Together
to success
from_1997_year
"INTECH_GmbH"
English(int.) Русский Deutsch English(USA) English Español Français Italiano Português 日本語 简体中文

ロシアの工業企業に撹拌機(混合装置)を供給するディストリビューター(正式な代表者)

ロシアの LLC「インテックGmbH」(ООО「Интех ГмбХ」)エンジニアリング会社は、20年以上ロシア市場におけるロシアの様々な工業企業と協力しながら、莫大なエンジニアリングの経験を積み、市場で高い評価を得て、100以上の大規模なロシア産業プラントにおけるプロジェクトを実施してきました。当社は、ロシア市場を魅力的とし、地域での売り上げを増やし、その活動を拡大し、新しい国際的なレベルに到達したい投資家と新しいビジネスパートナーを常に探しております。

目次:

当社はロシアの工業プラントに自社製品を供給するために善意の公式代理店を探している撹拌機(混合装置)のメーカーと協力したいと思います。

当社の経営者と担当者は、ロシア市場の業界、顧客のやり方と考え方、金融経済活動の特徴をよく知っております。当社のすべての担当者は豊富な顧客ベースを持っており、成功した販売の豊かな経験と撹拌機(混合装置)の可能な買い手との確実なコネクションを持っているため、手早く興味を持っている分野を特定し、成長しているロシア市場への早いアクセスを提供できます。当社の担当者は、英語とドイツ語が話せ、国際市場における外国製機器の供給という仕事が得意です。

複雑で技術的な問題を解決する経験を持っているエンジニアリング専門家は、定期的にロシア顧客と会い、パートナーメーカーが行う最近の開発のプレゼンテーションに参加します。常にロシアの工場におけるすべての技術サービスと連絡を取り合い、技術的な問題を特定します。そのため、当社はロシア連邦における特徴と、プラントが装備する産業施設とその最も必要な改造をよく分かっております。

ロシアにおける撹拌機(混合装置)の公式代理店になって、当社の広告部門は市場調査を実施し、ロシアの企業の市場における貴社の撹拌機(混合装置)に対する需要を評価し、産業工場の市場の規模と能力を確定し、当社のIT専門家は貴社の製品についてロシア語で のウェブサイトを開発します。当社に属する専門家は貴社に提案される撹拌機(混合装置)が最終顧客の要求条件に適合性するかどうか分析し、新製品に対する市場の全体的な反応を分析し、潜在的な顧客のカテゴリを検討し、そのなかで最大かつ最も魅力的な会社を推選します。

ロシアにおける公式代理店になって、LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は必要に応じて、メーカーの機器の個別なロット、撹拌機(混合装置)の様々な種類をロシア基準により許認可申請を行い、危険な産業を含めて関税同盟(ロシア、カザフスタン、ベラルーシ、アルメニア、キルギスタン)のすべての工業企業で貴社の機器の使用を確保するTR TS 010およびTR TS証明を取得します。当社のロシア会社はロシアと関税同盟規格の国の要求条件に応じて撹拌機(混合装置)の登録証明書の取得も支援できます。

当社のエンジニアリング LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、様々な産業分野におけるロシアの設計機関と協力しているため、ロシアとCIS諸国の建築基準および規則に従って予備設計とその後の設計作業を実施することが可能となり、将来のプロジェクトで貴社の撹拌機(混合装置)を敷設する機会を与えてくれます。

当社は、必要な貨物の輸送、その梱包、荷積み、すべての適用な法的規制やロシア市場に出るために必要である要件に準拠し、DAPまたはDDP条件で顧客の倉庫に商品を輸送する専用の物流部門を持っています。

当社は、供給された設備据え付けと試運転、撹拌機(混合装置)の保証サービスおよびアフターサービスを行い、顧客の担当者の必要な訓練および教育を行う認定の専門家を持っています。

撹拌機(混合装置)の概要

懸濁剤、乳剤および固体の混合物は攪拌を用いて行われます。また、このプロセスは物質移動と熱伝達を向上させるために化学工業で使用されます。加えて、強力な混合は多くの連続的化学プロセスのために必要とされます。

混合および混合装置は、混合材料の物理的状態に応じていくつかの種類があります。化学反応と混合は別々または一緒に行われ、同じ場所で同時に行われることがあります。別々で行われる場合にミキサーが使用され、同時に混合と化学反応が行われる場合に撹拌付きの反応装置が使用されます。

