Together
to success
from_1997_year
"INTECH_GmbH"
English(int.) Русский Deutsch English(USA) English Español Français Italiano Português 日本語 简体中文

ロシアの工業企業に圧縮機を供給するディストリビューター(正式な代表者)

ロシアの LLC「インテックGmbH」(ООО「Интех ГмбХ」)エンジニアリング会社は、20年以上ロシア市場におけるロシアの様々な工業企業と協力しながら、莫大なエンジニアリングの経験を積み、市場で高い評価を得て、100以上の大規模なロシア産業プラントにおけるプロジェクトを実施してきました。当社は、ロシア市場を魅力的とし、地域での売り上げを増やし、その活動を拡大し、新しい国際的なレベルに到達したい投資家と新しいビジネスパートナーを常に探しております。

目次:

当社はロシアの工業プラントに自社製品を供給するために善意の公式代理店を探している圧縮機のメーカーと協力したいと思います。

当社の経営者と担当者は、ロシア市場の業界、顧客のやり方と考え方、金融経済活動の特徴をよく知っております。当社のすべての担当者は豊富な顧客ベースを持っており、成功した販売の豊かな経験と圧縮機の可能な買い手との確実なコネクションを持っているため、手早く興味を持っている分野を特定し、成長しているロシア市場への早いアクセスを提供できます。当社の担当者は、英語とドイツ語が話せ、国際市場における外国製機器の供給という仕事が得意です。

複雑で技術的な問題を解決する経験を持っているエンジニアリング専門家は、定期的にロシア顧客と会い、パートナーメーカーが行う最近の開発のプレゼンテーションに参加します。常にロシアの工場におけるすべての技術サービスと連絡を取り合い、技術的な問題を特定します。そのため、当社はロシア連邦における特徴と、プラントが装備する産業施設とその最も必要な改造をよく分かっております。

ロシアにおける圧縮機の公式代理店になって、当社の広告部門は市場調査を実施し、ロシアの企業の市場における貴社の圧縮機に対する需要を評価し、産業工場の市場の規模と能力を確定し、当社のIT専門家は貴社の製品についてロシア語で のウェブサイトを開発します。当社に属する専門家は貴社に提案される圧縮機が最終顧客の要求条件に適合性するかどうか分析し、新製品に対する市場の全体的な反応を分析し、潜在的な顧客のカテゴリを検討し、そのなかで最大かつ最も魅力的な会社を推選します。

ロシアにおける公式代理店になって、LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は必要に応じて、メーカーの機器の個別なロット、圧縮機の様々な種類をロシア基準により許認可申請を行い、危険な産業を含めて関税同盟(ロシア、カザフスタン、ベラルーシ、アルメニア、キルギスタン)のすべての工業企業で貴社の機器の使用を確保するTR TS 010およびTR TS証明を取得します。当社のロシア会社はロシアと関税同盟規格の国の要求条件に応じて圧縮機の登録証明書の取得も支援できます。

当社のエンジニアリング LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、様々な産業分野におけるロシアの設計機関と協力しているため、ロシアとCIS諸国の建築基準および規則に従って予備設計とその後の設計作業を実施することが可能となり、将来のプロジェクトで貴社の圧縮機を敷設する機会を与えてくれます。

当社は、必要な貨物の輸送、その梱包、荷積み、すべての適用な法的規制やロシア市場に出るために必要である要件に準拠し、DAPまたはDDP条件で顧客の倉庫に商品を輸送する専用の物流部門を持っています。

当社は、供給された設備据え付けと試運転、圧縮機の保証サービスおよびアフターサービスを行い、顧客の担当者の必要な訓練および教育を行う認定の専門家を持っています。

圧縮機の概念

圧縮機は、他の技術的に複雑な装置と同様に、広い範囲内の様々な特性を有しますが、基本的な値を幾つかを識別することができます。その仕様に基づいて、適用範囲を確定し、特定のタスクのためのコンプレッサー装置の計算と選択をします。他の仕様特性は、ほとんどの場合にマイナーであり、主なパラメータ値に依存します。二次特性も少しですが、設計、操作および圧縮機の全体的な効率に影響を与えます。

