Together
to
success...
since_1997
"INTECH_GmbH"
Русский English(int.) Deutsch English(USA) English Español Français Italiano Português 日本語 简体中文

チューブポンプ

ロシアの LLC「インテックGmbH」(ООО「Интех ГмбХ」)エンジニアリング会社は、20年以上ロシア市場におけるロシアの様々な工業企業と協力しながら、莫大なエンジニアリングの経験を積み、市場で高い評価を得て、100以上の大規模なロシア産業プラントにおけるプロジェクトを実施してきました。当社は、ロシア市場を魅力的とし、地域での売り上げを増やし、その活動を拡大し、新しい国際的なレベルに到達したい投資家と新しいビジネスパートナーを常に探しております。

当社はロシアの工業プラントに自社製品を供給するために善意の公式代理店を探しているチューブポンプのメーカーと協力したいと思います。

当社の経営者と担当者は、ロシア市場の業界、顧客のやり方と考え方、金融経済活動の特徴をよく知っております。当社のすべての担当者は豊富な顧客ベースを持っており、成功した販売の豊かな経験とチューブポンプの可能な買い手との確実なコネクションを持っているため、手早く興味を持っている分野を特定し、成長しているロシア市場への早いアクセスを提供できます。当社の担当者は、英語とドイツ語が話せ、国際市場における外国製機器の供給という仕事が得意です。

複雑で技術的な問題を解決する経験を持っているエンジニアリング専門家は、定期的にロシア顧客と会い、パートナーメーカーが行う最近の開発のプレゼンテーションに参加します。常にロシアの工場におけるすべての技術サービスと連絡を取り合い、技術的な問題を特定します。そのため、当社はロシア連邦における特徴と、プラントが装備する産業施設とその最も必要な改造をよく分かっております。

ロシアにおけるチューブポンプの公式代理店になって、当社の広告部門は市場調査を実施し、ロシアの企業の市場における貴社のチューブポンプに対する需要を評価し、産業工場の市場の規模と能力を確定し、当社のIT専門家は貴社の製品についてロシア語で のウェブサイトを開発します。当社に属する専門家は貴社に提案されるチューブポンプが最終顧客の要求条件に適合性するかどうか分析し、新製品に対する市場の全体的な反応を分析し、潜在的な顧客のカテゴリを検討し、そのなかで最大かつ最も魅力的な会社を推選します。

ロシアにおける公式代理店になって、LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は必要に応じて、メーカーの機器の個別なロット、チューブポンプの様々な種類をロシア基準により許認可申請を行い、危険な産業を含めて関税同盟(ロシア、カザフスタン、ベラルーシ、アルメニア、キルギスタン)のすべての工業企業で貴社の機器の使用を確保するTR TS 010およびTR TS証明を取得します。当社のロシア会社はロシアと関税同盟規格の国の要求条件に応じてチューブポンプの登録証明書の取得も支援できます。

当社のエンジニアリング LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、様々な産業分野におけるロシアの設計機関と協力しているため、ロシアとCIS諸国の建築基準および規則に従って予備設計とその後の設計作業を実施することが可能となり、将来のプロジェクトで貴社のチューブポンプを敷設する機会を与えてくれます。

当社は、必要な貨物の輸送、その梱包、荷積み、すべての適用な法的規制やロシア市場に出るために必要である要件に準拠し、DAPまたはDDP条件で顧客の倉庫に商品を輸送する専用の物流部門を持っています。

当社は、供給された設備据え付けと試運転、チューブポンプの保証サービスおよびアフターサービスを行い、顧客の担当者の必要な訓練および教育を行う認定の専門家を持っています。

概要

チューブポンプ(蠕動ポンプとも呼ばれる)は、ポンプの流動部分(弾性ホースまたはチューブ)に沿った蠕動によって流体運動が生じる容積型ポンプです。「蠕動」という用語は、腸などの管状器官の壁の波状の収縮を示すために生物学において使用され、それによって内容物が移動します。管状ポンプの場合、蠕動運動は筋肉の収縮ではなく、チューブの機械的圧力によって行われます。前世紀の半ばで、管状ポンプは幅広く普及され、他のタイプの油圧機械の間でのセグメントを占めました。

