの経験を積み、市場で高い評価を得て、100以上の大規模なロシア産業プラントにおけるプロジェクトを実施してきました。当社は、ロシア市場を魅力的とし、地域での売り上げを増やし、その活動を拡大し、新しい国際的なレベルに到達したい投資家と新しいビジネスパートナーを常に探しております。

当社はロシアの工業プラントに自社製品を供給するために善意の公式代理店を探しているポンプステーションのメーカーと協力したいと思います。

当社の経営者と担当者は、ロシア市場の業界、顧客のやり方と考え方、金融経済活動の特徴をよく知っております。当社のすべての担当者は豊富な顧客ベースを持っており、成功した販売の豊かな経験とポンプ装置の可能な買い手との確実なコネクションを持っているため、手早く興味を持っている分野を特定し、成長しているロシア市場への早いアクセスを提供できます。当社の担当者は、英語とドイツ語が話せ、国際市場における外国製機器の供給という仕事が得意です。

複雑で技術的な問題を解決する経験を持っているエンジニアリング専門家は、定期的にロシア顧客と会い、パートナーメーカーが行う最近の開発のプレゼンテーションに参加します。常にロシアの工場におけるすべての技術サービスと連絡を取り合い、技術的な問題を特定します。そのため、当社はロシア連邦における特徴と、プラントが装備する産業施設とその最も必要な改造をよく分かっております。

ロシアにおけるポンプステーションの公式代理店になって、当社の広告部門は市場調査を実施し、ロシアの企業の市場における貴社のポンプ装置に対する需要を評価し、産業工場の市場の規模と能力を確定し、当社のIT専門家は貴社の製品についてロシア語で のウェブサイトを開発します。当社に属する専門家は貴社に提案されるポンプステーションが最終顧客の要求条件に適合性するかどうか分析し、新製品に対する市場の全体的な反応を分析し、潜在的な顧客のカテゴリを検討し、そのなかで最大かつ最も魅力的な会社を推選します。

ロシアにおける公式代理店になって、LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は必要に応じて、メーカーの機器の個別なロット、ポンプステーションの様々な種類をロシア基準により許認可申請を行い、危険な産業を含めて関税同盟(ロシア、カザフスタン、ベラルーシ、アルメニア、キルギスタン)のすべての工業企業で貴社の機器の使用を確保するTR TS 010およびTR TS証明を取得します。当社のロシア会社はロシアと関税同盟規格の国の要求条件に応じてポンプ装置の登録証明書の取得も支援できます。

当社のエンジニアリング LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、様々な産業分野におけるロシアの設計機関と協力しているため、ロシアとCIS諸国の建築基準および規則に従って予備設計とその後の設計作業を実施することが可能となり、将来のプロジェクトで貴社のポンプステーションを敷設する機会を与えてくれます。

当社は、必要な貨物の輸送、その梱包、荷積み、すべての適用な法的規制やロシア市場に出るために必要である要件に準拠し、DAPまたはDDP条件で顧客の倉庫に商品を輸送する専用の物流部門を持っています。

当社は、供給された設備据え付けと試運転、ポンプ装置の保証サービスおよびアフターサービスを行い、顧客の担当者の必要な訓練および教育を行う認定の専門家を持っています。

ポンプステーション、ポンプ設備、その種類、タイプ、設計

ポンプステーションやポンプは、工業設備、消防車、1棟のマンションまたは集落に水を供給し、排水を除去して処理施設に送るハイテクシステムです。ポンプステーションは次の媒体を圧送することができます。

  • 清水
  • 汚染水
  • 砂利混合物
  • 燃料および石油製品
  • 酸および気体で飽和した液体
  • 水と蒸気の凝縮物

ポンピングステーションの操作原理と目的

任意のポンプステーションの動作原理は非常に単純です。ポンプが水を貯蔵タンクに圧送し、水が消費されたとき補充されるという原理です。タンク内の水位を監視するレベルセンサーが、ポンプのオンとオフを切り替えます。