プロセスが行われる環境によっては、混合(撹拌)のいくつかの種類があります。

  • 液体物質
  • 固体物質
  • 粒状物質
  • 生地状物質

化学技術には、異なる物理的状態の物質を混合する方法が広く使用されます。

  • 均質な溶液
  • 均一な不均質の乳剤混合物
  • 懸濁液
  • 粒状固体

撹拌物質の物理的状態および物理的特性、得られる混合物に対する要件によって混合方法が決定され、混合装置の構造タイプが決定されます。いずれの場合においても、混合装置の課題は最小限のエネルギー消費量と最大パフォーマンスで均質な混合物を製造することです。

業界における液体混合の最も一般的な方法は以下のとおりです。

  • 気泡
  • 振動・回転運動する機械的攪拌装置により混合
  • 静的乱流機器の流れに置くことによって混合
  • 遠心・ジェットポンプ機によって混合

いずれの方法でも、流体混合処理はその粒子を互いに移動させることです。攪拌機の回転に伴って発生する複雑な流体運動は、3つの方法で構成されます。

  • 半径方向(回転半径に沿って)
  • 接線方向(攪拌端が動く円の接線に沿って)
  • 軸方向(シャフト軸に沿って)

攪拌機の種類に応じて撹拌物質の運動要素比率が変化します。

2つ以上の物質を混合する場合、構成要素ができるだけ均一に分散された混合物を得ることが必要です。混合物中の物質が相互に分散しながら、化学的に接続しません。

混合工程の初期段階では成分が分別状態または僅かしか混合されていない状態にあります。長時間の攪拌後、相互分布が発生し、全体的に均一な分布をもたらします。






物質を混合する際に均質および不均質の混合物を得ることができます 。均質混合物は、成分が微細粒子(原子または分子)に分解しお互いに均一な分布が発生することを特徴とします。

均質混合物は下記が含まれます。

  • 塩液
  • 金属合金
  • ガス状物質とような混合物

不均質混合物は、特定の粒径を有する液滴または粉末の形の成分を含む特徴があります。この形状でお互いに分布します。これらは粉末、懸濁液、乳剤、スプレー剤等を含めます。

下記の混合物は業界で広く使用されます。

  • 2つ以上の成分を混合することにより中間および最終生成物を形成することです。脂肪、塗料や肥料の混合物を形成することです。
  • 混合によって化学反応のプレミックスを形成することです。
  • 混合によって混合物の反応を制御することです。任意の反応速度は、反応物質の接触面積の大きさによります。

物理的状態に応じて混合方法が下記の通りになります:

  • 可動混合の機械的回転要素により液体(二つ以上)攪拌混合、またはそれに気体、固体または液体の成分を溶解させる方法
  • 固定装着された分流器を使用してノズル、ポンプ、ミキサーによって気体、液体の分流混合方法
  • 混合される物質は流状またはペースト状の状態にある混練または混合方法
  • 粉末状の物質が乾燥またはわずかに湿った状態で乾燥混合の方法
  • 液体または微粉末画分が空気中に放出され、ミストやダストを形成するスプレー噴霧方法
  • 液体または固体粉末に微小気泡が発生する気泡化および流動化の方法。ガスと物質との間に最強接触を達成しなければなりません。
  • 攪拌機によって液体は混合または固体物質は懸濁液、溶液または乳剤を形成するように液体中に分散または溶解する機械的攪拌

攪拌装置

この容器は液体混合および液体反応のために化学工業で使用されています。混合は周囲条件下または最大温度150ºで行われます。容器はエナメル、ゴムコーティング、合金および非合金鋼で作られます。






このような容器の重要な要素は攪拌、すなわちその回転の機構、同様に取り付けられた温度計、圧力計などの測定器を含めます。

混合容器はフランジを備えたいくつかの開口部(ネック)が搭載した下凸形状の蓋と底を有する円筒形の容器です。

中央の支持フランジの上には、攪拌機とランプがあります。視覚的な確認のために窓が使用されることがあります。また、容器内に分流器は設置されます。攪拌機と一緒に成分を激しく混合します。分流器は典型的に2〜4枚が使用されます。タンク底部には通常、出口管が配置されます。撹拌機付き容器は、脚、グリッパまたは環状の支持体上に搭載されます。