基本的なパラメータ値は、圧縮機の動作条件、ならびに圧縮機によって達成できる、圧縮気体流の値を決定します。便宜上、数が少ないパラメータに基づいて圧縮機の適用範囲またはタスクに適した装置の範囲を設定できます。選択は、圧縮機の要求に応じて、1つの基本的な特性でも、いくつかのパラメータでも行っても構いません。

電力消費下記の特性は圧縮機の適用性に最も影響与えます。

  1. 作動圧力
  2. 能力
  3. 容量

間違いなく、寸法、重量、温度、気体出力、ノイズのような他の特性も、圧縮機の最終的な選択と計算に大きな影響を与えることがあるにも関わらず、機器の適切な種類は能力および動作圧力で選択されます。たとえば、特定の作業のために空気を比較的小さな費用量でありながら高圧下で供給する必要があり、そのような基本的な特性の組み合わせはすぐに遠心または水リング等の低圧圧縮機の種類を排除しています。これらの機器で必要な動作圧力を到達しようとすれば、不可能または不経済的という結果で終わります。同時に、高圧圧縮機は当然条件に適します。機器の種類を、様々な二次特性と実現可能性調査の結果により確定できます。レシプロコンプレッサは、設備投資の面でそれほど高くなく、スクリューコンプレッサは、よりきれいな空気を提供できるが、それらのすべてが基本的な特性の要件を満たします。

多くの場合、顧客は必要な圧縮機のパラメータに関する明細なデータを持っていません。コンプレッサーが満たさなければならない基本的な要件、いわゆる気体をどのくらいの量、どのような圧力で供給するか、そして機器に接続できるどの電力の制限があるのかくらいの情報しかありません。換言すれば、動作圧力、性能及び電力消費についての情報です。確かに、このような基本要件は、部品の腐食や薬品耐久性、騒音、供給の均一性、などの項目が追加することができます。

このデータに基づいて、複数の圧縮機を設計し、選ぶことができ、それぞれが目的を達成することができます。違いは、顧客が最良の機器を選択することができる詳細仕様になり、その場合、いずれの二次特性、例えば、(電動モータ付き圧縮機の場合)電力消費量またはメンテナンスのコストが最適性基準になります。

上記のパラメータは基本的な要件であるが、それ以外にも圧縮機の選択に大きい影響を与えるパラメータがあります。例えば、気体の物理的および化学組成が、圧縮機の効率だけでなく動作能力にも決定的な影響を与えることにもなります。さらに、耐薬品性および耐久性の部品に交換する場合、機器の全体コストが数倍に上昇してしまうことがあります。他の場合には、コンプレッサーの出口で圧縮された気体に対する要件、速度と圧力を流すだけでなく、その純度、供給安定性および温度が重要になります。 例えば、食品業界では素材と材料の純度に高い要求があるため、気体流に潤滑剤が混入する可能性がある場合、スクリュー圧縮機にスクリューのオイル潤滑を使用できないが、他のパラメータの値は選定の最終決定に影響を及ぼすことはありません。このような二次パラメータは主な特性と違い、特定の状況のみに重要性が上がることですが、稼働圧力と消費電力は常に重要であるということです。

コンプレッサーは、次のような特性によって分類することができます

動作原理

一般的な分類は、圧縮機の中に気体注入の原理で決められ、下記の2種類に分けられます。

  1. 容積圧縮機
  2. ターボ圧縮機

容積圧縮機は、膨張室に期待を気体投入、容積を減少させ、気体を圧縮させることによって動作します。気体が逆流しないようにバルブシステムが使われ、そのバルブは気体を送り込み抜き出す時に順番に開閉します。そしてターボ圧縮機は、気体に運動エネルギーを転送することにより気体圧力を上昇させ、部分的に圧力エネルギーに変換されます。圧縮機における圧縮の同じ原理は、出力の圧縮気体のそれぞれの特性、圧縮状態などにより様々な方法で実施できるため、特定の目的のために機器を適用することができます。