給水のポンプステーションは、ポンプがリレーを介して水力アキュムレータに接続されたモノブロックで、入ってくる水の圧力が一定の臨界値に達すると自動的にサイクルを繰り返すようにポンプをオンにします。深い井戸や他の源から水を供給するためには、ポンプステーションが必要です。また、低圧力で給水配管から水をポンピングしたり、貯蔵タンクを充填するために使用することができます。油圧ショックの除去を含むすべてのプロセスは、自動的にまたは半自動的に実行されるため、システムは、特別な保護管理を必要とせず、水中に下ろす必要もなく、地表に取り付けられます。下水道システムの場合、特殊な汚水ポンプステーションが施工され、固形の混合物を収集するために追加のタンクを備えます。同じ目的のために、切削機構を備えたポンプの使用も効果的です。ポンプステーションを購入する前に、水力アキュムレータを正確に選択するために消費する水の量を確認することが推薦されます。その場合、全体としてシステムの長期的かつ信頼性の高い運用を保証できます。深水を供給するポンプステーションは、ジェット遠心ポンプに接続された特殊インジェクタが装備されます。リモートインジェクタを備えたステーションは同じタイプのポンプが装備されますが、インジェクタを内蔵せず底部に沈めることできるため、水深が50メートル以上の井戸から水を汲み上げることができます。メインポンプユニットは表面に残ります。そのようなステーションは、井戸が消費者から遠く離れているときに非常に便利です。それは効率が低いため、酷く汚染された水に対しては使用が困難です。

ポンピングステーションの動作原理は一見シンプルに見えますが、かなり複雑な給水システムの装置を含みます。

水圧機器と設備の複合体としてのポンプステーションは、灌漑や取水源からの水の取水に関連する作業を行うことができ、消費場所への水の移送や水の貯蔵タンクへの移送ができます。

ポンプステーション(HC)は、以下のような異なる特性に従って分類することができる。

ポンプステーション(PS)は、以下のような特性によって分類することができます。

  • 適用範囲と目的
  • 供給水準(水源との相対的な位置を意味する)(これらは海岸、流路、固定および移動式ステーション)
  • 建造の特徴(深化された、または深化されていない、結合されたまたは結合さていない入口と出口)ポンプステーションは下記の種類に分けられます。
  • 灌漑運河に水を供給する灌漑用施設
  • 排水および灌漑システム、排水および加湿システムのポンプステーション
  • 再生流域からの水を迂回する排水ステーション
  • 閉じた灌漑システムに水を供給するステーション

ポンプステーションは、用途や圧力にかかわらず、異なる移送速度を持つことがあります。低移送速度は1m³/sまで 、平均移送速度は1〜10m³/s、高移送速度は10〜100m³/s、移送速度が100m³/sを超える特殊なステーションなどです。

エネルギー源として、ポンプステーションは電化ステーションと熱ステーションに分類されます。後者は、内燃機関の駆動から作動します。ポンプステーションは、季節的な運転または一年中運転することがあります。地表水源から水を取るポンプステーションと地下水を取るポンプステーションがあります。固定式ポンプステーションは、主および補助の油圧機械、電気および機械設備、配管などを配置するために使用される部屋または建物に設置されます。ポンプステーションは設計特徴により、陸上、チャンバーおよびブロックに分類されます。制御方法では、固定式ポンプステーションは手動および自動で制御されることがあります。固定式ポンプステーションの選択は、技術的および経済的な計算だけでなく、多くの要因によって決まります。

移動式ポンプステーションは固定式ポンプステーションと比較して可動性があり、操作が容易で、価格は20〜25%安いです。それは開放型または閉鎖型の灌漑システム、スプリンクラーおよび給水システムに水を供給するために使用されます。移動式ポンプステーションは十分に移動可能であり、灌漑季節中に異なる灌漑場所でそれを使用することができます。供給源の水位の著しい変動を伴う氾濫原地域の灌漑における使用は便宜的で、高価な取水装置の建設を必要としませんが、取水場所における水源の深さは0.6〜0.8メートル未満であってはなりません。深さが足りない場合は、最も単純な保持構造またはピットの装置を使用する必要があります。移動式ポンプステーションの設置場所を選択するときは、吸水高さを最大1,5〜3メートルまでできるように水の取水位置とポンプステーションの設置場所を確認する必要があります。移動式のポンプステーションは陸上式と浮動式があります。独自の内燃エンジン、またはポンプステーションを取水口に運ぶトラクターからの電力で、軸からのドライブを備えた電動モーターを使用します。陸上ポンプステーションは、ヒンジ式およびフック式構造に分類することができます。移動式ポンプステーションの製造は、幅広く適用され、迅速に設置され、水源の水準が変化すると移動し、いくつかの施設に使用できます。

独自のエンジンによって駆動される移動式ポンプステーションは、25〜750リットル/秒の性能、5〜100メートルの圧力に応じて分類されます。そりまたは車輪の移動方式設計で分類されます。