高圧力で作動する攪拌機付き容器

高圧で不連続モードで起こる反応のためには、撹拌機付きオートクレーブと呼ばれる特殊な容器が使用されます。






攪拌機を備えた従来の容器からの主な違いは、壁、底、フランジ壁、吐出口が厚い要素を使用して設計されることです。高圧下で動作する容器は通常に排気管が搭載しません。

吐出は、ひっくり返しまたは蓋の口(吐出口)を介して吸引によって行われます。ペースト状の反応生成物は、シャベルやスクレーパーで除去されます。容器内の圧力は、圧力口を介して圧力導管を通って供給されます。この容器の製造に使用される材料は高強度鋼、ステンレスです。

混合に基づいた技術操作

混合は様々な技術的な課題を解決します。それは以下のとおりです。

  • 二つ以上の液体成分の混合
  • 液体物質中の固形分の溶解
  • 乳化(二つの不溶性の液体のお互いに微細分布)
  • 懸濁(液体中の不溶性固形物の微細分布)

混合は撹拌で行われ、単純で最も一般的な処理工程です。物質の大寸法片の再分配は、攪拌機の周囲の螺旋状循環とタンク内の全体内容の垂直流によって達成します。分流器ゾーンおよび攪拌機の端部には、小波と渦の乱流が形成することができます。成分が分子レベルで拡散により混合される渦は作成します。乱流の横方向の運動はまた、混合に寄与します。

混合度を評価するには、0〜1の範囲の程度の均一な分布を示すMインジケータが使用されます。混合がない場合M混合度は0で、理想的な均一な分布の場合に1になります。混合の時にM混合度は最初に非常に迅速に0から増加し、その後の成長が遅くなります。そして、混合時間の終了時にはMが1に近いです。






最適な混合を達成するために必要な混合時間は、ミキサの種類とその回転速度、成分の粘度に依存します。統一の規則は、混合された成分の粘度が低いほど撹拌速度が高くなり、混合時間が短くなります。

プロペラ、ディスクと傾斜板ミキサーは短い混合時間を特徴とします。粘性の物質の場合にはスパイラルミキサーが最適です。

解散

溶解プロセスは、液体中の固体の分布です。固体はこれによって原子、イオンまたは分子に分裂します。

このための条件は、溶解プロセスを特徴付ける液体中の固体の溶解度と呼ばれるパラメータです。流体中に物質の少量を添加することにより、その中に完全に溶解されます。その後に添加する場合に溶解が遅くなり、次いで固体が完全に溶解しなくなります。液体中の物質量が最大化されるとき、溶液が飽和します。

この溶液の濃度は飽和濃度と呼ばれます。その後に物質を添加しても溶解できなく、液体中に分散または沈殿します。

低温度より高温度で多くの固形物の可溶性が上がります。温度と飽和濃度の依存性は飽和溶解曲線で表示されます。






曲線のすべての点には飽和濃度が示され、すなわち、溶解および結晶化が平衡されています。溶解平衡が確立する速度は混合による増大します。混合によって濃度が増加しません。

分散、乳化

分散とは固体、液体またはガス状物質がこれらの物質を溶解しない液体中に粉砕と混合させることです。物質は微小粒子の形態で液体中に分散します。得られた混合物は分散と呼ばれます。

分散された物質の物理状態に応じて下記の種類に区別されます。

  • 乳化。分散材料が液体である場合、溶解しない液滴は別の液体に微細に分散された状態です。
  • 懸濁。分散材料は流体に溶解しない固体物質で、形成した混合物はエマルジョンまたは懸濁液と呼ばれます。

機械的混合

機械的混合は、ブレード対の一つ以上で構成された撹拌機で行われます。ブレードは、モータや駆動系(歯車、摩擦またはウォーム歯車が使用される)により回転されるシャフトに固定されます。

空気圧混合、液体および懸濁液のバブリング混合

混合タンク内の混合または循環は、空気、蒸気または溶解した気体を吹き込むことにより行うことができます。ここは、空気圧混合または空気圧撹拌について説明します。

この方法は、混合と一緒に曝気または熱蒸気加熱される場合に使用されます。空気圧混合には、低粘度のみの液体が適用します。高粘度の場合、自然循環ができません。

空気圧混合のタンクの底は、ガスが供給される穿孔ディスク、ノズル、噴射器またはパイプを有します。






液体の混合の一つの方法は、分散気相がそれらを通過させることです。このプロセスは、バブリングとそのために使用される装置がバブラと呼ばれ、この方法は最も簡単であり、攪拌物質の一つは気体または空気である場合に使用されます。

