Together
to success
from_1997_year
"INTECH_GmbH"
English(int.) Русский Deutsch English(USA) English Español Français Italiano Português 日本語 简体中文

ポンプ設備

ロシアの LLC「インテックGmbH」(ООО「Интех ГмбХ」)エンジニアリング会社は、20年以上ロシア市場におけるロシアの様々な工業企業と協力しながら、莫大なエンジニアリングの経験を積み、市場で高い評価を得て、100以上の大規模なロシア産業プラントにおけるプロジェクトを実施してきました。当社は、ロシア市場を魅力的とし、地域での売り上げを増やし、その活動を拡大し、新しい国際的なレベルに到達したい投資家と新しいビジネスパートナーを常に探しております。

当社はロシアの工業プラントに自社製品を供給するために善意の公式代理店を探しているポンプ設備のメーカーと協力したいと思います。

当社の経営者と担当者は、ロシア市場の業界、顧客のやり方と考え方、金融経済活動の特徴をよく知っております。当社のすべての担当者は豊富な顧客ベースを持っており、成功した販売の豊かな経験とポンプ設備の可能な買い手との確実なコネクションを持っているため、手早く興味を持っている分野を特定し、成長しているロシア市場への早いアクセスを提供できます。当社の担当者は、英語とドイツ語が話せ、国際市場における外国製機器の供給という仕事が得意です。

複雑で技術的な問題を解決する経験を持っているエンジニアリング専門家は、定期的にロシア顧客と会い、パートナーメーカーが行う最近の開発のプレゼンテーションに参加します。常にロシアの工場におけるすべての技術サービスと連絡を取り合い、技術的な問題を特定します。そのため、当社はロシア連邦における特徴と、プラントが装備する産業施設とその最も必要な改造をよく分かっております。

ロシアにおけるポンプ設備の公式代理店になって、当社の広告部門は市場調査を実施し、ロシアの企業の市場における貴社のポンプ設備に対する需要を評価し、産業工場の市場の規模と能力を確定し、当社のIT専門家は貴社の製品についてロシア語で のウェブサイトを開発します。当社に属する専門家は貴社に提案されるポンプ設備が最終顧客の要求条件に適合性するかどうか分析し、新製品に対する市場の全体的な反応を分析し、潜在的な顧客のカテゴリを検討し、そのなかで最大かつ最も魅力的な会社を推選します。

ロシアにおける公式代理店になって、LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は必要に応じて、メーカーの機器の個別なロット、ポンプ装置の様々な種類をロシア基準により許認可申請を行い、危険な産業を含めて関税同盟(ロシア、カザフスタン、ベラルーシ、アルメニア、キルギスタン)のすべての工業企業で貴社の機器の使用を確保するTR TS 010およびTR TS証明を取得します。当社のロシア会社はロシアと関税同盟規格の国の要求条件に応じてポンプ設備の登録証明書の取得も支援できます。

当社のエンジニアリング LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、様々な産業分野におけるロシアの設計機関と協力しているため、ロシアとCIS諸国の建築基準および規則に従って予備設計とその後の設計作業を実施することが可能となり、将来のプロジェクトで貴社のポンプ設備を敷設する機会を与えてくれます。

当社は、必要な貨物の輸送、その梱包、荷積み、すべての適用な法的規制やロシア市場に出るために必要である要件に準拠し、DAPまたはDDP条件で顧客の倉庫に商品を輸送する専用の物流部門を持っています。 当社は、供給された設備据え付けと試運転、ポンプ設備の保証サービスおよびアフターサービスを行い、顧客の担当者の必要な訓練および教育を行う認定の専門家を持っています。

掘削ポンプ     ブースターポンプ   工業用ファン    縦型ポンプ   スクリューポンプ   渦流ポンプ   水輪真空ポンプ   気密ポンプ   油圧計算   水平型ポンプ   土砂ポンプ   計量ポンプ(ダイアフラムポンプ)    ポンプステーション   ピトー管を備えたポンプ   石油ポンプ   チューブポンプ   空気圧ポンプ   水中ポンプ(半水中ポンプ)   ピストン(プランジャー)ポンプ    軸流ポンプ   ロータリーポンプ   自吸式ポン   ジェットポンプ   ターボ分子ポンプ    ケミカルポンプ    遠心ポンプ    スクリューポンプ   歯車ポンプ(ギアポンプ)  