ポンピングステーションは、原則として、高度な技術、統一された設備、最新の工法を用いて短期間で建設されます。ポンプステーションまたはポンプ設備には、ポンプを備えた機械室、取水システム、水受け、切換室、水タンクが含まれます。どのポンプ設備も、電源と変圧器の変電所を必要とします。それを機械室と同じ部屋に配置することができます。上記の機器の一部は、機能的な観点から削除、または統合される場合があります。例えば、ポンプステーションの機械室は、持ち上げのステーションにとって一般的である取水口と1つの建物構造を持つことです。水を除去するポンプステーションでは、機械室を受け入れタンクと結合することがあります。ポンプ設備のポンプ装置は目的に応じて異なります。水平および垂直に配置されたポンプや、軸方向および遠心方向のポンプや、プラスの吸引高さ、つまり水面より低い位置で設置されるポンプもあります。

地面に対する機械室の位置によって、ステーションが分類されます。

  • 地上タイプ
  • 半埋設タイプ
  • 埋設タイプ
  • 地下タイプ

地上ポンプステーションは、周囲の土地のレベルに機械室の床を位置することが一般的であり、自動車が入れるように設置されます。

半埋設ポンプステーションは、床が地上レベルに比べて低く、機械室と1階との間に仕切りはないが、仕切りがある場合は埋設型のポンプステーションとなります。ステーションが十分に深くなると、補機の設置場所として地下階を作ることが可能です。このポンプステーションは鉱山タイプと呼ばれます。

地下ポンプステーションは地面下の位置、コンパクトな設計と自動制御という特徴があります。それらは長方形(統一された設備部品を取り付ける方が簡単になる)、丸形状、楕円形(水圧を受けやすい)、または複雑な形状にすることができます。制御タイプによって、ポンピングステーションは、オペレータがステーションの操作を制御する手動制御を備えたステーション、全ての操作が自動で行われる自動制御システム、タンク内の水位や配管内の水圧などに応じて調整が行われるステーション、オペレータによりオンとオフに切り換えられ、他のすべての操作が自動モードで実行される半自動制御ステーション、遠隔のディスパッチステーションから遠隔制御されるステーションに分けられます。ポンプステーションを選択する際は、通常、ステーションのいくつかのタイプを目的および将来の使用適用に応じて技術的特性および経済パフォーマンスと比較し、排水の評価を行います。(固体の介在物、粘度及び密度、媒体の攻撃性、温度条件)家庭用か工業用ポンプか使用の範囲を決定することも重要です。

ポンプステーションは、次のサブタイプに分類することができます。

  • 給水用
  • 下水道用

下水ステーションには、暴風雨、糞便、工業用の廃水を除去する構造物が含まれます。そらは次の利点があります:

  • かなり長寿命。構成部品に錆びず、腐敗しないガラス繊維が使用されることによる
  • システムの機能を制御する圧力および液体レベルセンサーによる安全な動作
  • コンパクトなデザイン
  • システムの完全自動運転の可能性
  • 環境に配慮した操作で、嫌なにおいや管理されない排水がないこと

下水ポンプ設備はハウジング内に配置され、ポンプ(主および補助)、センサー、パイプ、接続パイプが含まれます。汚水ポンプステーションの主な特徴は、廃水に含まれる大きな粒子を回収するための特別な容器です。容器は定期的に取り出して空にし、次に清掃されます。下水ポンプ設備はほぼすべての大気状態で動作できることも利点になります。

今の独自給水システムは、最も重要な部分が、既製品で購入されるか、または家庭用のコンパクトな設置になるとユーザー自身が組み立てるポンプユニットです。ポンプユニットの動作に問題を生じさせないためには、その動作の原理を理解する必要があります。特定のニーズに合ったポンプステーションを適切に選択するには、ポンプの技術的パラメータと既存の井戸の特徴の2つの要素に留意する必要があります。技術的なパラメータの中では、まずパフォーマンスが重要です。これは、ポンプが家庭や建物のニーズに必要な水量を上昇できることを意味します。井戸の特性としては、生産性、深さ、静的水位(ポンプが稼動しない場合)、動的水位(ポンプが稼働している場合)、フィルタの種類およびパイプ径が重要です。標準ポンプステーションは、最大9mの井戸の深さから水を効率的に上げます。それらは、自己吸引遠心ポンプまたは自己吸引ボルテックスポンプを装備することがあります。ポンプの能力に関しては、実践から次の結論を出すことができます。4人家族の家の場合、2〜4m³/hの小容量または中容量、揚程45〜55メートルのものを購入すれば十分です。