チューブポンプの制限因子は、高温および高圧です。両方の因子は、ポンプの柔軟な要素を作るために使用される材料に関連します。通常、液体の許容温度は90℃に制限され、圧力は7-16バールに設定されます。

分類

蠕動ポンプには2つの主なタイプがあります。チューブとホースです。その主な違いは流動要素の弾性です。名前が示すように、ポンプの流通部分としてチューブやホースが機能します。

蠕動ポンプのチューブは通常、異なるポリマー材料で作られるため、高い耐薬品性、気密、強度および弾性を誇ります。後者の特性は、ポンプの正しい動作を保証するために必要です。ポリマー組成物を選択する際、管材が圧送流体に対して化学的に中性であることも重要です。食品業界で正常に活躍しています。

ホース型は、通常、多くの固体不純物を含む大量の硬質液体を移動させるために使用されます。その主な材料はゴムです。ホースは多層になっており、補強されたインサートで強化されます。これにより、様々な種類のスラッジまたは結晶化の生成物をポンピングするために使用することが可能になります。

構造

チューブポンプの主な要素は、ホースまたはプラスチックチューブの一部である弾性チャネル、クランプ機構を備えたローター、およびチューブのプレス中に当接部として働くトラックです。ローターは、回転運動するモーターを備えたギヤボックスを介して接続されたシャフトに取り付けられます。プレス機構として、ローラーや特別なブートが作用すます。チューブの締め付けはクランプ機構とトラックとの間で行われるが、場合によってはトラックが備えないため、チューブの事前張力によってローターに押し付けられます。トラックは、実際にポンプケーシングの内面である場合も、別個の部品である場合もあります。






チューブポンプは、その動作原理の特性に起因する、他のタイプのポンプとは多くの相違点があります。したがって、ポンプ型の一部は可動部品の追加潤滑なしで動作することができ、回転するローターの支持を潤滑する必要がなくなります。しかし、ホースやチューブの摩耗度を低減する必要がある場合、ポンプハウジングには特殊な潤滑剤が充填されます。また、圧送媒体がポンプを通して通過する時、チューブ壁しか接触しないため追加のシールを取り付ける必要がありません。

製造されるチューブポンプは、別個の油圧機械または駆動装置及び減速装置と共にモノブロックに組み合わされることがあります。後者は、特に実験室設備において一般的です。モノブロック型は、取り付けが簡単でコンパクトで軽量ですが、モーターやギアボックスなどの個別のモジュールを交換して修理することは困難です。

動作原理

既に上述したように、チューブポンプは、弾性チャネルを通る圧送媒体の蠕動に基づきます。加圧ローラがチューブをトラックに押し付ける場所で変形が生じ、チューブの通路を閉めることによって液体の逆流を防止します。ローターの回転は、クランプ機構を動かし、クランプ機構と一緒にチューブの変形も移動します。






変形領域は、平坦化と直線化の2つのゾーンで構成されます。平坦化ゾーンでは、容積を減少させることによって、局所的な圧力の上昇が起こり、続いて液体がチューブに沿ってさらに押し出されます。同時に、直線化ゾーンでは、容積の増加のために、逆に、圧送される媒体で満たされる真空が生成されます。そのため、ホースまたはチューブには弾性、すなわち変形後の元の形状に復元する能力が要求されます。そうしなければ、チャネルの直線化が起こらず、液体のさらなるポンピングが不可能になります。回転子の回転およびローラとチューブとの繰り返しの接触は、周期的な変形を発生させ、それにより流体がポンプを介して圧送されます。