ポンプの一般的な分類(ポンプ設備)

ポンプとは、気体と固体の一定の含有量を有する液体を含む種々な流体媒体を密閉空間に圧送、移送、供給、循環させるために、またドライブとして機械的動力を流体を介して機械に伝達するために使用される油圧機械です。 ポンプへの主な要件は、高効率、信頼性の高い性能、軽量でコンパクトなのサイズ、容易なメンテナンス、各部の容易な設置と解体、経済性と低コストです。 作動室のタイプによって容積または動的ポンプがあります。 容積ポンプにおいて、液体媒体は作動室の容積を周期的に変化させることによって移送されます。 容積ポンプには下記のタイプが含まれます。

  • レシプロ(ピストン、プランジャー、ダイアフラム)
  • ウィングド
  • ロータリー(回転、ターンなど)

容積型ポンプは次のように分類されます。

  • 作業機関の動きの性質によって
  • ポンプの駆動リンクの動きの性質によって
  • 流体移送の方向によって
  • 作業機関の種類によって
  • 作業機関への伝達の種類によって

動的ポンプ内の流体は作動室内の力によって移動されます。 動的ポンプには下記のタイプが含まれます。

  1. ベレード式(遠心および軸方向)
  2. 電磁気式
  3. 摩擦式(ボルテックス、ジェット、ねじ、振動など)

動的ポンプは次のように分類されます。

  • 液体に作用する力の種類によって
  • 液体媒体の移動方向によって
  • 排出の種類によって
  • 羽根車の設計によって

体積及び動的ポンプは、サイズ、容量、設置場所、段数、流路数、ポンプの位置、動作要件、作業機関の回転又は運動の方向、支持体の構造、作業機関の位置、コネクタハウジングの設計およびタイプ、液体の入口の位置、吸収の条件、環境との相互作用、温度設定が含まれます。 実際には、ポンプを選ぶときに、その用途、業界での使用、圧送される液状媒体の種類によって分類されます。

様々なタイプおよび有害な液体媒体を圧送するポンプを選択する場合、対応する材料から、表示される記号によってポンプを選択する必要があります。

材料:
炭素鋼クロムメッキ鋳鉄
青銅クロムニッケルシリコン鋼
鋳鉄(灰色の鋳鉄を含む)ニッケル基合金
グラファイトプラスチック
クロム鋳鉄またはクロム鋼ゴムコーティング
クロムンニッケルモリブデン鋼チタンおよびその合金
クロムンニッケルモリブデン銅鋼セラミックス、磁器
クロムニッケル鋼アルミニウム合金

ポンプの目的とその基本パラメータ

今まで、ポンプは水のみの収集、圧送および供給に主に使用されていたが、今の各業界は、さまざまな設計のポンプおよびポンプシステムを使用しています。最初のポンプが発明され、主に消火用に使用されました。

20世紀には、産業の開発が加速し、水だけでなく、物理化学的性質や特性の異なる他の液状物質、特に石油や石油製品も輸送する必要が生じたため、ポンプ装置の設計者に新しい要件が課せられました。今でも石油パイプラインの建設はどこでも継続しており、その長さは数十ではなく数千キロメートルで測定されています。 ポンプは、建設の様々なニーズのために広く使用されています。建物の基礎の敷設と排水設計時に、地下水を揚水、一時的な水の供給、消防などです。ポンプは、コンクリートやセメントの輸送、ゆるやかな土壌を強化するための特別な化学活性化合物の供給、道路の散水、コンクリートの湿潤、砂利材料の洗浄などの補助的な処理を行う手段として使用されます。 現在のポンプおよび液圧機械は、様々な媒体を必要な長さと要望の高さに圧力の作用の下で移動し供給でき、圧送される流体の駆動エネルギーを運動エネルギーに変換することによって、閉じたシステムにおいて流体の循環を維持できます。