貯蔵タンクを備えたポンプステーションは時代遅れと考えられているが、そのようなステーションはまだあります。貯蔵タンクは非常に嵩張っており、水の水位と圧力はフロートによって制御され、そのデータはセンサに表示され、センサが作動すると水を汲み上げる信号を発信するような仕組みです。それは常に普及した給水システムでしたが、このシステムには多くの欠点がありました。

  • 水が重力によってタンクに入るので、常に圧力が低い
  • タンクが大きい
  • ステーション自体より高く配置しなければならないため、タンクの複雑な設置
  • オーバーフローセンサーが故障すると、水が室内に流入し始める

最新のポンプステーションは水圧アキュムレータが装備されます。圧力スイッチがステーションに設置されることです。水圧アキュムレータを備えたステーションは、先端技術であると考えられ、欠点は非常に少ないです。スイッチは、周囲の空気圧の上限を制御します。周囲の空気圧は、水圧下でアキュムレータで圧縮されます。必要な圧力を設定した後、ポンプはオフになり、圧力の下限のスイッチ信号を受けたときにのみ再びオンになります。






したがって、貯蔵タンクまたは水圧アキュムレータを備えたポンプステーションは、ポンプ、圧力タンク、圧力スイッチ、圧力計、ケーブルおよびコネクタが装備されます。ポンプにノズルが付いているか付いていないかでもポンプステーションを区別できます。ノズルが内蔵されている場合、作成される真空によって水が上昇します。これらのポンプはかなり高価ですが、適正価格であり、20-45メートルの深さから水を供給することができます。このステーションの設備は、高性能でコンパクトですが、非常にうるさいため、後部の部屋に設置する方が望ましいです。

また、2つのパイプで井戸または井戸に浸漬される外部エジェクタを備えたポンプもあります。水は1本のパイプを通してエジェクタに入り、吸引ジェットを形成します。システムには空気と砂が入ってはいけません。このポンプの効率は標準的なポンプステーションの効率よりはるかに低くなります。このようなポンプは自宅に設置することができ、静かに動作します。

事実、ポンプステーションを備えるポンプがたくさんあります。

近年、消防車の製造が著しく改善されており、その効率は、普段、消防車の最も重要な要素であるポンプの品質指標によります。消火技術で使用されるポンプ設備は、火災発生時に建物内の人々の安全を確保することができる一連の工学通信システムです。このような構造の主な目的は、広がる火災の消火、建物からの煙や二酸化炭素を迅速に除去することです。

以前の消防車には従来のポンプが装備されていました。火災による消火においてポンプに体する様々な要求があります。上階の火災を消すためには、高圧のポンプが必要です。また、大規模な森林火災を消火するために、高性能ポンプ装置(70〜100 l/s)を備えた消防車が必要です。それにより、40 l/sの2台ではなく、1台で十分になります。

この分野での最新モデルの消防ポンプ設備は、新しいコントロールおよびリモートコントロールシステム、自動モードの圧力制御、自動水供給と発泡充填、LCD画面でデータ表示などが装備される設計です。しかし、その設備は、全面的火災、特にシベリアの気候の中で使用が困難です。ポンプ設備のLCD画面は、そのような状況下での火災の後に駄目になるのではないでしょうか?

消防車ポンプ設備の重要な要素の一つは、池から水を供給する真空システムです。水供給の真空方法は、手動または自動、真空ポンプとして、ピストン、膜、ベーン、水リング、ガスジェットポンプ等を使用することができます。これらのシステムは、消防車用ポンプステーションの特定の作業条件に適します。

水充填の真空システムの動作、特に排気のレベルおよび速度は、モータ駆動装置の機能またはモータ速度に直接関係します。これは、消火設備のメンテナンスがある程度面倒で、毎日「ドライバキューム」のチェックが必要です。真空ポンプステーションのポンプは、独立の真空システムであり、近年、ロシアの緊急事態省の指示により開発されました。消防車のバッテリーから電力を受け取る自律型電気駆動装置が装備されます。電気信号は、ポンプを制御し、消防活動に関わるほとんどすべてのプロセスを自動化し、現在、水充填で最も先端です。それについてロシアの有名な消防車メーカーが既に指摘しています。

