Together
to
success...
since_1997
"INTECH_GmbH"
Русский English(int.) Deutsch English(USA) English Español Français Italiano Português 日本語 简体中文

ロシアの工業企業にドラムフィルタを供給するディストリビューター(正式な代表者)

ロシアの LLC「インテックGmbH」(ООО「Интех ГмбХ」)エンジニアリング会社は、20年以上ロシア市場におけるロシアの様々な工業企業と協力しながら、莫大なエンジニアリングの経験を積み、市場で高い評価を得て、100以上の大規模なロシア産業プラントにおけるプロジェクトを実施してきました。当社は、ロシア市場を魅力的とし、地域での売り上げを増やし、その活動を拡大し、新しい国際的なレベルに到達したい投資家と新しいビジネスパートナーを常に探しております。

目次:

当社はロシアの工業プラントに自社製品を供給するために善意の公式代理店を探しているドラムフィルタのメーカーと協力したいと思います。

当社の経営者と担当者は、ロシア市場の業界、顧客のやり方と考え方、金融経済活動の特徴をよく知っております。当社のすべての担当者は豊富な顧客ベースを持っており、成功した販売の豊かな経験とドラムフィルタの可能な買い手との確実なコネクションを持っているため、手早く興味を持っている分野を特定し、成長しているロシア市場への早いアクセスを提供できます。当社の担当者は、英語とドイツ語が話せ、国際市場における外国製機器の供給という仕事が得意です。

複雑で技術的な問題を解決する経験を持っているエンジニアリング専門家は、定期的にロシア顧客と会い、パートナーメーカーが行う最近の開発のプレゼンテーションに参加します。常にロシアの工場におけるすべての技術サービスと連絡を取り合い、技術的な問題を特定します。そのため、当社はロシア連邦における特徴と、プラントが装備する産業施設とその最も必要な改造をよく分かっております。

ロシアにおけるドラムフィルタの公式代理店になって、当社の広告部門は市場調査を実施し、ロシアの企業の市場における貴社のドラムフィルタに対する需要を評価し、産業工場の市場の規模と能力を確定し、当社のIT専門家は貴社の製品についてロシア語で のウェブサイトを開発します。当社に属する専門家は貴社に提案されるドラムフィルタが最終顧客の要求条件に適合性するかどうか分析し、新製品に対する市場の全体的な反応を分析し、潜在的な顧客のカテゴリを検討し、そのなかで最大かつ最も魅力的な会社を推選します。

ロシアにおける公式代理店になって、LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は必要に応じて、メーカーの機器の個別なロット、ドラムフィルタの様々な種類をロシア基準により許認可申請を行い、危険な産業を含めて関税同盟(ロシア、カザフスタン、ベラルーシ、アルメニア、キルギスタン)のすべての工業企業で貴社の機器の使用を確保するTR TS 010およびTR TS証明を取得します。当社のロシア会社はロシアと関税同盟規格の国の要求条件に応じてドラムフィルタの登録証明書の取得も支援できます。

当社のエンジニアリング LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、様々な産業分野におけるロシアの設計機関と協力しているため、ロシアとCIS諸国の建築基準および規則に従って予備設計とその後の設計作業を実施することが可能となり、将来のプロジェクトで貴社のドラムフィルタを敷設する機会を与えてくれます。

当社は、必要な貨物の輸送、その梱包、荷積み、すべての適用な法的規制やロシア市場に出るために必要である要件に準拠し、DAPまたはDDP条件で顧客の倉庫に商品を輸送する専用の物流部門を持っています。

当社は、供給された設備据え付けと試運転、ドラムフィルタの保証サービスおよびアフターサービスを行い、顧客の担当者の必要な訓練および教育を行う認定の専門家を持っています。

外側フィルタリング表面のドラムフィルタ概要

外側フィルタリング表面のドラムフィルタは、連続的なフィルタです。これらは、かなり簡単な構造を持ち、信頼性が高いため、生産で使用されるフィルタの最も一般的な種類の一つです。

機器の基本は水平回転ドラムです。その側面に縦リブがあります。天面はフィルタ膜で覆われます。ドラム表面と膜の間に、突起に起因する隔離されたセルが形成されます。各セルに分配ヘッドを通過する排水管が設置されます。分配ヘッドは固定され、真空ラインと圧縮空気ラインに管を接続します。