ポンプ装置を選択する際に構造的特徴と下記のような主なパラメータを参考する必要があります。

  • 効率係数は、ドライブ容量、圧力および液体供給量の変更時の作動の効率を決めます。ポンプ装置の運転中に発生するすべての油圧、機械および容積損失を考慮して計算されます。
  • 駆動モーターの電力(kW)は必然的な損失を考慮して、必要な圧力を作成するための電力です。
  • 圧力(M)は、固定された初期レベルより上の液柱の高さで、吸引から吐出までの流体のエネルギーの増加に対応します。
  • 送り速度(m³/hまたはl/s)は、単位時間あたりに圧力パイプに入る液体の容積です。

ポンプの効率係数

機械の効率係数は、運転中のドライブの消費電力に対する有用な生産能力の比として計算されます。エネルギー移動が損失なく行われる駆動装置はまだ開発されていないため、効率係数の値が決して100%になりません。

効率のゼロ値は、機械が作動しているが、排出弁が閉められ、圧力が増加しても液体が供給されない場合に得られます。または、弁が開いていて、液体が移動するが、システム内に圧力がないときです。

いいかえれば、ポンプの効率はその動作モードに依存して変化します。ポンプの効率はサイズとデザインの特徴によって大幅に異なります。

例えば、ローターを備えたポンプの効率値は80%に達します。現在の大型ポンプの効率値は最大負荷で90-92%、小型ポンプは60-80%です。

ポンプの効率を計算する際には、駆動エネルギーがポンプ圧送される液体に伝達されるときに発生するすべての損失を考慮する必要があります。それらは、機械的、油圧的、容積的なタイプ分けることができます。

油圧損失は、渦損失と、流体を導く表面との摩擦による損失です。パイプ断面が突然膨張した場合、流れが急に曲がった場合、またはポンプが最大許容値から突然に落ちた場合、渦損失が発生します。

摩擦損失は流体流の平均速度の2乗に比例し、流れシステムの壁の寸法および不均一性の存在に大きく依存します。機械的損失とは、回転部分(インペラおよびシャフト)が流体と摩擦することによって生じるディスク損失およびシールベアリングにおける摩擦損失です。

容積損失は、インペラとポンプケーシングの固定部分との間の隙間のせい、圧送するためにエネルギーが既に消費された液体の一部が出口弁に流れず、吸込み管に戻るときに生じます。

ポンプ用モーターの種類

ポンプを稼働するために、風力、水力、熱力、ガス、電気などの様々な機械的モーターが使用されます。

ポンプのモーターは、以下に従って選択されます。

  • ポンプの種類
  • ポンプに接続する方法
  • 利用可能なエネルギーの種類
  • 必要な電力消費量
  • 経済的要因

電気は常に優先されます。電動機は、他のモーターよりも常に優先され、ポンプ設備の制御で簡単に自動化されます。

電気がない場合、または燃料、ガスまたは蒸気の安価なエネルギー供給源がある場合は、蒸気機関またはその他の推進装置が使用されます。

ポンピングユニットの停電時に中断されない動作を保証するために、電気駆動装置と並列に、異なるタイプのエネルギー、多くの場合は蒸気を用いてバックアップ駆動装置が設置されます。

自律移動式ポンプ装置の場合、ガソリン、ディーゼル燃料または液化ガスで作動する内燃機関がポンプ駆動装置として使用されます。

定期的に使用される少量の液体や小さな低出力のポンプ設置は、手動駆動モードを備えます。

ポンプとエンジンの分類

ポンプ装置は、作業するエネルギーのタイプに応じて3つのグループに分けられます。
  1. 機械的エネルギー(ピストン/回転/ねじ/遠心/プロペラ)から動作するポンプ。このポンプの統一因子は、それらの可逆性、いわゆる油圧駆動装置として機能する能力です。この装置の動作原理と内部構造は大きく異なります。
  2. 液体が圧力の下で装置の作動要素に供給される(ジェットおよびバッティング)ことによって生成されるエネルギーに作用するポンプ。
  3. 別々の設備(ハンフリーポンプ/エアリフト/スチームインジェクタ/パルスメーター/ブローケース)によって生成される圧縮蒸気、ガス、空気からのエネルギーで動作するポンプ。

