Together
to success
from_1997_year
"INTECH_GmbH"
English(int.) Русский Deutsch English(USA) English Español Français Italiano Português 日本語 简体中文

ロシアの工業企業にレシプロ圧縮機を供給するディストリビューター(正式な代表者)

ロシアの LLC「インテックGmbH」(ООО「Интех ГмбХ」)エンジニアリング会社は、20年以上ロシア市場におけるロシアの様々な工業企業と協力しながら、莫大なエンジニアリングの経験を積み、市場で高い評価を得て、100以上の大規模なロシア産業プラントにおけるプロジェクトを実施してきました。当社は、ロシア市場を魅力的とし、地域での売り上げを増やし、その活動を拡大し、新しい国際的なレベルに到達したい投資家と新しいビジネスパートナーを常に探しております。

目次:

当社はロシアの工業プラントに自社製品を供給するために善意の公式代理店を探しているレシプロ圧縮機のメーカーと協力したいと思います。

当社の経営者と担当者は、ロシア市場の業界、顧客のやり方と考え方、金融経済活動の特徴をよく知っております。当社のすべての担当者は豊富な顧客ベースを持っており、成功した販売の豊かな経験とレシプロ圧縮機の可能な買い手との確実なコネクションを持っているため、手早く興味を持っている分野を特定し、成長しているロシア市場への早いアクセスを提供できます。当社の担当者は、英語とドイツ語が話せ、国際市場における外国製機器の供給という仕事が得意です。

複雑で技術的な問題を解決する経験を持っているエンジニアリング専門家は、定期的にロシア顧客と会い、パートナーメーカーが行う最近の開発のプレゼンテーションに参加します。常にロシアの工場におけるすべての技術サービスと連絡を取り合い、技術的な問題を特定します。そのため、当社はロシア連邦における特徴と、プラントが装備する産業施設とその最も必要な改造をよく分かっております。

ロシアにおけるレシプロ圧縮機の公式代理店になって、当社の広告部門は市場調査を実施し、ロシアの企業の市場における貴社のレシプロ圧縮機に対する需要を評価し、産業工場の市場の規模と能力を確定し、当社のIT専門家は貴社の製品についてロシア語で のウェブサイトを開発します。当社に属する専門家は貴社に提案されるレシプロ圧縮機が最終顧客の要求条件に適合性するかどうか分析し、新製品に対する市場の全体的な反応を分析し、潜在的な顧客のカテゴリを検討し、そのなかで最大かつ最も魅力的な会社を推選します。

ロシアにおける公式代理店になって、LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は必要に応じて、メーカーの機器の個別なロット、レシプロ圧縮機の様々な種類をロシア基準により許認可申請を行い、危険な産業を含めて関税同盟(ロシア、カザフスタン、ベラルーシ、アルメニア、キルギスタン)のすべての工業企業で貴社の機器の使用を確保するTR TS 010およびTR TS証明を取得します。当社のロシア会社はロシアと関税同盟規格の国の要求条件に応じてレシプロ圧縮機の登録証明書の取得も支援できます。

当社のエンジニアリング LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、様々な産業分野におけるロシアの設計機関と協力しているため、ロシアとCIS諸国の建築基準および規則に従って予備設計とその後の設計作業を実施することが可能となり、将来のプロジェクトで貴社のレシプロ圧縮機を敷設する機会を与えてくれます。

当社は、必要な貨物の輸送、その梱包、荷積み、すべての適用な法的規制やロシア市場に出るために必要である要件に準拠し、DAPまたはDDP条件で顧客の倉庫に商品を輸送する専用の物流部門を持っています。

当社は、供給された設備据え付けと試運転、レシプロ圧縮機の保証サービスおよびアフターサービスを行い、顧客の担当者の必要な訓練および教育を行う認定の専門家を持っています。

レシプロ圧縮機の概要

レシプロ圧縮機は、ピストンの圧縮システムを備えた容積式圧縮機です。この圧縮機型は最初に生産で使用され始め、現在積極的に工業生産、セミプロおよび家庭で使用されます。

レシプロ圧縮機は、圧力で油、冷却剤などの液体または空気を圧縮して供給します。レシプロ圧縮機は高圧に関連する現場で一番よく使用されます。

レシプロ圧縮機の基本的な構成要素は、シリンダ、ピストン、シリンダカバーに位置するバルブ(吸排気)を含めます。このタイプの圧縮機が必要とする流体圧力は、ピストンの往復運動によって生成されます。クランクシャフトと共にクランク機構は、ピストンの往復運動を起こします。