ドラムは、懸濁液を供給するトラフの上に取り付けられます。固体粒子がトラフで堆積しないため、機械的撹拌機が搭載されます。ドラムは、動作中に部分的に懸濁液に浸漬されます。それが回転すると、各セルが順次のすべての工程を通ります。

セルが懸濁液に入る時、フィルタリング処理が行われます。その中に真空が作成され、濾液は膜を通り、分配ヘッドの金具で準備容器に排出されます。このセルではフィルタ膜の表面上に残渣層が形成されます。セルが懸濁液から出ると、その中に真空が成形され、それを使用して残渣から濾液が除去されます。次に、残渣が洗浄され、再び脱水されます。これらの作動の間に、セルは真空ラインに接続されます。空気や水分の粒子は、そのために設計されたフィッティングを介して排出されます。次の動作は、特別なノズルから圧縮空気が供給されるセルで、残渣を緩めることです。残渣を緩めた後にそれが容易にナイフまたは他のデバイスを使用してフィルタ膜から剥離されます。

フィルタモデルによって濾布回復が可能です。この場合、セルは、ノズルを介して供給される圧縮空気または蒸気によって吹き飛ばされます。こうして濾布の上に堆積した固形物を除去します。

ドラム真空フィルタの構造






ドラムは内部にリブが取り付けられた平坦端壁の水平な金属円筒として構成されます。壁にボルトで固定スピゴットが取り付けられ、フレームに取り付けられたベアリングをフィットします。左のスピゴットに分配ヘッドが隣接します。スピゴットを介して分配ヘッドとドラムセルを接続する配管が通ります。右のスピゴットには電気駆動からドラムに回転を伝達する歯車があります。両方のスピゴットにジョイントを介してアジテータが取り付けられ、そしてクランク機構とアジテータ駆動からローリング運動が伝えられます。機器のすべてのユニットからの荷重、ならびに処理される懸濁液の質量は、フィルタフレームとされます。

フレームには、懸濁液用のフィルタ容器(トラフ)、パイプ用のトラス、残渣を除去するためのナイフが固定されます。ドラムの側面にセルに分割する縦リブが溶接されます。セルは穿孔シートやポリプロピレンのマットなどのドレイン布で閉じます。マットは格子状に作られます。格子は上側縦棒に濾布が巻かれており、下側縦棒がドラムリブ上にかかります。

ドラムの上に濾布で覆われます。これは、ゴムコードによりリブの溝に固定されます。濾布の上にドラムが2〜3ミリのワイヤで巻かれます。ワイヤ巻のため、ベアリングに搭載した固定スピンドル、ドライブおよびガイドローラ付きキャリッジを含む固定装置が使用されます。ワイヤは、1つの端部でドラムに取り付けられ、回転中に摩擦によってナットと連動するローラを回転させます。ナット作用によりキャリッジが往復運動します。

分配ヘッド

分配ヘッドの構造は、ドラムのスピゴットに固定された軸上に配置された本体を含みます。摩擦損失を低減させるために、軸上にベアリングが搭載されます。本体とスピゴットは、二つのワッシャーによって互いに接続されます。トラニオンには、ドラムのセルの数に等しい孔を有するセルワッシャを搭載します。ヘッド本体には、ヘッドチャンバーに一致する異なるサイズの環状スリットの分布ワッシャーが固定されます。二つの大きな空洞内に真空ラインに接続される金具があります。二つの小さな空洞は、圧縮空気供給ラインに接続する金具が配置されます。スタッドに搭載されたスプリングは分配ヘッドの本体をスピゴットに押し付けます。スタッドは軸受ハウジングにねじ込みます。分配ヘッドは真空計に装備されます。

分配ヘッドの二つのワッシャーは、抗摩擦(鉄と鋳鉄、鉄とグラファイトプラスチック、鋼と青銅等)組み合わせとして構成されます。ワッシャーはフィルタに搭載する前に粉砕されます。ばねは、摩擦表面間0.1〜0.2 MPaの圧力を発生します。