キャビテーション現象、ポンプのキャビテーション

ポンプシステムの動作が低圧、高温流体圧送の条件下で稼働する場合、又は許容吸引高さを超えた場合、ポンプ内の固有振動、クラックル、ヒス及び他のノイズを伴うキャビテーション現象が発生し、ポンプの作業インペラの急速な劣化につながります。

パイプラインのいくつかの部分の圧送流体では、流れの圧力が臨界圧力に低下し、液体によって放出される蒸気およびガスの複数の気泡が連続的な流れで形成され、真空の作用下で大きな気泡に膨張します。そして、臨界圧力以上の領域に入って気泡が爆発し、結露の結果として完全に消滅します。気泡の崩壊は非常に迅速に起こり、浸食につながる油圧ショックを伴い、ポンプ装置の作業部の表面を機械的に破壊し、運転を困難にします。

キャビテーションの発生を防止するために、各ポンプにはキャビテーション特性が計算されます。

ポンプシステムの流動部分におけるキャビテーションを防止するために、全体的および局所的減圧の原因を考慮することができますが、キャビテーションを低減し、完全に防止するための信頼性の高い方法は、ポンプの位置の測地学的計算、および適切な吸い上げ高さと圧送液体の温度の選択を最適化することです。計算された値と比較して吸引高さを減少させるか最低水位を増加させることにより、キャビテーションなしで確実かつ連続的な動作を保証する一定の余裕を作成することが可能です。

ポンプの比較

ポンプの種類 液体を移送する方法 利点 欠点
動的式 力を加えることによって流体を動かす 耐久性、信頼性、高品質 均質な液体の移動に適する
容積式 チャンバーの作業容積を変化させることによって流体を移動させる、または液体の一部を圧力水道に機械的に移動させることによって流体を移動させる。 圧送液体の構造を破壊しない、 高圧力、 異なる汚染度の粘性媒体を分配する能力 特別なメンテナンスが必要、 圧送される液体の物理化学的性質に弱い
蠕動式 主要な作用要素は、柔軟な多層エラストマー製スリーブ。ポンプモーターは、ポンプスリーブをクランプするシューローラーを用いてシャフトを回転させ、スリーブ内の液体を動かす。 シンプルな構造、メカニカルシールの不在、簡単な操作、ドライランニングも対応、作業室は潤滑液体で満たされ、ポンプは動作中に加熱しない、 9メートルまでの深さからの液体の自己吸収、 さまざまな有害な製品および繊維と研磨剤を含む製品を圧送する 比例的な供給、ポンプは充填できる 圧送の方向を変える能力 運転中の油圧衝撃、自由出口が好ましい スリーブの摩耗 高いコスト
内部噛合いの歯車式 被駆動ギヤがより大きい直径の駆動ギヤの内部にあり、三日月形のスチールで支持されるギヤポンプの変形である。この設計は、歯車が回転するときにより大きい変位容積を有するので、内歯車を備えた充填ポンプは吸引効果を有する。 簡単な操作 高圧力 粘性液体と高温液体を送る能力 チャンバーがいっぱいになっても液体を吸引できる 圧送の方向を変える能力 低コスト 圧送液体の構造を破壊し、懸濁液を破壊する ドライ作動は致命的
外部噛合いの歯車式 独立した駆動装置で互いに連結された歯車の空洞内の容積の変化によって引き起こされる強制変位に基づく最も単純なタイプ。液体で作動室および歯車の材料を浸すことが必要。 簡単な操作 高圧力 粘性液体と高温液体を送る能力 圧送の方向を変える能力 低コスト 自己吸収がない ドライ作動は致命的 圧送液体の構造を破壊し、懸濁液を破壊する 介在物を含まない粘性液体のみを圧送する
ロータリー 固定ハウジングに入ったローター、カム、スクリュー、くさび、ブレードなどの部品が動いて、液体を移動させる 入口、吸入弁および排出弁が不要 摩耗部品は交換が必要
カム式 流体は2つの独立したローターを回転させることによってポンプチャンバ内を移動する 摩耗部品を装着しない 粘性液体および懸濁液の構造を乱すことなく、および固体封入物を破壊することなく、非常に繊細で完全に無菌の圧送 ポンプ内の流体経路が最適で、作動室は媒体が蓄積する空洞を有しない ポンプ出口でのスムーズな流れ カムの回転速度が遅く、作業中に騒音や振動がない 圧送の方向を変える能力 低い運転コスト 高いコスト
スクリュー式 スクリュー型の金属ローターがエラストマー製のステータホルダ内で回転すると、作動室の空間の容積が変化し、流体がポンプ軸に沿って移動し、空間内に吸引作用が生じる 簡潔な操作とシンプルな構造 9メートルまでの深さからの液体の自己吸収 さまざまな有害な製品および繊維と研磨剤を含む製品を圧送する 比例的な供給、ポンプは充填できる 出口で滑らかな流れ 圧送の方向を変える能力 ドライランニングで長時間作動することができない ステーターの摩耗
インペラ式 弾性材料のブレードを備えたインペラは偏心ハウジング内で回転し、ブレードが曲がり、ポンプから液体を吐出する シンプルな構造 簡単な操作 ドライも含めて最大5メートルの深さから液体を上昇させる能力 粘性流体および介在物を含む懸濁液を圧送する能力 圧送方向を変える能力 低コスト 摩耗部品は交換が必要 長時間のドライ作動はインペラに有害 エラストマーの種類に応じて、特定の攻撃性の液体媒体を移送する制限 エラストマーの種類に応じて、圧送媒体の温度に対する制限。