気泡のための装置は、複数の開口部を介して気相が供給される低部にあるパイプ搭載のタンクです。空気の上昇流は、空気速度の増加に伴って増加する流れが発生することにより、流体の粒子を同伴させます。バブラーは混合の均一性および強度を維持するために水平パイプのセットを備えます。

混合液体は化学的に活性で攪拌機の機械的破損を促進する場合は、バブリングを使用することをお勧めします。ただし、バブリングのときに液体から貴重な蒸気および気体を離脱させることによって、撹拌液の酸化や樹脂化などの望ましくないプロセスを引き起こします。バブリングは機械的攪拌より多くのエネルギーを消費します。

バブリング撹拌は下記の場合に適用されます。

  • 気体またはその成分は攪拌液と化学反応しなければならない場合
  • 液体と気体との間の物質移動において
  • 液体と蒸気との間の物質移動において

バブリング撹拌の利点下記の通りです。

  • 可動部分が無いこと
  • 装置の簡単さ
  • 分散状態の懸濁液の固体を維持しやすいこと

バブリング混合のエネルギー消費量

フリーバブリングのときに気体流は穿孔格子を通過し、開口部を出る際に気泡に分割します。気泡は泡端部に生じる真空および剪断応力の作用を介して液体を近い層に移動させながら、液体を前方および側へ押し出します。外部静水圧が低下し、バブルが上昇します。バブルのサイズが大きくなると、その球状の形状を失い、その軌道が垂直となります。

上記の過程は気泡合併と一緒に、上下混合強度を増加させます。気泡が装置の空間に入った後、液体が落下します。したがって、液体の混合と循環は気体から液体へのエネルギー移動(移動量)です。バブリングミキサーは、高流体層のタイプの装置が最も好ましいです。気体は攪拌液に伝達する仕事の量は、以下の式によって計算されます。

L = p1 · Vп · ln(p1/p0)

P1 - バブラの出口での散布気体圧
P0 - 撹拌層の出口での最終の気体圧
VN - バブリング気体の消費量

バブリング装置に重要な役割は、配管の直径の選択です。配管の直径が大きいほど、流れの乱流が低く、循環が高くなります。これらの要因の最適の組み合わせにより、撹拌が高強度になります。

不動タービュレータにより物質流れ攪拌

流れの人工的な乱流はパイプライン内の流体と気体を混合するために使用されます。パイプライン内には方向および流速の変化を制御する静的部品が設置されます。

  • 千鳥穴の半壁と振動板
  • スクリュー挿入
  • 注入ミキサー

千鳥穴の半壁と振動板を使用することによって流れ複数に収縮と拡張させ、流れの方向を変えます。スクリュー回転方向(左および右)交代のスクリュー挿入は流れを繰り返して異なる方向に旋回します。インジェクションミキサーはスクリュー挿入と組み合わせて使用されます​​。

液体循環混合

閉ループ内の物質の循環は効果的な混合を提供することができます。このプロセスは、局所タービュレータとして機能する遠心またはジェットポンプによって実現されます。

液体を循環混合させる方法は二つあります。異なる密度を持つ成分の液体で動作する大型機では、下層が遠心ポンプによって吸収されます。重い層はポンプと排出管を通過して、スプリンクラーを介して装置内の液面の表面上に供給する循環パイプに入ります。ポンプの性能が高くなると攪拌容積内の流体の循環が増加します。

攪拌機の分類(種類)、回転のメカニズム.説明と仕様

容器の内容物は攪拌機という特殊な装置によって混合されます。混合材料の粘度、混合の目的または混合時間は攪拌機の選択を決めます。

撹拌機は、ブレード構造が異なる四つのグループを分類できます。

  • プロペラ撹拌機は螺旋ブレードを用いる
  • パドル撹拌機はフラットブレードを用いる
  • 特殊な攪拌機およびタービン攪拌機もある

攪拌機の動作は、消費電力と混合効率によります。攪拌機の動作条件は、一般的な規則や式に表示されます。

混合は流体力学の点を見れば、それは流体の流れにより遺体の外部過去として記述することができます。任意の固体がゆっくりと粘性流体中を移動する場合は、境界層を形成する摩擦力だけを克服することになります。流れ圧力は境界層を介して伝達されます。速度は増加すると慣性の力が特定の値になります。界面層は固体表面から除去され、渦が発生します。平板は渦を形成しながら液体を移動するとき、同じ流れ条件における撹拌機のブレードの動作に似ます。