アジテータ

アジテータは、着脱ユニットとして設計されます。成形トラフからなるアジテータグリッドフレームであり、ロッドによって着脱の治具に固定されます。治具は、フィルタドラムトラニオンいくつかのローラの上にかかります。ローラ間の負担を均一に分布するために、一つのローラは偏心軸上に配置されます。ヒンジを介して治具にアジテータ駆動のロッドが固定します。アジテータは、0.3メートル/秒の平均速度で移動します。

ドラム真空フィルタの用途

回転真空フィルタは、一般に固体粒子がほぼ同じ寸法を有する懸濁液の分離のために使用され、その濃度が5%以上、堆積速度が0.012メートル/秒までです。そのようなフィルタの圧力差は、懸濁液の性質によって0.02〜0.09 MPaです。残渣の乾燥および洗浄は高品質のものです。真空フィルタを選択するためのパラメータは、フィルタリング表面、ドラム直径、ドラムの回転速度などです。

回転真空フィルタの用途:

  • 粒子の高速堆積。固体粒子の堆積速度が18ミリメートル/秒を超えない場合、懸濁物を分離するために外側フィルタリング表面のドラムフィルタが使用されます。固形物の堆積を防ぐためにトラフ内には攪拌機が搭載します。しかし、その速度は、フィルタ膜から残渣が流されないように、十分に低くしなければなりません。
  • 残渣の低層化。このタイプのフィルタは、懸濁液中に浸漬されたセルが4分以下で通過させることにより5ミリ以上の厚さの残渣を得ることができる固相の製品のために使用されます。このようなフィルタは懸濁液を低速で濾過します。ドラムは0.5〜10分間で完全な回転を行います。残渣層が5ミリを超えない場合、濾布からそれを分離することが困難になり、空気で剥離する際、残渣の中に形成されたクラックや薄すぎる残渣層を通過します。また、残渣の薄層が実質的にナイフでこすることなく、濾布に詰まることがあります。細孔の急速な詰まりは、フィルタの性能を大幅に低下させ、その使用は非現実的になります。そのため、回転式真空フィルタは、微粉の低濃度の懸濁液を分離するのに適しません。

ドラム真空フィルタの構造特徴

上記のドラム真空フィルタ構造は一つではありません。それぞれのフィルタは、多くの異なった特性があります。フィルタが大きい濾過面と高性能を有する場合、2つの分配ヘッドが装備されます。フィルタの構造はオープンの場合もあり、密閉容器内に配置されたり、寄棟屋根を有したりすることもあります。残渣を除去するにはナイフだけでなく、ローラも使用されることがあります。また、残渣を除去するには特別な機構を使用せず、取り外せる濾布が使用されます。

ローラで残渣除去

残渣をローラで除去するフィルタは、一般的に濾過しにくい懸濁液の分離のために使用されます。ドラムは残渣の除去ゾーンを通過する際、ドラムの母線に沿って配置されたゴムローラが押圧されます。残渣は、ローラに付着し、そこからナイフで落とされます。残渣は繊維状の材料である場合、中空歯車ローラが使用されます。ローラの残渣を洗浄するには空気で落とす方法もあります。

脱着式濾布のドラム真空フィルタ

これらのフィルタは、固体シルトが濾布を迅速に詰まる困難濾過の懸濁液を濾過するのに適切です。そのような機器では、濾布が洗浄および濾過ゾーンにドラムを取り囲む無限のベルトです。残渣の除去ゾーンではベルトがローラの周りで曲がるため、残渣が落とされます。次のゾーンでは、ベルトが洗浄され、再び濾過ゾーンに入ります。

特殊構造

特殊回転真空フィルタは、汎用フィルタでは限界がある懸濁液を分離するために適用されます。 1つの制限は、固相堆積の高速度です。粒子が18ミリメートル/秒以上の速度で堆積される組成物で動作するには、懸濁液上部供給または内側フィルタリング表面のフィルタが使用されます。