遠心ポンプ

遠心ポンプは、本体、インペラ、吸排管、シール、ベアリングから構成されています。インペラの回転によって伝達される遠心力下でハウジングに水を満たした後、中央から端部に流される水がパイプラインに圧送されます。中央に形成された真空が吸収を引き起こします。液体は連続流でポンプに供給されます。

高圧を得るために、直列に接続された複数の単段ポンプである多段ポンプが使用されます。

タービンポンプには、水が螺旋チャンバーに運ばれる追加のガイド装置があります。 遠心ポンプは、運転条件の要求に応じて、様々な用途、寸法、強度、耐食性、部品の材料、製造および組立技術で製造されます。

遠心ポンプの最も重要な部分は、ポンプの回転軸から流体を移送するインペラです。インペラは、通常、鋳鉄、銅またはスチール製です。鉛、エボナイト、セラミックス、ゴムおよび一部のプラスチックは、腐食性および攻撃性の液体を圧送するために設計されたポンプのインペラを作るために使用されます。このポンプは、寿命を延長するために耐性のある研磨材で作られた交換可能な保護ディスクで装備されることがあります。

インペラの鋳造は、内部通路が手作業で容易に加工できず、ポンプのキャビテーションの安定性および効率が主にインペラの作業面の加工品質に依存するため、可能な限り高純度にしなければなりません。この意味で青銅製のインペラが最も好ましいです。このインペラは80m/sまでの円周速度を達成でき、鋳鉄製のインペラの場合、強度の制限で許容周速度が50m/sを超えません。

インペラの流れ部分の寸法は、流体力学的計算によって決定されます。

設計では、オープンブレードを備えたインペラ、セミオープン、クローズド、アキシャルタイプ、片面および両面の水注入口を備えたインペラがあります。ブレードは空間的または円筒形があります。非常に汚染された液体を圧送するポンプには、2〜4枚のブレード数のインペラが使用されます。遠心ポンプの場合、インペラには6〜8枚のブレードがよくあります。アキシャル型ポンプのインペラは、パドルブレードが固定されたブッシュです。