この圧縮機は1本または複数のシリンダを備えることがあり、その配置は水平/垂直/ V- / W字形などがあります。これらの機器は、(ピストンは両側によって動作する場合)、シングルまたはダブルアクション、圧縮の種類で単段または多段に分けられます。

この機器は普通、パイプ圧力を一定レベルで確保するために、自動制御機能が搭載されます。最も簡単な調整方法は、圧縮機のシャフト速度を変更することです。

レシプロ圧縮機は、多様な種類があり、市場はあらゆる産業目的のための様々なオプションを提供しています。レシプロ圧縮機は最適なソリューションになる多くの状況があります。

  • 生産性の低い圧縮機が必要な場合
  • 圧縮空気容量に大きな変動がある場合(レシプロ圧縮機はこのような状況によく対応できる)
  • 汚い作業、高湿度、(セメント包装、ミル、石炭倉庫での)温度変化などの激しい条件での使用
  • 腐食性ガスの圧縮
  • 高圧の場合、ピストン1本または2本以上(40気圧まで)を備えた構造のレシプロ圧縮機

利点:

  • 比較的安価
  • 簡単なメンテナンス(簡単な構造は分かりやすい)
  • 高圧に適する

欠点は、低収益性、より頻繁な故障と騒音です。

レシプロ圧縮機の動作原理






レシプロ圧縮機の動作原理は比較的に簡単です。機器の一般的な構造は、筐体(鋳鉄製)、シリンダ(水平/垂直/傾斜位置)、ピストン、バルブ(吸排)で構成されます。

レシプロ圧縮機の構造は、シリンダ、ピストン、シリンダカバーに位置するバルブ(吸排)を含めます。ピストンが往復運動させるために、クランクシャフトのクランク機構と連動されます。

ピストンは直接駆動のクランク機構で動作し、往復運動で空気を圧縮し、その後、接続されたパイプにそれを流します。以下は、レシプロ圧縮機の動作フロー図です。

シャフトの一回転は、一般、ピストンの2つストロークに一致します。シャフトの一回転中に各気筒では、圧縮機の全サイクルが実行されます。ピストンは右に運動すると復水器に真空が形成され、冷媒はシリンダ内にバルブを介して吸収されます。ピストンが逆方向運動すると、圧力が上昇し、空気が圧縮されます。吸気弁が閉じられ、圧縮された空気は復水器に排出され、排出バルブを通して押し出されます。その後、ピストンは運動方向を反転し、排出弁が閉じられ、圧縮機が再び蒸発器からの蒸気を吸引します。この過程は何度も繰り返されます。

ピストンが下運動する時にシリンダ内に空間が形成され、空気を排出します。得られた差圧は吸気バルブを開け、空気が圧縮するチャンバーに入ります。膨張室の最大容積に対応するピストンのターニングポイントを折り返した後、吸気バルブは閉じ、空気圧が増加されます。

膨張室の容積が小さいほど、空気の圧力が高くなります。特定の容量に達すると、排出弁が開きます。圧縮空気は、この時点で膨張室から出ます。

シリンダおよびピストンの摩耗を減らすために、シリンダ内に油を供給するため、油微粒子が混合された空気質の劣化につながります。従って、生産技術が清浄な空気を用いる場合、供給ライン内に油分離器を設置する必要があります。分離器は、空気流から油粒子を除去するのに役立ちます。

工場および工業プラントで利用されるレシプロ圧縮機は、通常、1台ではなく、2台ずつ購入されます。通常動作モードでは、予備の1台は、メンテナンスや修理のために停止されることがあり、2台目は、もちろん、工業用の目的で使用されます。






レシプロ圧縮機の主要な構成要素と構造の特徴

レシプロ圧縮機は、空気を圧縮する機器の最も一般的な種類です。動作原理は、シリンダ内に一定量の空気が吸引され、ピストンで圧縮されます。圧縮のためにピストンの両側を使用することが可能です。(いわゆるダブルアクションの原理)2段のピストン圧縮機は、品質の高い空気を生成し、技術の厳しい要件が存在する工業工程で積極的に使用されます。