懸濁液上部供給式のドラム真空フィルタ

そのような機器では、小面積の濾過ゾーンがドラムの上部に位置します。フィルタは、上からの懸濁液を供給できるような装置を装備します。

内側フィルタリング表面のドラム真空フィルタ

この機器の主な動作構成要素は、連続壁によって一方で閉じられ、他方でリングパネルにより囲まれた水平ドラムです。ドラム内面はセクションに分割され、それに濾布が固定されます。ドラムが回転すると、各セルは順次全ての処理ゾーンを通過します。濾過ゾーンでは、懸濁液がドラムに供給され、リングパネルの高さまで下部空間を充填します。乾燥ゾーンでは、圧縮空気の影響下で残渣から濾液が除去されます。このタイプの真空フィルタでは残渣は洗浄されません。ドラムの上部で空気により残渣が除去され、コンベア上に落下されます。さらに、濾布を通じて回復用の空気または水蒸気が通過されます。

内側フィルタリング表面のドラム真空フィルタ図

セル式ドラム真空フィルタ

セル式ドラム真空フィルタは、化学業界における最も一般的な継続フィルタの一つです。機器の主な要素は、容器(表面から約0.3〜0.4)に浸漬し、水平に配置したドラムです。穴あきドラムの壁は、金属メッシュおよびフィルタ濾布で覆われます。ドラムの内部空間は、半径方向のパーティションによりいくつかのセクションに分けられます。ドラムはシャフトに取り付けられ、0.1〜3.0回転/分の速度で回転します。シャフトの片方は駆動に接続され、もう一方はドラムすべてのセルと伝達する固定の分配ヘッドに接続されます。分配ヘッドは、チャネルを有する中空スピゴットとして形成されます。その本体はチャンバに分けられ、その体積は同等ではありません。それぞれは特定の流体のために設計され、濾液用(最大チャンバ)、洗浄液用(中チャンバ)および圧縮空気用(二つの小チャンバ)のチャンバがあります。

ドラムが回転すると、最初の2つのチャンバは真空ラインと接続され、他のチャンバは圧縮空気供給ラインと接続されます。ドラムが浸漬された容器は、懸濁液が供給されます。容器中の固形物の沈殿を防止するため、ゆっくりと回転する撹拌機が搭載されます。

ドラムの個々のセルは、懸濁液に浸漬し、真空に接続する瞬間に濾液はチャネルを通して引っ張られ、固形物は濾布の表面上に堆積されます。セルは懸濁液から出ると真空に繋がっているため、空気の流れとそれとともに残渣から残留水分が吸い込まれます。次に残渣が洗浄され、液体が分配ヘッド内のチャネルを介して排出されます。残渣は再び空気を吸い込むことにより、乾燥されます。次に、セルは濾布から残渣を分離し、それを緩める圧縮空気ラインに接続されます。セルは短時間で残渣除去のためにラインから分離し、濾布をパージするために再び接続されます。その後セルは懸濁液に浸漬し、動作サイクルを繰り返します。

ドラムフィルタの計算

一次濾過システムは、廃水を最大かつ最も重い汚染物質から機械的に処理するための装置や施設で構成されます。汚泥処理、格子、浮遊装置および機械的処理の他の方法は、廃水を後続の工程で浄化装置の正常な動作を妨げる不純物から浄化します。

廃水の機械的処理の次は垂直、水平および半径型のフィルタが使用される初期濾過段階です。この段階では、清澄水の大部分が分離され、生物処理段階に送られます。固定フィルタ内には、更なる処理を必要とする懸濁液が残ります。

懸濁液の脱水、任意の成分の分離およびその後の処理には、遠心機、スラッジサイクロンおよびフィルタが使用されます。最も効果的なのは、ディスク、ベルト、真空ドラム式の連続フィルタです。化学生産ではドラム真空フィルタの使用が最も効率的です。この機器は懸濁液を軽い(流体)と重い(沈殿)画分に外側のフィルタ面を介して分離するため、メンテナンスが簡単なります。

ドラム真空フィルタの全サイクルの期間は、ドラムの回転速度で表すことができます。

Τc = 1/n

Tcは、フィルタの全サイクルの時間、s
nは、ドラム回転速度、s-1
必要な濾過面積は下記の式で計算されます。

F = (Q·τц) / (υfs·Kc)