非標準的な構造と作動原理を有するチューブポンプは、他の油圧機械と比べて、いくつかの利点を持ち、その主な利点は次のとおりです。

  • 高い気密性
  • 金属と金属の接触がないこと
  • 媒体はポンプに破壊的な影響を及ぼさず、ポンプ自体は媒体に影響を与えない。摩耗する唯一の部分は管状要素である
  • せん断に敏感な媒体に損傷を与えない
  • メンテナンスと修理の容易さ
  • 最小のダウンタイムとメンテナンス時間、管状要素の交換は1分未満
  • 簡単な設置、メンテナンス、および清掃
  • 自吸性と「乾いた」作業の可能性
  • 破壊性またはガス状不純物の媒体を汲み出す能力
  • 供給の均一性と精度、逆モードで作業可能
  • 低騒音

チューブポンプの設計では、ポンプを通過する液体がチューブの内面のみに接触します。そのため、チューブポンプは高い密閉度が得られ、毒性、腐食性で爆発的な媒体を汲み出すことができます。また、作業条件は困難な条件ではないため、ポンプの残りの部品により安価な材料を利用することが可能になります。さらに、移送される液体中には、クランプ機構とチューブの接触潤滑剤が混入する可能性が完全に排除されます。

弾性チャネルの使用は、このタイプのポンプのいくつかの利点とつながります。第1に、ベアリング部分を除いて、チューブポンプ内には金属と金属との可動接触がないため、摩耗するゾーンの数が減少します。現代の材料を使用することにより、負荷が最も大きい要素であるホースやチューブの耐摩耗性が大幅に向上し、ポンプの全体的な信頼性を上げます。第2に、最も摩耗しやすい要素も最も簡単に交換可能です。チューブが故障した場合、短時間で交換することができます。第3に、チューブポンプは、いかなる異常もなしに、「乾燥」した状態、すなわち液体を最初に充填することなく、動作することができます。圧送される媒体の有無は、チューブと押圧部材との間の接触性質にほぼ影響を与えません。ポンプの動作原理は自吸性を与えるため、一部の型は9メートル以上の深さから液体を汲み上げることができます。

ピストン又は遠心ポンプと違い、チューブポンプでは、圧送液体が高圧に曝されない、高速度を発生せず、方向の急激な変化をしません。これにより、損傷してはならない破壊されやすい投入物を含む媒体を移動することができます。また、チューブポンプはガスを含む媒体と粘性液体を困難せずに圧送することが可能です。動作中に流れ脈動がほとんどないため、圧送される液体の正確な充填も可能になります。

チューブポンプの利点には、ローターを逆方向に回転させることにより媒体の移動の方向を変更する能力を含みます。また、弾性部材の使用のさらなる利点は、このポンプの低騒音性も含みます。

チューブポンプの欠点

この種のポンプの欠点は、ほとんどの利点と同様に弾性チューブまたはホースの使用に関連します。通路の弾性に対する要求は、その製造のために使用できる材料の選択を制限します。最も適したポリマーおよびゴムの仕様は、90-100℃以上の温度および15-16mPaを超える圧力での動作には向いていません。これは、もちろん、チューブポンプの大きな欠点であり、その使用の範囲を制限します。

また、このタイプのポンプの良好な耐摩耗性にもかかわらず、弾性要素は油圧機械の最も脆弱な部分であり、比較的頻繁な交換および監視を必要とします。しかし、ホースやチューブの交換は、別のタイプのポンプで金属製の作業要素を交換するよりもはるかに安いことに留意すべきです。

適用

チューブポンプの適用の分野は、その長所と短所から生じ、以下の最も一般的な用途を区別できます。

  • 食品産業と農業
  • 化学工業
  • 薬理学および医学
  • 実験設備
  • 建設と様々な生産

粘性と低粘性の媒体をその構造に損傷を与えずに圧送できるチューブポンプは、食品製造において極めて人気です。チューブポンプを使用して、さまざまなカラメル、ジャム、生地、濃縮物、ナッツ、ドライフルーツなどを含むペーストが汲み上げられます。この場合、重要なのは、外部環境およびポンプから圧送物質が汚染されないことです。農業や植物の栽培では、チューブポンプが野菜パルプ、ワインおよび沈殿物、血液、ひき肉、ジャガイモの廃棄物およびかすを汲み出すために使用されます。