遠心ポンプの特性

ポンプには理論的および実験的特性があります。理論的特性は、ポンプの今後の運転条件にも基づいた基本式を使って計算されます。このアプローチでは、すべての要素を考慮に入れるのが難しいため、遠心ポンプの主要パラメータの正確な比率は、完成したポンプまたはその実験モデルのテストで決定されます。特性とは、垂直軸の座標で表示されたフル圧力H、効率ηおよび電力消費量Nと、ポンプ装置の工場ベンチテストの結果として水平軸の座標で表示された性能Qの依存曲線を意味します。

製造工場では、その特性を得るためにポンプを試験するために、必要な測定機器を備えたスタンドに設置される特別な試験ステーションが使用されます。運転条件によって特性が大きく変わるポンプや大型のポンプの場合は、試験が設置現場で行われることがあります。

ポンプの圧力と性能のパラメータを確定する前に、バルブを調整して一定の圧力を設定する必要があります。そのために効率値は計算されます。得られた全てのパラメータは、設定スケール上の座標系に入力されます。試験で得られたすべての点を滑らかな曲線で繋ぐことにより、特性線ができます。

インペラの数によって:

  1. シングルステージ(シングルインペラ)
  2. 多段階(複数のインペラ)

給水の種類によって:

  1. 一面給水
  2. 両面給水

シャフトの位置によって:

  1. 水平軸
  2. 垂直軸

圧送される液体の性質によって:

  1. 水道水(水)
  2. 糞便
  3. 土砂(土砂吸引)
  4. 酸性
  5. その他

用途によって

  1. 汎用
  2. 鉱山
  3. アルテシアン(井戸用)

遠心ポンプの産業応用

遠心ポンプおよび遠心ポンプが構成に入る遠心システムは、任意の粘度の最も広い範囲の液体を圧送するために使用されます。それは、高感度で化学的に有害な物質、腐食性および研磨性、揮発性、火災危険性および爆発性の物質、ならびに固体粒子を含む液体です。

このタイプの化学ポンプおよび食品用設備は、その容易な使用、高い効率および実用性、低い運転コストのため、現在非常にポピュラーになり、広範な産業において使用されます。

食品産業では、遠心食品ポンプは衛生的で耐性を持っているため、 様々なペースト、ミルク、クリームなどの食品を圧送するために使用されます。脱灰の過程で半水循環が行われます。 化学薬品および塗料産業では、アルコール、アルカリ、酸、ラテックス、液体試薬、沈殿物、凝集剤および化学廃棄物が、遠心ポンプを介して圧送されます。それらは、糊や漆を圧送するために使用する印刷業にも欠かせない機械です。

エンジニアリングでは、アルカリ、酸性濃縮液、金属を脱脂およびエッチングするためのガルバニック溶液、油および溶剤などのあらゆる技術液が、遠心ポンプによって圧送されます。 水処理技術では、水のpH制御中のアルカリおよび酸の充填機として、化学遠心ポンプが不可欠です。また、懸濁液やテストサンプルを圧送するために適切に使用されます。

製紙産業では、紙製品の製造において、遠心化学ポンプは有色の酸化剤および糊を輸送し、廃水を圧送します。

充填ポンプ

所定の時間に最小限の損失で特定の量のあらゆる活性および有害な作動流体を正確に供給できるために、定量ポンプが、現代の多種多様な製造設備において最も需要が高まっています。 圧送種類によって、充填ポンプは以下のように分けられます。