レシプロ圧縮機の構造の主な要素は、ピストン、シリンダ、膨張室、クランク軸、クランク機構、バルブ(吸排)とドライブ(電動、ガソリンまたはディーゼル)です。

シンプルな構造のおかげで、修理、スペアパーツの交換は簡単に行えます。しかし、このような機器は、定期的に整備が必要です。

レシプロ圧縮機の種類

現在、市場にはレシプロ圧縮機の様々なタイプを幅広く提供されています。単段、多段圧縮機、シングル、ダブルインレット、シールおよびシールレスなどの多くのモデルがあります。レシプロ圧縮機の一部は鉱物潤滑剤で潤滑しなければなりませんが、他はそれを必要としません。圧縮機の基本モデルは、ドライブの種類、出力圧力、圧縮段数と構造に応じて分類されます。

レシプロ圧縮機は下記の種類に分けられます。

  • シングル(クロスヘッド無し)またはダブルアクション(クロスヘッド付き)
  • オイルとオイルフリー(乾燥摩擦または乾燥圧縮)
  • シリンダ位置の水平、垂直、アングル
  • 段数で多段、単段
  • シリンダ数で異なる

圧縮機はドライブの種類に応じて、下記のタイプに分かれます。

  • ダイレクトドライブ型(ベルト駆動型より高い節電、低騒音、高い効率を持っています)
  • ベルト駆動型(ベルトドライブの滑りにより起動時に小さい動的負荷)

出力圧力レベルで低圧(5〜12バールの範囲)、中圧(2〜100バールの範囲)および高圧(0〜1000バールの範囲)に分けられます。

ピストン圧縮機は、圧縮段数で多段式、二段式と単段式に分類されます。多段圧縮機は爆発や火災の危険性があるため、圧縮気体(180℃以下)の温度が上昇過ぎないように対策とらなければなりません。

固定および携帯式に分けられます。

レシプロ圧縮機はシリンダ配置で垂直、水平およびアングルに分けられます。

シングルアクション圧縮機
レシプロ圧縮機
垂直配置
レシプロ圧縮機
V字型配置
 
レシプロ圧縮機
W字型配置
レシプロ圧縮機
段付ピストン(差動)
デュアルアクション圧縮機(クロスヘッド)
レシプロ圧縮機
直線配置
レシプロ圧縮機
水平段付ピストン
レシプロ圧縮機
L字型配置
レシプロ圧縮機
V字型配置
レシプロ圧縮機
W字型配置
レシプロ圧縮機
反対シリンダ

アングル配置:シリンダ列内の配置は垂直と水平があります。長方形の圧縮機の場合です。シリンダ配置はV字型とW字型(圧縮機は構造でそれぞれV型とW型)があります。

シリンダのV字型の配置。

  • 空気圧縮機
  • 1段冷凍(アンモニアまたはフロン)
  • 2段冷凍(アンモニア)

垂直配置:シリンダが垂直に配置されます。シリンダ数は、圧縮機の用途範囲と出力圧力を決めます。以下の図は、クロスヘッドダブルアクション圧縮機です。フレームに(素材:鋳鉄、鋳造)シリンダは複数の列に固定されます。列数は主軸受に配置するクランクシャフトのアーム数と一致します。クランクシャフトとシリンダの間の距離によってベアリングの数が設定されます。クラッチやベルト伝動を介してモーターから駆動させます。フライホイールはシャフトに付けられたハーフカップリングです。駆動プーリーは、シャフトの端部に取り付けられます。

水平配置:水平配置の圧縮機では、シリンダがクランク軸の片側にも、両側にも配置されることがあります。

反対配置:中、高能力のレシプロ圧縮機での反対配置(クランクシャフトの両側にシリンダ配置)は技術進歩の結果です。ピストンは互いに向かって運動するため、圧縮機は高い運動性、バランス、小型および軽量の特徴を持っています 。

中小容量の機器は長方形構造とV字型のシリンダの配置を持っています。高いパフォーマンスのために反対圧縮機は、普通の圧縮機より多く使用されます。

反対シリンダの複動の水平配置クロスヘッド圧縮機の例です。ピストンは互いに逆方向に運動します。このような構造はコンパクトで、作動速度が早いです。機器の設置はステージやパイプの間にスーペスとれるために簡単です。仕入れの時に圧縮機の部品は組み立てられたブロック単位で供給することがあります。