容積圧縮機

容積圧縮機は、以下の種類に分けられます。

  1. レシプロ
  2. スクリュー
  3. ギア
  4. ロタリーベーン
  5. ダイアフラム
  6. 液体リング

レシプロ圧縮機は、最初に開発された容積圧縮機の原理です。シャフトにより駆動されるクランク機構はシリンダ内のピストンの往復運動を利用します。それにより、ピストンとシリンダで囲まれた膨張室は、ピストン位置に応じてその体積を順次に変化します。一方向弁のシステムは逆流の気体漏れを防止します。

構造の特徴でも細分化することができます。圧縮機は膨張室の構造でシングルまたはダブル作動の種類で分けられています。後者の場合、より細いピストンは機内の膨張室を二つの部分に分けます。ピストンが動く時、チャンバの一部に気体が圧縮され、出力パイプに流され、もう一部に気体が入力パイプから投入されます。このようにシャフトの一回転で2つの圧縮サイクルが行われます。レシプロ圧縮機はまた単気筒、2気筒など、気筒数で分類できます。また、気体が複数の圧縮シリンダ内で順次圧縮される場合に多段圧縮機と呼ばれ、その段数は気筒数で確定されます。シリンダの位置に応じてレシプロ圧縮機は水平、垂直、斜め、V字型と反対位置に分かれます。

更にレシプロ圧縮機は用途により下記の4つのグループに分類されます。

  1. 家庭用コンプレッサー
    この種類は、小型寸法、携帯、小容量、短命、低騒音およびメインテナンス不要という特徴を持っています。家庭用コンプレッサーは、一般的に8バールまでの圧力を出力します。このようなコンプレッサーを長期間に激しく使用すると重大な故障をもたらすことになり、その修理費用は新しい機器を購入する費用と同じ程度になると言えます。このクラスのコンプレッサーは一般的に修理工場、自動車修理屋、建設現場で使用されます。
  2. セミプロコンプレッサー
    16バールまでの圧力、分2立方メートルまで扱うことができ、信頼性が高い機器です。欠点として、作動中の騒音が高く定期的な整備が必要です。このタイプは圧縮空気中の圧縮機油が多く含まれるため、効率的ではありません。消費者は個人や中小企業です。
  3. 工業用コンプレッサー
    この機器は、軽重工業、自動車修理屋、大企業工場など、技術分野における様々工程に適用されます。医療圧縮機は吸着ドライヤーと防音エンクロージャーが装備されます。防食剤コーティングのレシーバーの高圧コンプレッサーです。最大動作圧力の出力は60バール、強力な電動モータにより安定されます。
  4. オイルフリーコンプレッサー
    気体圧縮の時に油を含まないクリーンな圧縮素材を出力する必要がある製造に使われます。圧縮ピストンは複合材料のリングをシールとして使用します。ラビリンスシールは実用的ではありません。オイルフリーコンプレッサーは修理せずにより長い時間に動作できます。

レシプロ圧縮機図面






スクリュー圧縮機は、二つ以上のスクリューがハウジング内で噛み合った構造になっています。スクリュー圧縮機はシングルスクリュー、ツインスクリュー等があります。スクリューが駆動する時にスクリューとハウジング壁によって囲まれた可動動作空間が形成されます。これらの圧縮機はレシプロ圧縮機より小さく安定し、より良い性能を確保できます。スクリューの動作時にスクリューの間に摩擦力が発生するため、摩耗を低減するには一般的に潤滑油などの潤滑剤を使用します。しかし、抗摩擦材料の場合に追加給油なしで動作できるため、オイルとオイルフリースクリュー圧縮機を区別できます。後者は、圧縮気体と潤滑油の接触が不可能である場合に使用されます。