刃先の速度は通常最大(ブルネリ式)ですが、圧力は平板前の液体中より低いです。流れのブレードの差圧は撹拌軸の力で克服します。

ブレードが液体中に通常に深く配置するため、液面に対する波形成の重力の影響は通常に計算されません。したがって、フルードの基準は式から除外することができます。基準の典型的な値は、撹拌のときに流体移動に応じて変化します。

起動能力

起動時に流体慣性力を克服する必要があります。これは、液体を静止状態から運動させ、生じる摩擦力を克服するために必要とされます。

Nп = Nи · Nт

撹拌機の能力を計算するために、例えば、仕切りの壁、コイル等の追加の装置抵抗を考慮します。この追加抵抗は混合エネルギー消費量を増加させます。例えば、コイルがあると能力を倍以上に増加させることができます。

下記を注意することが重要です。

  • 流体物質の混合にはプロペラ、ディスク、または傾斜面などの高速攪拌機が最適です。
  • 中粘度を有する物質のためにアンカー、フレーム、交差、インペラ、ディスク、逆流式の攪拌機を用いて、より遅い攪拌にします。
  • 高粘度を有する物質のために低速回転のスパイラル攪拌機または平均回転速度のインペラが最適です。

攪拌機の主要部品

攪拌機構の主要構成要素は駆動部のモータとギアボックスおよび軸受、カップリングとシールからなる回転部です。モータは駆動ユニットの主要素で、通常に非同期三相かご形です。これは、駆動の要件を満たし、構造的に簡単で信頼性が高くて頻繁なメンテナンスを必要としません。非同期モータとして回転定数を有し、極反転することにより回転速度を切り替えます。周波数電子変更は、滑らかな速度制御をもたらします。

モータは、歯車列、ベルト伝動またはその組み合わせで稼働することができます。攪拌機の必要回転数と設置の高さによって駆動部構造が選択されます。

側に配置されたVベルト駆動とモータの駆動機構は、最小の実装高さを提供します。このような駆動は、すべての過負荷の下で順調なスタートと滑りを持っています。歯車駆動は一定の回転数を持っています。モータは、ギアボックスの上に配置される場合、かなりの設置高が必要とします。

接続には硬質、弾性、フランジまたはディスクの種々のカップリング使用されます。支持としてボルベアリング、シャフトのシールとしてカフまたは従来のシール(密封流体)が機能します。

撹拌装置の流圧

攪拌のときに攪拌機を備えた容器内で流れが互いに重なります。これらは水平方向と垂直方向に移動します。任意の攪拌機は周りにある程度の水平流を発生することができます。

攪拌機は回転するとその軸の近くに位置する液体が旋回流に引き込まれ、遠心力によって外方に投げられます。液体はタンクの回転中心から壁に螺旋状に移動します。分流器で乱流され、垂直流れから上下方向に移動されます。次の流体の垂直方向の流れは選択された攪拌機の種類に依存します。






半径インペラ(フレーム、ディスク)の場合、流体はタンクの壁に半径方向に流れます。

攪拌機軸の近くに液体の半径方向流れにより低圧が発生します。そのために上部および底部の流体が圧送されます。したがって、攪拌機容器には垂直流が発生し、流体が垂直に循環します。回転する物質の一部と、分流器部と攪拌機ディスク部における乱流に重なります。

軸攪拌機(プロペラ、螺旋)は、垂直方向に強い流れを提供します。

プロペラ型の攪拌機は羽根が容器の直径の約30%の幅を有し、中身は軸に沿って下へ吸引され、底部で折り返し、タンク周囲に再び上昇します。

ヘリカル撹拌機の直径は、容器の直径の90%です。液体は螺旋円に上昇し、撹拌軸に沿って落ちます。軸方向の撹拌機は軸周りに弱い旋回流を作成します。攪拌は垂直流によって行われます。

ある撹拌機(傾斜面、インペラ、逆流)は流れが半径と軸の両方の方向へ移動します。

低速撹拌機

低速機械的撹拌機は、インペラ、板、アンカーとアンカーインペラ攪拌機を含めます。






インペラ攪拌機

この装置は、鋼帯と鋼隅で作られるフラット形のブレード搭載の撹拌機の最も簡単なタイプです。垂直または角度で設置されます。

インペラ撹拌機は、垂直の矩形ブレードの一連が搭載されたシャフトです。標準寸法は以下のとおりです。

H/D = 0,8-1,3; d/D = 0,7-0,9; b/D = 0,06-0,1; h1/D = 0,1; h2/d = 2; h3/D = 0,3.