高性能ポンプシステム

消火装置の標準的なポンプには、次の部分が含まれます。(追加の装置も可能)

  1. 遠心ポンプ:通常2つのポンプ(作業および待機)
  2. 2つのコレクター(吸引と排出)
  3. 自動システムおよび制御システム装置
  4. 継手(調整および遮断)
  5. 制御盤

消火システムでは、消火剤を消火水供給システムに供給するためのモジュール式の消火ポンプユニットが開発され、広く使用されます。それらは、建物および構造物における屋内および屋外の消火、工場、倉庫内における生産設備で使用されます。モジュール式消火ポンプユニットは、ポンプ装置のモジュールと制御システムのモジュールを含みます。

モジュール式ポンプステーションの構造には、以下の装置が含まれます。

  • 自動装置を備えたモジュール式消火ポンプユニット
  • 制御システムのモジュール
  • 排水ユニット
  • 移動式消火設備の接続ユニット
  • 自動装置

モジュール式消火ポンプユニットには、操作パラメータ、制御パラメータ、ポンプ動作パラメータ、異常メッセージなどを表示できる、設置ごとに選択された液晶画面付き制御盤が装備されることがモジュールシステムの多くの利点を示します。

  • ステーションの作動結果は常に記録され、保存されます。
  • 全体消防システムとの統合し、システムへデータが転送されます。
  • リモートスタート、インターフェイス制御
  • 機能の常時監視、システム内の誤動作の診断
  • パラメータおよびシステムステータス視覚化のためのメンテナンスの容易化

しかし、上記のように、この装置は全面的火災の状況で活用することが困難です。

ポンプステーションは、油田の開発など、石油やガス生産産業で広く使用されています。そこでは、水と石油の混合物を井戸から石油の収集と処理場所まで、また既に調製された石油の収集および貯蔵場所まで輸送するために、ブースターポンプステーション(BPS)が使用されます。BPSには、油層水を回収するため、または関連する石油ガスを分離するためのセパレータ、または注入井戸に水を注入するための装置が設置されることがよくあります。また、ブースターポンプステーションは、商用油製品を長距離移送するために使用され、緊急時または計画的な停止の時に一時的に油を貯蔵するタンクを装備することがあります。石油製品の圧送中に使用されるポンプステーションは、石油及び原油生成物を圧送する油田、石油貯蔵およびターミナルに設置されるパイプラインで不可欠な機器です。圧送は石油含有製品の圧送のための鉄道タンク車、車両、船舶から行われます。ポンプステーションは移動式と固定式の2つのタイプがあります。後者は、特に普及し、開タイプと閉タイプに分類されます。最も一般的なポンプステーションはブロックモジュールタイプで、その装置には遠心ポンプ、特に軸対称スクリューポンプが含まれます。このタイプのポンプは、様々な種類の媒体を圧送するときによく使用されます。ガソリン、灯油、ディーゼルおよび航空燃料などの軽油製品、ならびに燃料油、オイル、石英砂、繊維状および機械的不純物の混合物で汚染された水などの重油製品、および大量のガスを含むガス状媒体が圧送されます。モジュール型ポンプステーションは、配管配線に接続するための出口付きのポンプユニットと電源ユニットと制御測定装置を含みます。

高粘度の石油製品、例えば高パラフィン含量の移送のためには、スクリュー型ポンプを備えたステーションが使用され、ポンプユニット自体は防爆設計で製造されます。その特徴はポンプと電気モーターが中間シャフトなしで配置される設計です。ポンプステーションは、原則として、支持と吸引プロセスを改善するためにタンクファームの低い場所に設置されます。石油産業では、陸揚げ設備が作業を実行できない場合や、水位の変動が激しい場合には、燃料油の船積み、はしけまたはタンカーから油製品を積み降ろすために、浮遊式ステーションと呼ばれるポンプステーションが使用されます。浮遊式ポンプステーションは、油タンカーのボードに係留された舟橋または船舶に設置され、池の水位は影響しません。車のトレーラーまたは車のシャーシに設置された移動式ポンプステーションは、例えば、こぼれた石油製品の回収、タンク、池、砂の混入による汚れた水の清掃を可能にします。移動式ポンプステーションは、石油産業、緊急部隊、船舶燃料の船積み、倉庫内の石油製品の圧送、一時的に故障した定置ポンプステーションの交換、鉄道やトラックタンクの注入などで広く使用されています。