ギア圧縮機は反対方向に回転する噛み合いのギアを使用して作動します。ギアはモデルにより大きく異なり歯車などのギアもあります。このような圧縮機のチャンバはハウジングとギア歯が機内空間を切断することによって形成されます。ギアの歯がかみ合う時、圧力下で膨張室容積が減少し気体が排出口に押し込まれます。この圧縮機は気体供給圧力を小さくする必要とされる場合に使用されます。






ロータリーベーン圧縮機は、回転子が有する特殊なスロットに可動板が取り付けられるという特徴を持っています。ローター軸はハウジング軸と一致しないように円筒状のハウジング(ステータ)に取り付られます。ローターの回転時に遠心力がプレートをローター中心から押し出され、圧縮機内に移動有界隣接するプレート、ハウジングとローターで囲まれた膨張室が形成されます。膨張室の容積変更は軸位置ずれに起因します。 プレートをハウジングに押圧する力を上げるため、回転子スロットに圧縮ばねを装着することができます。レシプロ圧縮機と同様にロータリーベーン圧縮機はかなりの出力気体圧を発生することができ、コンパクトなサイズと低騒音を特徴とします。






ダイアフラム圧縮機は、構造が柔軟な重合体膜を含むことを特徴とします。基本的にはこの圧縮機はレシプロタイプに似ていますが、ピストンの役割は膜が果たしています。両方向に膨らむダイアフラムは膨張室の容積と同様にバルブシステムを変更します。ダイアフラムの駆動は機械的、空気圧、電気または膜ピストンという種類があります。駆動の全種類の共通点は、搬送気体が膜と拡張チャンバ以外に何も接触しないということです。ダイヤフラム圧縮機は出力気体の高い純度を確保する必要がある場合に広く使われます。

液体リング圧縮機は作動中に補助液を用います。ローター軸はハウジング軸と一致しないように円筒体ハウジング(ステータ)には、板が取り付けられたローターが固定されます。圧縮機内部にはローターが回転する時にハウジングの壁にリングの形態で追い出される液体が投入されます。膨張室は、ロータープレート、ハウジングと液体の表面に困れます。ロータリーベーン型圧縮機と同様に、ローター軸とステータの変位が膨張室の容積変化の原因になります。圧送気体は部分的に気体流で流される液体と接着するため、流出の分離部と液体供給システムを搭載します。この機器は、圧送気体中にすでに作動液体の滴が含まれる場合、特に適しています。






ターボ圧縮機

ターボ圧縮機は、以下のグループに分けられます。

  1. 遠心(径方向)式
  2. 軸式
  3. ジェット式

遠心圧縮機は、機器内の気体の流れ方向から名付けられました。この圧縮機の最も簡単な構造はハウジングとシャフトに取り付けられた羽根車になっています。羽根車のブレードは、回転する時に気体を回転軸から径方向に移動させ、部分的に圧力エネルギーに変換されます。気体は、軸から羽根車に供給され、ブレードから径方向に追い出され、螺旋状気体コレクタに入り、その後出力ディフューザを通って排出されます。羽根車は翼の形、全体的な設計により異なり、例えば、オープンまたはクローズ型があります。また、遠心圧縮機は同じシャフトに複数の羽根車を取り付け、気体がそれを連続通行する、多段階構造もあります。このタイプの機器は、小型で低騒音、作動中に低振動という特徴を持ち、汚染されていない気体を大量に提供する必要がある場合によく使われます。

軸流式圧縮機は、気体が軸方向に移動することを特徴とします。基本的な構成要素には、シャフトに取り付けられたローターと、ステータ(ハウジング)が含まれます。ローターにブレードが付けられ、それを通過する気体は追加の運動エネルギーを受け、ねじられます。気体の流れ方向を揃えるためにロータブレード列の間にガイドステータベーンを取り付けます。気体流の性能が変化する空間は、機器の入力ガイドと出力整流装置で制限されます。このタイプの機器は、より単純な遠心圧縮機に比べて、製造および維持することが複雑ですが、同等の圧力でより高い効率を有します。