H – 装置内の液体の高さ
D – 装置の直径
D – 撹拌機の直径
B – ブレードの高さ
H1 – 装置底部から撹拌機までの距離
H2 – 縦板の高さ
H3 – 攪拌機の間の距離

高い装置では、シャフトにいくつかのブレード対が取り付けられます。これらのブレードは、90°の角度で互いに向かって回動され、0.3〜0.8 d距離で配置されます。そのような装置では、流体が一般的に半径方向に移動されます。動翼は液体を動かし、液体の自由表面が回転放物に近い形状になりす。液体の運動の軸方向成分は無視できます。

以下の対策が漏斗の過度深さを除去するために使用されます。

  • 回転ブレードの端部における周速度が1m/秒を超えないように
  • 装置の周辺に2-4フラット縦リブの設置
ミキサー種類 d/D b/d h1/D e/D f/D
0,5 0,9 – 1,0 0,1 - -
アンカー 0,9 – 0,98 0,5 – 0,9 0,01 – 0,05 0,06 -
アンカー ブレード 0,9 – 0,98 0,5 – 0,9 0,01 – 0,05 0,06 0,15

混合プロセスを改善するために、多くの場合、水平および垂直型の羽根を備えたフレーム攪拌機が使用されます。






このような撹拌機の下部水平ブレードは装置の底部の曲率半径に対応する曲率半径を有します。

フラットブレードはその回転軸の方向に特定の角度で配置される場合、追加の垂直方向流が発生します。その方向はブレードの傾斜角に依存します。

交差流れを作成して強力な混合を達するには撹拌機が反対方向に傾斜したいくつかのブレード対を備えます。撹拌機の壁には、同じ目的のために反射仕切るが取り付けられることがあります。

ブレード撹拌機は20-80回転/分の低回転速度を有します。特定の条件下では、速度を向上させることができます。ブレード撹拌機は角度付きブレードと反射仕切りを搭載する場合、物質のより広い範囲を溶解し懸濁することが可能です。

ブレード撹拌機は、構造で比較的単純であり、その製造に必要なコストが比較的に低いです。

板撹拌機

板撹拌機は高ブレードの特徴付けられる混合装置です。これらの装置は常に反射リブを備えた装置で使用され、流体の大容量を回転させます。混合プロセスの強度は、ブレードに穴を作ることによって向上させることができます。板撹拌機は、低粘度の液体(50 Pa·s)のために使用され、懸濁液を攪拌するできません。

アンカー攪拌機

アンカー攪拌機、攪拌材料は基本的に接線方向の運動を行います。このタイプの装置は、100Pa・s以上の粘度を有する物質を使用します。アンカー撹拌機には反射リブが撹拌上方に配置されます。それらの周速は、板攪拌機の速度に対応し、1M /sを超えません。

攪拌時に容器壁と底部から堆積物を除去し、または媒体と壁の間に熱交換を向上させる必要がある場合、アンカー撹拌機が使用されます。






プラネタリー攪拌機

大径の容器内の液体をよく攪拌するには、プラネタリー攪拌機が使用されます。遊星型撹拌機はその軸回りに回転し、装置の中心軸回りも回転します。ブレード撹拌機の移動は複雑で液体の強力な混合を提供します。撹拌機におけるシャフトの数はシングル、ダブル、トリプルのタイプを決定します。






シャフトの下端にキャリア(3)が固定されます。キャリアは、シャフトの他端のベアリング(4)における自由回転します。それは、順番に、ホイール(2)に噛合される歯車(5)と堅固に接続されます。同じシャフトにブレード(6)が取り付けられます。