レシプロ圧縮機の構造種類

圧縮機の任意のタイプは空気(任意の気体)を圧縮し圧力下でそれを供給する機器です。シリンダ内でピストンが往復運動する機器がレシプロ圧縮機と呼ばれます。

CIS諸国では100立方メートル毎分以上の容量を有する、圧縮機の中で最も有名なレシプロ圧縮機が人気です。

レシプロ圧縮機は下記のタイプがあります。






同軸レシプロ圧縮機

同軸レシプロ圧縮機は、摩擦に起因する能力損失を避けるために電気駆動がクランクシャフトにカップリングで接続される特徴を持っています。この圧縮機はよりコンパクトな構造を持っています。潤滑方式により異なります。オイルフリー圧縮機のピストンとシリンダは、潤滑する必要がありません。出力される圧縮空気には油性の不純物がありません。このタイプの機器は、食品業界、製薬、医療業界で普及しています。オイル同軸レシプロ圧縮機には、潤滑剤として鉱物コンプレッサーオイルを使用します。そのため、この圧縮機はより高い寿命を持っています。同軸圧縮機は、バッチモード、すなわち20分動作、40分休憩で稼働します。動作圧力は8バールになります。エンジン出力は、約2.25キロワットで、容量が200リットル/分まで達成します。これらの機器の主な利点は、小型、軽量、比較的低いコストを含みます。同軸の圧縮機は、オイルフリーレシプロ圧縮機とオイルレシプロ圧縮機に分かれます。

オイルフリーレシプロ圧縮機

このタイプは、前提条件としてきれいな空気を供給するシステムに適します。空気にはオイル不純物が入ってはなりません。オイルフリー圧縮機用のエンジンは、1.1キロワットの容量で製造され、また、様々な容量のレシーバが装備されます。このタイプの利点は下記の通りになります。

  • 小型
  • 低頻度メンテナンス
  • 移動は任意の位置でできる

オイルフリー圧縮機のオイル圧縮機との違いは、空気と潤滑剤が別々に分けられるという特徴です。さらなる精製は、出力空気の高品質に寄与します。オイルフリー圧縮機は、下記のタイプに分類されます。

  • 自動車用のオイルフリー圧縮機は、タイヤの拡張のためのコンパクトな機器です。通常、レシーバが装備されず充電式電池によって給電されます。
  • 家庭用の圧縮機はエアーブラシなどの空気工具に使用されます。オイルフリーのレシプロ圧縮機は、別のカテゴリで、例えば、完璧な表面を達成する高品質の塗装で使われます。除湿機のコンパクトなタイプを使用する場合、露点は70℃以下ではなければならないため、水分が 圧縮された空気から完全に除去され、それは塗装面にこぼすことがありません。

このことは、コーティングの材料の耐腐食性に寄与します。ロシア国産車の一部と輸入車のほとんどは、乾燥剤ドライヤーを備えたオイルフリー圧縮機を使用して工場で塗装されます。

  • セミプロとプロのオイルフリー圧縮機は、大量にきれいな空気を供給する前提条件を持つ修理屋、研究室、製造工場で使用されます。これらの圧縮機は、製薬産業および食品産業でよく使用されます。しかし、このクラスのオイルフリー圧縮機はコストが高いです。

ダイレクトドライブを搭載したオイル圧縮機

圧縮機はレシーバを搭載する場合、空気最大容量100リットル、エンジンの能力は、約1.1〜1.8キロワットです。オイルフリー圧縮機と比較して、それら寿命は非常に高いです。また、オイルフリー圧縮機は、特定のメンテナンスが必要です。このタイプ圧縮機の欠点は油を含む出力空気なので、圧縮機フィルタを必要とします。ダイレクトドライブのオイル圧縮機は、家具の製造、自動車サービスおよび改造の修理作業に広く使用されます。

ベルトドライブのオイル圧縮機

圧縮機はレシーバを搭載する場合、空気容量25〜最大100リットル、エンジンの能力は、約1.5〜15キロワットです。ベルト駆動のおかげで、同じ性能で回転速度を低減することができます。これらの圧縮機は異なる値を持つ2本のピストンを有します。第1のピストンは空気をプレ圧縮し、第2のピストンは、特定の圧力までに空気を圧縮します。この圧縮機は、大容量の空気消費量の場合に使用されます。信頼性の高い冷却システムがエンジンを過熱および摩耗から防ぎます。そのために圧縮機モーターを連続運転モードで使用可できます。