ジェット圧縮機は、静気体または蒸気の圧力を高めるために、動気体または蒸気のエネルギーを使用する圧縮機です。機内には、高および低圧力の2つの気体流が入力され、静気体より高く動気体より低い圧力を用いる気体流が出力されます。ジェット圧縮機はシンプルなデザインで、信頼性が高い機器です。特に、高圧気体が既に存在する状態でそのエネルギーを使用することが好ましいです。例えば、ガスの生産に使用され、天然ガス田には、高低圧井戸がある場合、ジェット圧縮機は必要な特性を持つ安定した流れを成形します。






適用範囲:

圧縮機は産業用途に応じて汎用、エネルギー、化学、石油化学に分けられます。

圧縮機動作圧力

動作圧力は圧縮機の気体圧縮と増圧という基本的な機能を表すため、基本的な特性だと言えます。圧縮機の圧力は、通常パスカル(Pa)、バール(bar)または気圧(atm)で測定され、または水銀柱ミリメートル、キログラム重毎平方センチメートル(kgf/cm2)または重量ポンド毎平方インチ(PSI)なども単位として使用されます。パスカルとバールは一般的に使用され、 その比は1バール= 0.1MPaです。また、作動圧力はゲージ圧pGと絶対圧pAに分けられます。絶対圧pA から大気圧p0 を差し引くとゲージ圧pG になります。すなわち、pG = pA - p0です。

圧縮機を選ぶ時に機器が出力する圧力は作業装置に向かって減少していくということを参考しないといけません。減圧はパイプ全長だけではなく、バルブ、エルボー配管、弁等の局部抵抗箇所に発生します。圧縮機の運転圧力は、顧客の要件を満たす出力を達成するようにすべての損失をカバーしなければなりません。

ある状況では、圧縮気体の供給条件が重要になります。レシプロ圧縮機はその構造的特徴のため圧縮気体の脈動流を生成するが、スクリュー圧縮機は気体の圧縮が時間的に変動することなく安定で行われます。塗装やラッカー吹き付けのような作業の場合には、安定した流れが適切な作業の重要な条件になります。圧縮機の圧力変動を押さえる方法がいくつかあります。例えば、レシプロ圧縮機は、全流量の部分的に安定させるように、作業サイクルの時間がずれた複数のチャンバが搭載されます。圧縮機から出力する気体の流れを安定させるよう、圧縮気体が蓄積する容器いわゆるレシーバの使用が一般的です。






圧縮機は出力圧力に応じて下記の種類に分かれます。

1.真空(負圧以上0.05 MPa)
2.低圧力(0.15〜1.2 MPa)
3.中圧力(1.2〜10 MPa)
4.高圧(10〜100 MPa)
5.超高圧(100以上MPa)

圧縮機能力

圧縮機能力とは単位時間当たりの圧送圧縮気体の量を意味します。一般的には、m3 /分、L /分、m3 / Hなどの表記されます。気体圧縮の過程で体積が変化するため、圧縮機の能力値は、吸引と出力両方が指定されることもあります。入力には大気圧で20℃、すなわち標準的な条件が取られます。圧縮機の能力値を表示する方法は、装置の適用範囲に応じて読みやすくするために異なります。気体入力条件から出力値を変換するには、特別な式が使用されます。また、気体の温度が異なる場合にも変換する必要があります。

コンプレッサーは能力に応じて下記の種類に分けられます。

  1. 高能力(100m3/分以上)
  2. 中能力(10〜100m3/分)
  3. 低能力(10m3/分以下)。

圧縮機仕事率

一般的に、仕事率とは一定期間内にする仕事量の割合です。圧縮機の場合、仕事率は気体生産能力かける気体圧縮仕事量という計算で行われます。この仕事率は理論値と呼ばれ、下記の式により計算されます。