  • プランジャ式
  • 蠕動式
  • メンブレンの機械作用式
  • メンブレンの油圧作用式

ドライブのタイプによって、充填ポンプは次のように分けられます。

  • モーター式
  • 空気圧式
  • 電磁駆動

充填ポンプ

  • • 計量ポンプはどのシステムでも必要な量の流体供給を正確に調整および維持できるため、化学、食品、製薬、農業およびその他の産業で使用されます。このポンプは、その流れ部分が作られるステンレススチール、ポリ塩化ビニルおよびポリプロピレンのような材料のおかげで、最も有害な化学媒体に対して非常に耐性があり、ポンプ装置としてだけでなく測定装置としても使用することができます。運転条件や顧客の要求に応じて、計量ポンプはもっとも安価で精度の低い手動コントローラーと、最も重要な生産過程で使用される電子コントローラーを装備することができます。
  • • 高圧充填ポンプは多層ダイアフラムを使用し、より集中的な動作モードのために特殊液体充填バッファーを装備することができます。この液体は、ダイアフラム負荷を均等に分散させ、最大圧力で作動時間を延ばすことができます。また、最大180 Barの圧力を作るには、複数の液体で同時に作動する複数の作業ヘッドを備えたプランジャタイプの充填ポンプと、性能が4000リットル/時間に達するツインヘッドの充填ポンプを使用することをお勧めします。

レシプロポンプ

ピストンポンプ(プランジャー)は容積式ポンプ装置であり、その作動要素はプランジャーまたはピストンという可動部が2つのバルブを有するシリンダである作動チャンバーという固定部で往復運動する部分からなります。

ピストンポンプのタイプを選択するためのポイントは次のとおりです。

  • 特定の送量または作業量[cm3/r] はシャフトの全回転時にポンプから排出される流体量に等しいこと
  • 最大作動媒体圧力[単位:bar、MPa]
  • 最大速度[rpm]

: ピストンポンプの否定できない利点は、下記の通りです。

  • ピストンの運動の頻度を制御することによって圧力管路内の圧力を調節できること
  • 部品の交換が容易
  • 小さな寸法の場合、高い圧力を得ること

スクリュー式ポンプ

スクリュー式ポンプは、ロータリー容積機械の一種として20世紀の前半に発明され、水供給の特殊な試薬の計量装置として積極的に化学、食品、タバコ、繊維、金属産業で使用されていました。 1980年代の前半から、スクリュー式ポンプは石油精製業界で使用されてきました。21世紀初頭、機械化生産のための有利な特性のおかげで世界中で積極的に活用してきました。この特徴は、小さな寸法、往復する部品および弁がないために固体粒子および自由気体を含む高粘度液体媒体を圧送する可能性を含みます。この構造的特徴は、機械摩耗および任意の目詰まりやガス詰まりを防止し、設置および操作するときの単純なメンテナンスを最小化します。比較的小さな設備投資と電力コストで、スクリュー式ポンプの効率は50〜70%に達します。

スクリュー式ポンプには2つの主要な部分があります。これは、クロムまたはステンレス鋼または鋳鉄製のスクリューと弾性ゴムホルダーです。スクリューとシャフトの接続は、カルダンギアを介して、またはモーターシャフトとスクリューのずれが許容される他のフレキシブルな接続によって行われます。スクリューとケージの間の空間は、ポンプの全長に沿って任意の断面において一定のままであり、脈動なしの流れの連続性を保証します。スクリューの軸線は、偏心と呼ばれる一定の値でケージの軸からずらされます。駆動軸の回転中、スクリューはその偏心に等しい半径を有するスクリューの軸の回転と共に、その軸に対して回転します。その結果、ケージとスクリューとの間に閉じた空洞が形成され、その空洞は開閉して、吸引室の入口から排出室へ移動します。

スクリュー式ポンプの性能は、スクリューの回転速度およびチャンバーの容積に直接関係します。スクリュー式ポンプの他の基本的な特徴は、スクリュー軸のピッチ、直径、偏心です。この特性およびケージとスクリューとの間の張力は、ポンプ作動室の容積およびその作動要素の型を決定します。

現代の垂直および水平型のスクリュー式ポンプは、適切な用途によって異なる数のスクリューを使用する場合、最適かつ最も費用効果の高いオプションです。

スクリューポンプは、ローター型の容積型ポンプに含まれます。他の既知のタイプのポンプと比較して最も均一な液体媒体供給を提供し、低エネルギー消費と比較的低い運転コストで知られています。