化学工業では、チューブポンプがアルミニウムミョウバンとチョークの溶液を供給し、懸濁粒子ドレインを排出し、酸/アルカリ媒体を移送します。原子力発電所では、液体の放射性廃棄物を汲み出します。表面処理(エッチング、脱脂、亜鉛めっき)では、洗浄液、洗浄液、溶剤、冷却液、オイル、グリースなどのさまざまな化学物質を供給することができます。

このポンプは、白血球、赤血球および血小板という血液の素子に損傷を与えることなく血液を循環できるため、医学で幅広く使用されています。このようなポンプは、移植および外科手術に不可欠です。さらに、実験室のニーズに対して、生産性が低く、正確に充填できるチューブポンプのコンパクトなモデルが多数作成されています。

建設の要求に対して、高容量のポンプ型が使用され、様々な汚泥および汚染された水が汲み出され、建設混合物、接着剤、塗料などが供給されます。チューブポンプによる抽出液、沈殿槽の濡れた沈殿物、様々な乳化液および懸濁液の移動は、木材加工から原子力発電までのあらゆる生産において使用されます。

チューブポンプの選択

チューブポンプの生産性は、主として、クランプ機構によるホースの横断面および回転子速度に依存します。しかし、この数値は、圧送媒体の粘度および気体または固体介在物の無有などの特性に応じて調整することがあります。

同時に、チューブポンプの選択における最も重要なことは、チューブ/ホース材料の選択です。一般的には、チューブは耐性ポリマー、すなわちシリコーン、バイオプレン、ネオプレン、マープレンおよびフルオレルで作られます。チューブ材料の選択は、動作温度と許容圧力の限界値を大きく左右します。標準的な用途では、弾性要素を選択するさいに一般的な解決策が通常提供され、特定の媒体を圧送する状態でポンプの長期かつ信頼できる動作が保証されます。

チューブポンプには、流量計および充填機能、およびプログラムされた制御モジュールが追加装備され、指定された間隔で指定量の液体を移動させます。さらに、ホースとクランプ機構の接触部を潤滑することにより、ポンプにおける自吸量または追加の耐摩耗性などの特性を向上させます。

チューブポンプの使用特徴

  1. チューブ充填ポンプは、ほぼ無限に「乾燥」運転できるため、ドライランからの保護が必要ありません。従って、この場合にドライランニングセンサーが不要です。
  2. 理論上の自吸限界は1バール(10m)の大気圧に相当する液体柱です。一定の損失に起因する自吸式ポンプの実用的な吸引高さはより小さく、8.5と9 mの間です。3つの流体の比重が水よりかなり小さい場合、その流体の吸引高さは最低10メートルとします。10メートルの最高吸引高さは、空のタンクでのみ発生します。実際の吸引高さは、常にタンクの充填レベルと、乾燥吸引を行うレベルとの差です。吸引すると、ポンプは「上」にくみ上げます。この状態に達すると、その後、ポンプに向かって流れる液体はタンクから流れることになり、自吸の高さが低くなります。
  3. シリコーンおよびマープレン、我々の意見では指定された液体で安定した適切な材料からの柔軟な管状部材を提供します。顧客がそれを確認したい場合は、柔軟な管状要素のサンプルを取り入れ、そちらの媒体で現場でテストする必要があります。

LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)はロシアにおける貴社のチューブポンプの公式代理店となって、貴社の機器を買う顧客を提案し、技術的および商業的な交渉を行い、供給の契約を結びます。入札の場合、参加するために必要な資料をすべて収集し、機器の輸送のために必要な契約を締結し、税関登録および商品のその後のクリアランスを行い、通貨の支払いができるようにロシアの銀行に通貨管理の契約パスポートを登録します 。必要に応じて、当社は既存または新規に構築される生産プロジェクトにおいて貴社の機器を指定します。

LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、ロシアにおける高い信頼性と効率的なパートナーおよび代理店になることができると確信しています。

我々は 常に協力にオープンしているので、一緒に前進しましょう!

ご協力の問い合わせを英語でお送りください。

ポンプ設置