高速撹拌機

プロペラ攪拌機は、粘度が10 Pa・sを超えない液体のために広く使用されます。この装置の周速度は10 m/sに達します。ブレードは主作動要素で、その数は2〜6個です。これらはシャフトに接続され、角度を変更することができます。プロペラ攪拌機の外見は船のスクリュープロペラや飛行機のプロペラ機のように見えます。攪拌機は電動モータに接続されたシャフトに固定されます。攪拌機を回転させることにより媒体の半径方向および軸方向の動きを生じて循環流が形成されます。攪拌装置の重要な特性は、時間単位当たりの循環液(ポンピング効果、VM)の体積です。この指標は物質の粘度に依存し、粘度の増加に伴って減少します。






高速機械的撹拌機

物質の回転時に生じる装置の中央部の漏斗は反射リブによって除去されます。流体のポンピング効果および軸方向の動きは(アキシャルポンプの類似装置になるように)同軸シリンダ内部に攪拌機を配置することによって増加させることができます。

プロペラ撹拌機の標準サイズは次のとおりです。

d/D = 0,15-0,4; s/d = 1-2; h2/D = 0,8-1,6; h1/d = 1,2-2,0.

D – 装置の直径
D – 撹拌機の直径
H1 – 装置の底部から撹拌機までの距離
H2 – 縦板の高さ
S – らせんピッチ

撹拌物質が高い体積の場合、いくつかのプロペラがシャフトに搭載されます。プロペラとの間の隙間に、吸気および排出の2つの流れの対移動により特に強力な混合が発生します。

プロペラ撹拌機

このタイプの撹拌機は混合中の流体を強く循環させるために使用されます。






スクリュー直径は混合に使用する装置の直径の1/3〜1/4です。スクリューは右の時計回りの回転と左の反時計回りの2種類があります。ピッチは一定または可変とすることができます。

可変ピッチのスクリュー(プロペラ)はスクリューの作用のゾーンのみにおいて回転し集中的に混合させます。液体を撹拌するとき、一定のピッチを有するプロペラを備えた撹拌機を使用した方がよいです。このようなプロペラ(船のスクリュープロペラのよう)は液体流の異なる方向と容器の底部または自由表面との衝突の瞬間の運動の異なる速度によって液体を強力に攪拌します。

流体の循環を向上させるために、プロペラがディフューザ(円筒の形でシリンダー)に設置されてもよいです。ディフューザは、チューブまたはコイルを有する直径と高さの割合が大きい装置に使用されます。

流体分布の全体の高さでより強力な混合のためには、いくつかのスクリューとコイル形態のディフューザを有するプロペラ型撹拌機が使用されます。コイルの巻きが互いに接触します。このようなディフューザは混合の温度モードを簡単に調整することができます。






プロペラ攪拌機は毎分400〜1750回転の速度で回転します。粘性流体(500センチポアズ以上)、懸濁液、発泡液体の混合時に、攪拌機は150〜400 RPMの速度で回転しなければなりません。プロペラ攪拌機は4000センチポアズまでの粘度を有する液体を混合するプロセスで使用することができるが、そのような撹拌の効率が低いです。

プロペラが比較的小さい寸法を持つため、このような攪拌機は小寸法の装置に搭載されます。容積装置には混合プロセスを促進し強化するためにプロペラを機械軸(10〜15º)の角度で取り付けられます。

プロペラ攪拌機は簡単な構造、安価製造、高速かつ動作時に低電力消費という利点があります。

化学工業では、この撹拌機は低粘度の流体を混合する際に乳剤を調製する工程において、ならびに10%未満の固形分を含有する溶液の沈殿再懸濁のために使用されます。

粘性流体には、回転中に管壁に大量に付着した物質を除去できるベルトインペラが最適です。






乳剤を調製するために、ロッドに搭載された穿孔穴を有する振動ディスクのセットからなる別の装置を使用します。隣接する開口部の縁部は反対方向に曲げられます。したがって、液体は振動の結果として繰り返して二方向に穴を通過して混合し、小滴に分割されます。

プロペラ攪拌機が使用される場合:

  • 低粘度乳剤の攪拌およびの形成
  • 溶解と化学変換の過程
  • 微細な懸濁液を得るために(固体寸法0.5mm以下、濃度8〜10%)
  • 液体中の気体を分散させるために