このポンプは、円錐形または円筒形の本体と、螺旋状の溝を有する固定ステーターと、電動モーターから作動する1つまたは複数の螺旋状の可動ローターからなります。

ステーターを通って圧送された液体媒体は、スクリューの軸に沿って吐出口に向けて、スクリュー溝で流されます。スクリュー突起は、回転子が固定子の内側で回転するときに、圧送される液体媒体が戻されないように閉鎖空間を作ります。ポンプが克服する圧力は、段数(回転子・固定子スクリューのステップ)によって確定されます。

ローターの数に応じて、スクリュー式ポンプは、スクリューの本数が1本から3本までのタイプがあります。シングルスクリューのポンプはあまり普及していません。

スクリュー式ポンプは、今生産される他のタイプのポンプに比べて多くの利点を有します。コンパクトで、騒音が少なく、サイズが小さく、設計が簡単で、設置、修理、メンテナンスが容易です。スクリューポンプは、連続供給均一性、固体および研磨粒子を含む高粘度液体媒体を深さ8mから自己吸収できる特徴があります。同時に、パーツに対する摩耗や損傷の割合はかなり低く、低エネルギーコストで単一の運転サイクルで高い排出圧力を達成できます。粘性のある混合物および懸濁液を分配するために使用されるスクリューポンプは、発泡および構造破壊なしで正確で安定した供給を提供します。

この利点のおかげで、スクリュー式ポンプは、石油・ガス製造、石油化学製品製造、住宅共同サービス、鉱業、化粧品および食品産業、造船およびスラッジ圧送に広く使用されています。

このタイプのポンプを選択する際には、まず、圧送される液体媒体の粘度および密度、所望の出口圧力のレベルおよびパイプラインの直径を事前に調べることが必要です。この特性に従って、回転子速度、内部寸法および段数が選択され、機械および要素の寿命を延ばすことができ、消費電力も低減されます。

プレートポンプとは、ポンプハウジングと、ローターと隣接する二つのプレート(羽根)で閉じた空間によって形成される複数の作動室を作る容積油圧機械です。ローターは、ハウジングの内側に配置され、プレートが自由に(またはばねの力で)取り付けられる凹部を有し、ポンプが作動するとき、プレートの端部がハウジングに当接し摺動します。ローター軸とハウジング軸は互いに対して変位するので、ローターが回転すると、個々の作動室の容積が変化し、それにより流体が圧送されます。

歯車ポンプとは、その構造に噛み合う歯車を使用するポンプ設備です。歯車はハウジングの内に配置され、作動室はハウジングの壁と隣接する歯との間に形成されます。異なる歯車の歯が係合すると、それぞれの作動室の容積を減少させ、その結果、圧送された媒体の一部を送出パイプに圧搾します。

蠕動ポンプ(ホース)とは、シンプルな設計、珍しい動作原理を有する容積作用のポンプ装置です。蠕動ポンプの作動体は、ローラーを取り付けたローターを包囲する可撓性チューブまたはホースです。ホースはローラーに引張力で押し当てられ、または特別な表面を転がされることがあります。ローラーがホースと相互作用すると、ホースは完全に締め付けられ、その体積の一部が切断されます。ローターが回転すると、切断された体積はホースの圧力部分に入るまでホース内を移動します。


LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)はロシアにおける貴社のポンプ設備の公式代理店となって、貴社の機器を買う顧客を提案し、技術的および商業的な交渉を行い、供給の契約を結びます。入札の場合、参加するために必要な資料をすべて収集し、機器の輸送のために必要な契約を締結し、税関登録および商品のその後のクリアランスを行い、通貨の支払いができるようにロシアの銀行に通貨管理の契約パスポートを登録します 。必要に応じて、当社は既存または新規に構築される生産プロジェクトにおいて貴社の機器を指定します。 LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、ロシアにおける高い信頼性と効率的なパートナーおよび代理店になることができると確信しています。

我々は 常に協力にオープンしているので、一緒に前進しましょう!

ご協力の問い合わせを英語でお送りください。