最近では、タンクを池の水面に保持し、ポンプハウジングの下の支持構造として機能する浮動構造のポンプ設備が現れて来ました。ポンプは、入口および出口、ならびに液体に浸漬された液体注入装置を含みます。注入装置は、穴(入口と出口)の間に流体に沿って配置され、細長いシャフトを有します。ポンプをオンにし作動させると、出口は設定位置に水平に配置します。浮動構造で支持されるパワーエンジンは、液体注入装置に接続され、駆動することができます。出口の設定された位置、そしてそこからの水出の方向は、位置を安定させ、ポンプステーションの浮動構造の安定性を保証します。ポンプは、一定の流量、高容量を有し、浮動構造で支持され、水中に(部分的に)浸漬することができます。浮遊式ポンプユニットは長年知られており、乾燥システム、灌漑システム、ポンプユニット、掘削中の水位の調整、底部の深化などに関する多くの作業に使用されます。多くの場合、浮遊式ポンプステーションは、水処理プラント、ダウンフロー用ミキサー、水曝気装置などに使用されます。浮遊式ポンプステーションの欠点は、氷または3点を超える波の状態での操作が困難であること、限られた圧力、水深 <1.5〜2m、流速 >3m/secでは稼働できないことです。

油田で地層の圧力を維持するように設計されたクラスターポンプステーション(CPS)のタイプもよく知られています。クラスタポンプステーションは、並列接続された複数のポンプユニット、各ポンプユニットの入口および出口に配置されたバルブまたはゲートバルブ、出口に格子を有する共通のコレクタデバイスを含みます。格子から注入井戸まで水路で繋がります。クラスターポンプステーションの欠点は、並行して作動する同じタイプのポンプユニットが、通常異なる容量および効率で作動することによって異なる油圧パラメータを有することが多いです。ポンプユニットの油圧パラメータの分析では、他の同様のユニットに並列に接続され、それらと並行して作動する1つの個々のポンプの実際の生産性は、場合によってゼロであることが確認されました。クラスタポンプステーションの油圧回路を変更する場合、その生産性と効率を高めることができます。

別荘用に開発されたポンプステーションのモデルがあります。それには、一定量の水が貯留される金属製またはプラスチック製の貯蔵タンクとポンプ自体が含まれます。井戸内の水位が低下すると、油圧アキュムレータは家庭用給水に接続されます。

別荘用のポンプステーションの主な特徴は、陸上に設置されることです。逆止バルブ付きの細いホースだけが井戸に投入されます。このようなポンプステーションは、家庭用給水に必要な水量を2階建まで今給水できるように最大1.5気圧の圧力を提供します。そのポンプステーションの欠点は、暖かい部屋に設置し、一定の圧力制御と自動運転の定期メンテナンスを受ける必要があり、また定期的に貯蔵タンクと逆止バルブを清掃する必要があります。井戸の深さが最小8メートル必要です。井戸の深さが最大30メートルである場合、水を汲み上げたインジェクタを備えたポンプを使用することが可能です。

ポンプステーションの主な利点:

  • 完成品。 ステーションが組み立てられ、給水できる状態で仕入れます。電線に接続して水道に接続するだけです。
  • 多彩な実行。 ポンプステーションは、水源(井戸)に関係なく、同等に効率的に機能します。
  • 速い設置/解体。 ポンプステーション設備の設置には時間がかかりません。ステーションはまた、冬の間にすぐに解体することができます。一時的でも年中でも使用できます。
  • 水の在庫。アキュムレータには常に水があり、電気を遮断しても使用できます。水の供給はポンプの作動に依存せず、タップを開けれると、水は空気圧により膜から押し出されます。
  • 自動化。タンク内の圧力降下は、水位の低下を示します。温水器、ボイラー、洗濯機の動作に必要な圧力の安定性は自動的に管理されます。
  • 経済的。ポンプステーションのコストは稼働中に回収できます。水の消費は非常に節約的です。
  • 信頼できる動作。ポンプステーションは水パイプ内の水圧を安定させ、ウォーターハンマーを防ぎます。多くの種類のステーションには、過熱やドライランからの保護が装備されるため、深刻な機器の故障を防ぎます。

このポンプステーションの主な目的は、給水ネットワークで事故が発生した場合に、住宅や建物に水を継続的に供給することです。現在、緊急事態では、飲料水が容器により運ばれますが、水の供給としては不十分です。新たに開発された緊急給水システムのポンプステーションは、緊急時には現場で停電が発生する時に修理作業中に水を供給できます。