タービン攪拌機

タービン攪拌機はまた、フリートであり、水平ディスク又はハブに半径方向に取り付けられた縦長方形のブレードの組から成ります。インペラは、真空の中心に回転するときに作成され、過剰圧力の周囲にあります。ホイールの中心部分を浸し上部と下部:装置の壁への滴下液体は、2つのストリームに分岐します。したがって、液体の混合を高める2つの循環流があります。高粘度物質、あまり激しい混合プロセス。

タービン攪拌機は反射リブが装備されます。インペラは同軸のチューブ内に取り付けられてもよいし、ブレードはシャフトの軸に対して45°Cに配置されてもよいです。このタイプの撹拌機は、その粘度指数100Pa・s未満である物質で動作します(粘度はもっと高い場合、螺旋状または円形に湾曲したブレードを使用する必要がある)。

タービン攪拌機の標準サイズは次のとおりです。

d/D = 0,7-0,35; b/d = 0,2-0,3; d/b = 1,0; h1/D = 0,5-1,0

D - 装置の直径
D - 撹拌機の直径
B - ブレードの高さ
H1 - 装置の底部から撹拌機までの距離
S – らせんピッチ

タービン攪拌機は液体中に液体と気体を分散させるため、または10Pa・s以上の粘度を有する物質を混合するために積極的に使用されます。

装置の直径に対する液体層の高さの割合が2つ(H/ D>2)を超える場合、シャフトにはいくつかのタービン撹拌機が取り付けられます。粘度の高い液体には下記の装置が適用されます。

  • スクリュー装置(μ=500 Pa・S、d/ D=0.65、s/d =1.4)
  • ベルト装置(μ=3,000 Pa・S、d/ D=0.94、s/d =1.1、s - ベルト幅B=0.1Dにおける螺旋ピッチ)

一般的に、タービン撹拌機は、垂直型軸に固定された複数の小タービン(遠心ホイール)を含みます。各タービンは6〜16ブレード以上が搭載されます。閉型タービンは回転し、内部チャネルを介して遠心力で引っ張られる中央開口部を介して液体を吸引します。

タービン攪拌機は滑らかに液体の運動の方向を垂直から半径方向に変えます。流れの運動エネルギーの損失は軽微なものがあります。液体の流れはホイールを高速で出て多数の方向に移動することによって液体の強い撹拌を引き起こします。






タービン攪拌機はプロペラより高価です。攪拌液が高粘度を有する場合、または混合容器は特定の形状を有する場合、プロペラ攪拌機の代わりに使用されます。例えば、容器の高さが小さすぎるとプロペラ攪拌機を設置することはできません。

タービン型の攪拌機が使用される場合は以下のとおりです。

  • 200ポアズの最大粘度を有する液体を混合するため
  • 強い混合のため、ならびに大量の流体を分散させるため(6立方メートルまで)
  • 25ミリメートル以内の大きな固体粒子の懸濁液を混合するため
  • 固相が最大60%を含む沈殿を再懸濁するため

一緒に使用される装置:

  • ガイド装置(分散用)
  • バブラー(気体および液体の相互作用の場合)

特殊な撹拌機

一般型の攪拌機に加えて特殊な構造を持つ撹拌機も使用されます。

乳液または懸濁液を成形するために、ならびに気体と液体との間の反応を調製するためにドラムミキサーを使用することが望ましいです。このミキサーはブレードを備えたドラムが搭載されます。






このタイプのミキサーは次の割合で液体を十分に撹拌します。

  • ドラム直径と高さの比2:3
  • ドラム直径と容器直径の比1:4〜1:6

乳液は懸濁液の調整するために、容器中の充填高さはドラム直径の十倍にします。気体と液体を混合する過程ははるかに高さ容器を必要とします。

その他の機器

LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)はロシアにおける貴社の撹拌機(混合装置)の公式代理店となって、貴社の機器を買う顧客を提案し、技術的および商業的な交渉を行い、供給の契約を結びます。入札の場合、参加するために必要な資料をすべて収集し、機器の輸送のために必要な契約を締結し、税関登録および商品のその後のクリアランスを行い、通貨の支払いができるようにロシアの銀行に通貨管理の契約パスポートを登録します 。必要に応じて、当社は既存または新規に構築される生産プロジェクトにおいて貴社の機器を指定します。

LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、ロシアにおける高い信頼性と効率的なパートナーおよび代理店になることができると確信しています。

我々は 常に協力にオープンしているので、一緒に前進しましょう!