Fは、必要な濾過面積、m2
Qは、濾液での性能、M3/s
Tcは、フィルタの全サイクルの時間、s
Ксは、濾布の繰り返し使用(Kс=0.8)により抵抗が増大するため、フィルタ面を増加させる必要を参考する補正係数です。υfsは、下記の式で計算される濾過の比体積です。

υfs = hос/x0

hосは、フィルタ上の堆積層の高さ、m
X0は、得られた濾液の体積に対するフィルタにおける残渣の割合

ドラム格子フィルタ

殺菌灯付きドラム格子は、曝気施設における第一沈殿槽の代わりに下水の機械的な処理のために使用されます。このタイプのフィルタは、廃水中の浮遊固形物の濃度が250 mg/Lを超えない場合に粗大な不純物を濾過するために使用されます。

下水処理には殺菌灯付きドラム格子を使用すると、粗大な不純物含有量を20〜25%に低減します。しかし、この場合、廃水は格子洗浄を複雑にするビチューメン、油または樹脂のような粘性材料を含めてはなりません。

機器の主要部分は、溶接構造を有するドラムです。その表面にはフィルタ要素が配置されます。ドラムの回転は、モータおよびギアボックスからなる駆動により行われます。ドラムの回転軸であるパイプは、同時にドラムの内部に配置された収集漏斗により洗浄水を排出するためのコレクターとして機能します。廃水はドラムの壁を通って機器に入ります。浄化水は、以前に格子を通して濾過され、そして処理後にチャンバを介して吐出チャンネルに半径方向に出力されます。

不純物は格子で機械的濾過だけではなく、格子に形成される残渣沈殿により分離されます。格子はその下に位置する散水板から水噴流により洗浄されます。

殺菌灯付きドラム格子の主な技術仕様

網状要素は、作業とバックアップの2つの格子で形成されます。作業格子はステンレススチール、ナイロン、真鍮で作られます。バックアップ格子は真鍮やステンレス鋼で作られ、それらのセルのサイズは2×2と8×8ミリメートルです。

チャンバ内に配置されたドラムは径の85パーセントに水の中に浸漬されます。殺菌灯付きドラム格子を使用するときに定期洗浄が必要です。マイクロ格子における圧力損失が0.1メートル以下にします。入力と出力のユーティリティおよび廃水の圧力損失は、計算により決定され、0.5〜0.6メートルを超えてはなりません。殺菌灯付きドラム格子の洗浄に必要な水量は、機器の能力の約100〜150パーセントです。

殺菌灯付きドラム格子を洗浄した後、汚染水は1時間まで沈殿されます。得られた沈殿物は処理施設の稼働中に形成された全ての堆積物と一緒に、さらなる処理のために送られます。

格子の汚れを防ぐために、ドラムの表面は特別な殺菌灯により照射されます。バックアップ格子の数は、作業ユニットの数によります。1〜5のユニットの場合は1バックアップ格子、6〜10のユニットの場合は2つのバックアップ格子、11個以上のユニットになる場合、3つのバックアップ格子と計算されます。

このタイプのフィルタは、排水壁を有し、排水中に計算されたドラムの浸漬できるチャンバで設置されます。ドラムからチャンバ壁までの距離は0.5〜0.7メートル以上、エンドベアリングからチャンバ壁までの距離は0.8〜1メートル、ドラムからチャンバ底部までの距離は0,4-0,5メートルにしなければなりません。5ユニット以上になる場合には、これらはチャンバ内にペアで配置されます。

格子ドラムフィルタ






フィルター

LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)はロシアにおける貴社のドラムフィルタの公式代理店となって、貴社の機器を買う顧客を提案し、技術的および商業的な交渉を行い、供給の契約を結びます。入札の場合、参加するために必要な資料をすべて収集し、機器の輸送のために必要な契約を締結し、税関登録および商品(ドラムフィルタ)のその後のクリアランスを行い、通貨の支払いができるようにロシアの銀行に通貨管理の契約パスポートを登録します 。必要に応じて、当社は既存または新規に構築される生産プロジェクトにおいて貴社の機器を指定します。

LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、ロシアにおける高い信頼性と効率的なパートナーおよび代理店になることができると確信しています。

我々は 常に協力にオープンしているので、一緒に前進しましょう!