コテージのポンプステーションを操作するとき、または工業目的のためにポンピングステーションを操作するときに問題が発生しないためには、ステーションを発注するときに重要な点やパラメータを考慮する必要があります。

  • 圧送液体の種類(粘度、温度、不純物の量)
  • 入量、圧送される流体の体積
  • 必要な水圧(液体の圧力)
  • 吸引高さ
  • モーター型。国内製のモーターは維持しやすくてより簡単、輸入モーターはより技術的で経済的です。
  • 運転条件(室内、空気温度)
  • 機械稼働時間/年間の稼働時間の計算
  • 動作モード:メインまたはスタンバイ。 2つの電気ポンプ、例えば、消火システムまたは冷却システム
  • タンクの容積。多くの場合、ポンプユニット全体のコストを決定します。
  • 生産性を決定するステーションの出力
  • ポンプステーションのハウジングおよびタンク材料:ステンレス鋼または炭素鋼
  • 水の不在下でステーションをシャットダウンするための乾いた状態のセンサーや浄水用フィルターなどの追加機能

家庭用ポンプステーションと設備

夏のコテージや別荘の所有者は、水道システムから離れているため水供給の問題によく直面します。多くの人は、高出力と実用性を持つ最新のポンプステーション/設備を購入します。このような機械があれば、自律的給水システムは必要な圧力レベルを維持し、絶え間なく水を給水点に供給することができます。家庭用のポンプステーションには、設備の過熱およびその故障を防止する保護システムが装備されます。逆止弁により、ステーションのタンクに水が保持され、電気ポンプの電源を切ったときに自然の池に戻らないようになります。

この装置の作動原理は、特定の圧力レベルに達するまで水を貯蔵タンクに圧送することです。その後、ステーションのポンプは自動的にオフになります。水が供給された後、圧力レベルが限界値まで下がり、次に特殊スイッチが次のオン信号を送ります。水の消費量が少ない場合、ポンプステーションのモーターはオフモードになります。

主な利点






ポンプステーションまたはポンプユニットの購入は、井戸がある場合に合理的です。多くの場合、坑内水中ポンプが取水に使用されますが、水源の水位が低下すると、そのような装置は機能しなくなります。したがって、最適な解決策は、ポンプだけでなく、水の貯留を収集するために使用される貯蔵タンクも組み合わせたポンプステーションを購入することです。一次供給源から給水することが不可能な場合、ステーションは貯蔵タンクに切り替えます。

さらに、ポンプステーションおよび設備には、通常、水中ポンプではなく陸上ポンプが装備されます。これらの機械は、別荘にある標準的な小口径の水タンクに最適です。同時に、家庭用ポンプステーションは、家庭用給水だけでなく、野菜園に水を供給するためにも使用できます。両方の目的のために、水中ポンプには適しない掘削孔または浅い砂井戸で十分ですが、逆止バルブを装備した約1インチの断面のホースでも取水作業に対応できます。

家庭用ポンプステーションのもう1つの利点は、自給式給水システムの圧力を安定化させる能力です。同時に、 別荘の下階だけでなく、上階にも良い圧力を提供します。このタイプの装置は、十分にコンパクトで、操作が簡単で、迅速に取り付け/解体することができ、水中ポンプに比べて比較的低コストです。

主な欠点

現代のポンプシステムは、貯蔵タンクに接続された構造を持っています。このタンクは、逆止バルブとともに、定期的な清掃を必要とし、ステーションの水圧アキュムレータは圧力レベルと自動装置の異常の監視と制御を必要とします。さらに、ポンプステーションが取水することに使用される井戸の深さにはいくつかの制限があります。例えば、ポンプから水までの垂直距離と水平距離の合計は8メートルを超えてはいけません。しかし、現在、ポンプ設備の製造者は、30mの深さから水を汲み取れる特別なイジェクタを備えた装置を提供します。






また、ポンプステーションの欠点には、騒音、ポンプ始動時にホースに水を入れる必要性、および電力消費量が増加することが含まれます。そのようなステーションは、水中ポンプよりも短寿命で、その動作の質は、汲み出される水の純度に直接依存します。この装置を設置するには暖房できる部屋のみが適します。これは暖房に問題がある別荘にとって不利になる可能性があります。