ベルトレシプロ圧縮機

ベルトレシプロ圧縮機の場合、ベルトドライブは、高いパフォーマンスと寿命を確保する電気駆動とクランクシャフトに接続することを特徴とします。このタイプの圧縮機は、連続して数時間稼働できます。これらの圧縮機はほとんどの場合、建設、タイヤサービス店、修理屋で使用されます。モーターの容量は約2.25〜5.5キロワットです。圧縮機能力は500リットル/分まで達成、圧力は16バール、特定の場合に30バールまで達成します。利点は必要なパラメータまで空気を圧縮できることです。

クロスヘッド付きとクロスヘッド無しの圧縮機

レシプロ圧縮機の近代的な構造の中にはクロスヘッド無しとクロスヘッド付きで分類できます。






クロスヘッド無しの圧縮機では、クロスヘッド圧縮機と比較して、ドライブの回転運動を、ピストンの直線運動に変換する方法が違います。クロスヘッド無しの圧縮機は、下記の利点を持っています。

  • コンパクト
  • 比較的簡単な運動機構
  • 軽量
  • 単一の潤滑システム。

このタイプの圧縮機は利点とともに重大な欠点があります。ガスがピストンを介してクランクケース内に漏れます。その結果、クランクケースは加圧で作動し、中の油はポンプオイルと接触します。クロスヘッド無しの圧縮機は、シングルアクションしかないため、シリンダを効率よく使用することができなくなります。

そのため、高出力および高圧の圧縮機、 ならびに水平圧縮機は、常にクロスヘッド付きで製造されます。






上記の分類グループに加えて、レシプロ圧縮機は下記の特徴で分けられます。

1. 圧縮機は動作原理でシングルとダブルアクションのシリンダに細分化されます。差動シリンダは、多段圧縮機のみが搭載されます。
2.段数で1段、2段、3段圧などに分けられます。現代の圧縮機での最大段数は、通常7です。
3.シリンダの数で1気筒、2気筒、3気筒、それ以上の数に分けられます。
4.気筒列数で単列、複列と多列に分けられます。
5.平面内のシリンダの配置でアングル圧縮機とV字型のシリンダ圧縮機
6.反対圧縮機はピストンを搭載した、対向運動するピストン付きの水平機器です。
7.冷却タイプで水と空気。高性能の圧縮機は、一般に水冷で装備されます。
8.性能でミニ圧縮機、小容量圧縮機、 中容量圧縮機と高容量圧縮機に分けられます。
9.ピストンの数で1、2と3本のピストン圧縮機に分けられます。

現在、冷凍用のレシプロ圧縮機は、圧縮機の中で最も適切で、一般的に使用されます。また、空調システムに広く使用されます。レシプロ圧縮機は下記のタイプがあります。

  • 密閉型レシプロ圧縮機。エンジンは鋼板製の密封されたステンレス製のハウジングに入った圧縮機と直接に連動されます。吸入ガスの流れは電動モーターを冷却します。
  • 半密閉型圧縮機。モーターが直接圧縮機に連動され、それらは、保守または修理作業のためにアクセスできる鋳鉄製のハウジング内に配置されます。電動モーターは吸入冷媒によって冷却されます。
  • オープン圧縮機。圧縮機は、鋳鉄本体に直接配置され、別個のモーターにシャフトで接続されます。この圧縮機は、潤滑剤の不足を探知するための緊急電子センサが装備されます。

レシプロ圧縮機の利点と欠点

旧ソ連の国には、100立方メートル/分の範囲内の性能を持つレシプロ圧縮機が最も人気です。類似製品に比べて多くの利点を持つためです。この機器は効率性、信頼性が高く、シンプルな構造と修理のしやすさを特徴とします。レシプロ圧縮機は、頻繁な切り替え、中断がある動作、不利な条件(高湿度、汚れた空気など)での稼働のために最適です。このタイプは、初期圧力の任意のレベルから起動させても、1000バール以上に吐出圧力を達成できます。レシプロ圧縮機は、(腐食性、毒性および爆発性を含む)ガスの任意の種類を圧縮することができ、少量の圧縮空気を必要とする施設で作業するための最適なソリューションです。

利点:

  • 低価格
  • 簡単な構造
  • 修理の簡便性、保守性と長寿命
  • 500時間後の保守サービスによるパフォーマンスの増加
  • 経済効率
  • 高い生産性
  • 比較的低い性能を同じレベルで長い時間に維持する能力
  • 頻繁にオン・オフが切り替わるモードで動作しやすい