ポンプステーションの種類

ポンプステーションは非常に汎用性の高い機器であるため、様々な業界で幅広く使用されます。一般的に家庭用と産業用の2つに分類され、後者は高い能力、高い強度と性能を持ちます。

産業用の高圧ポンプ装置は消火に使用されます。排水の回収と圧送は、完成した工場組立で通常販売されるモジュールポンプステーションで行われ、設置が非常に容易になり、さらに品質が保証されます。

ポンプ濾過ステーションは集落に飲料水を供給するために使用されます。現代の技術では、紫外線洗浄を用いて水を浄化することができ、化学物質を使用せずに細菌や微生物や各種有害な不純物を効果的に除去することができます。したがって、ポンプステーションは圧送される水の最適な塩濃度と水の自然純度を維持し、その品質がよくなります。

油圧ステーションは、通常、油圧機器に水を供給するために使用され、加圧ステーションが油圧システム内の圧力を維持または増加させるために必要です。

家庭用ポンプステーションは、コテージ、別荘、ファームの給水、ガーデン、温室、庭園の灌漑に適切です。下水道の家庭用ステーションは、排水を収集して地元の処理施設に圧送します。機器の特定タイプは、配管の深さ、排水の容積と純度、使用される液体の組成、使用されるポンプのタイプに直接依存します。ポンプステーションには通常、水平、垂直、斜め、軸方向および遠心ポンプが装備されます。

ポンプステーションを選択する方法

ポンプステーションを選択する際には、まずは容量、取水高さ、能力及び貯蔵容器の容積を参考にしなければなりません。それらは基本的なパラメータですが、それ以外にも水の最大上昇の指標、過熱およびドライランニングからの保護、水圧アキュムレータ及びポンプの材料、並びに制御方法(手動、自動または遠隔)のような他の特性が重要な役割を持っています。

家庭用ステーションの基本的なパラメータは通常600〜1500ワットの電力です。吸引点の数ならびに井戸が単位時間当たりに供給できる流量、設備からの距離に基づいて選択したほうが良いです。ポンプステーションを使用して家に水を一貫して供給するためには、3000〜6000リットル/時間の容量のモデルが好ましいが、コテージの場合は0.6〜1m3/hの容量が必要です。

貯水タンクの容積は、井戸からの取水停止や計画外の停電が発生した場合の家庭での安定した給水に必要な貯水量の正確な量を計算して選択してください。価格と品質が両方最適であるステンレススチール製の水圧アキュムレータを優先する方が良いです。より高価で信頼性が高いのは鋳鉄アキュムレータですが、プラスチックモデルが安価で、鋳鉄や鋼製のタンクに比べて寿命がかなり短いです。

家庭での取水量が多い場合、乾いた状態や過熱保護のポンプステーションを購入することをお勧めします。このようなモデルはより高価ですが、ポンプが高速で稼動し供給システムと過熱モーターに液体がないときに故障が頻繁に発生する場合の追加コストを防ぎます。その保護は、自律的給水システムに接続された家庭用ポンプステーションの寿命を延長します。 また、家庭用に最適なのは、貯蔵タンクが空になった場合に設備をオンにし、タンクがいっぱいになった後にポンプを停止する自動化ステーションです。また、深い井戸がある場合、30メートルの深さで水を圧送するエジェクタ付き装置にしたほうが良いです。

最後に、家庭用および産業用の両方で使用される各ポンプステーションは、圧送される液体からの固体不純物を回収する特別なバスケットを装備することがあります。この場合、切断機構を備えたポンプまたは固体不純物の含有量のために設計されたものは最適です。圧送流体に爆発性物質が混入する場合、爆発防止モーターを備えたポンプステーションが必要です。

LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)はロシアにおける貴社のポンプステーションの公式代理店となって、貴社の機器を買う顧客を提案し、技術的および商業的な交渉を行い、供給の契約を結びます。入札の場合、参加するために必要な資料をすべて収集し、機器の輸送のために必要な契約を締結し、税関登録および商品のその後のクリアランスを行い、通貨の支払いができるようにロシアの銀行に通貨管理の契約パスポートを登録します 。必要に応じて、当社は既存または新規に構築される生産プロジェクトにおいて貴社の機器を指定します。

LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、ロシアにおける高い信頼性と効率的なパートナーおよび代理店になることができると確信しています。

我々は 常に協力にオープンしているので、一緒に前進しましょう!

ご協力の問い合わせを英語でお送りください。

ポンプ設置