レシプロ圧縮機の欠点

  • レシプロ圧縮機は稼働中に非常に高騒音、設置のためにコンクリート基礎を装備した個別の部屋が必要
  • 低生産性(空気は5立方メートル/分まで)
  • 低生産性のため、限られた範囲の使用
  • 高い電気コスト
  • 高い頻度で必要な技術的なメンテナンス 、保守サービス間の最大間隔は500時間
  • メンテナンスや修理を実施するために、複数の専門家が必要

レシプロ圧縮機の用途

レシプロ圧縮機は、産業用と家庭用の両分野で使用されます。空気圧縮機として、空気圧レンチ、スプレーガンなどの空気圧機器の作動を行います。これらは、修理屋でタイヤを膨張するために使用されます。

シンプルな構造のレシプロ圧縮機は、現在、圧縮機の最も普及しているタイプです。技術的パラメータのおかげでこの圧縮機は、機械工学、食品分野、化学的などの多くの産業分野で使用されます。

レシプロ圧縮機は、高容量の圧縮空気を必要としない空気圧機器に使用されます。この種の圧縮機は、空気の圧力の高いレベルを得るために不可欠です。頻繁に停止と起動が予定されるときに使用すると便利です。言い換えれば、圧縮機のオン/オフなどの一時的な切り替えに耐性があります。この圧縮機は、(高または低温度、ほこり環境)不利な動作条件で よく使用されてきました。セメントや小麦粉運搬用の場合、他に選択肢がありません。

レシプロ圧縮機の技術特性

レシプロ圧縮機の様々な型が持っている技術的なパラメータは、型によって大きく異なります。工業用、ガス用と移動機器という3つの主なグループに分け、その特性を以下で記載します。

産業用のレシプロ圧縮機は50バールの圧力で作動します。このような機器の性能は350立方メートル/時間、容量は30キロワット、回転速度は約500回転/分です。この機器は、積極的に発電所、製鉄所、軍事目的で、油圧システム、気筒充填で使用されています。

ガス用レシプロ圧縮機の主なパラメータは、ガス圧縮機の性能と容量です。機器の大きさに応じて、小、中、大に分けられます。従って、ガス用の圧縮機の性能はサイズに応じて83〜8098Nm³/時間の範囲になります。容量は、また圧縮機のサイズに依存し、30〜600キロワットなります。

移動用の圧縮機の主な技術パラメータは、約50バールの圧力範囲、(37立方メートルの範囲)の性能と窒素の純度(99%まで)、動作温度は-40℃以上、+ 40℃以下です。

適切なモデルの選定は、業界や用途目的や動作条件を考慮にして行います。

レシプロ圧縮機の用途範囲

レシプロ圧縮機の用途範囲

レシプロ圧縮機は、様々な産業、日常生活の中で、広く使用されます。

工業用のレシプロ圧縮機は下記の現場で使用されます。

  • 発電所
  • 鉄鋼と機械製造業界
  • 繊維産業
  • 軍事施設
  • 油圧、冷凍および極低温システム
  • ボンベの充填

私的使用のレシプロ圧縮機は、安全性のパラメータで高価な産業用モデルにほとんど負けません。機器は車、壁の塗装、部品サンドブラストのために使用されます。オイルフリーレシプロ圧縮機は、圧縮空気が最高の品質基準を満たさなければならない場合に使用されます。

このタイプのオイルフリー圧縮機は、不純物(水分、炭化水素、油)のない清浄な空気を圧縮する必要がある時、呼吸装置シリンダを充填するために医学で使用されます。

コンプレッサーと送風機

LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)はロシアにおける貴社のレシプロ圧縮機の公式代理店となって、貴社の機器を買う顧客を提案し、技術的および商業的な交渉を行い、供給の契約を結びます。入札の場合、参加するために必要な資料をすべて収集し、機器の輸送のために必要な契約を締結し、税関登録および商品(レシプロ圧縮機)のその後のクリアランスを行い、通貨の支払いができるようにロシアの銀行に通貨管理の契約パスポートを登録します 。必要に応じて、当社は既存または新規に構築される生産プロジェクトにおいて貴社の機器を指定します。

LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、ロシアにおける高い信頼性と効率的なパートナーおよび代理店になることができると確信しています。

我々は 常に協力にオープンしているので、一緒に前進しましょう!