Nт = (Q∙ρ∙A)/1000

Nт – 理論仕事率、キロワット
Q – 能力、立方メートル/分
ρ – 気体密度、キロ/立方メートル
A – 気体圧縮理論仕事量、J/ kg

しかし、理論仕事率は圧縮機に接続されるエンジンが供給する電力と圧縮機に必要とされる電力と同じではありません。数値的性能係数の組み合わせにより表示される電力損失の現象があるためです。圧縮機内の圧縮処理は効率指数(過程種類に応じて)を持っており、ならびに仕事率の一部は機械的送信の間に失われるためです。この点で、圧縮機の入力軸に設けられなければならない力は、以下の式の理論仕事率に関連する軸仕事率または有効仕事率と呼ばれます。

Nэ = Nт/(ηм∙ηpr)

Nэ - 有効仕事率、キロワット
ηm - コンプレッサーの機械効率
ηpr – 気体圧縮プロセス効率

エンジンと変速機で搭載した圧縮機を検討する場合、追加の仕事率損失はその中に発生し、それぞれ2ηD効率とηper仕事率で表示されます。従って、圧縮機に接続されるモーターのNd仕事率が下記の通りになります。

Nd = Nэ/(ηd∙ηper)

Nd - 圧縮機モーターの仕事率、キロワット
ηd - モーター効率
ηper - 変速機の効率

圧縮機のすべてのユニットの効率の計算は非常に重要です。圧縮機の効率が大きく異なることがあるため、圧縮機が異なる種類になる場合、同じモーターが気体圧縮の同じ動作に適用しないこともあります。気体圧縮に使われる仕事率が大きな損失となり、不十分となりかねません。例えば、スクリュー圧縮機の平均効率は95%であるが、従来の圧縮機は80%に近いため、入力仕事率の差は、スクリュー圧縮機のほうが10〜15%ほど多いです。






スクリュー圧縮機適用

オイルフリー機器は、動作気体に不純物が混入し、または潤滑油が気体で汚染されるすべての工程で適用されます。ブタジエン、スチレンモノマーのリサイクルガス、炭酸ナトリウム、および直鎖アルキルベンゼンなどの多くの独特な用途で使用されます。多くの場合、圧縮過程を冷却するために水噴射が使用されます。

オイルのスクリュー圧縮機は、冷却のためにオイルを使用することができ、「ドライ」コンプレッサーより少し効率が高いです。

過去20年間、合成油分離器の使用が増加してきたため、様々な分野でオイルスクリュー圧縮機が多く使用されるようになりました。今のスクリュー圧縮機の大部分は約1分10〜20gal/100馬力で潤滑、冷却、 シールのために膨張室内に油を注入します。このような大量の油使用は、圧縮時に発生した熱をオイル伝達するため、高い圧縮率でも低温を可能にします。

遠心圧縮機適用

遠心圧縮機は様々な業界で幅広く適用される不可欠な機器です。

この機器は非常にコンパクトな構成で安定した圧縮を確保します。遠心圧縮機は、構造(水平または垂直)、インペラ上のブレードの形状、特定の動作圧力用の部品肉厚により分けられます。

直接的な適用は、圧縮気体圧力と温度の増加と同時に液体、気体または気体と液体の混合物を少量に圧縮することです。

遠心圧縮機は、ターボ圧縮機の一種です。製造技術の進歩は、最新のターボ圧縮機の開発における重要な要因になりました。遠心圧縮機の主要な構成要素にはガイドベーン、インペラ、ディフューザー、螺旋膨張室、および横出口が含まれます。インペラは基本的な部品で、適切に設計されたインペラなしで全体の圧縮機とその段階で効率を達成することができません。

遠心圧縮機は、圧縮が必要となる様々分野で使用されます。

  • 石油・ガス産業
  • 空気分離機
  • 冶金
  • 鉱業

遠心圧縮機の適用分野:

  • エチレンおよびプロピレンの製造、芳香族炭化水素の製造、ガス液化、水素、CO、メタノール、アンモニアの圧縮などの、化学および石油化学産業
  • 石油精製の接触分解装置、改質および脱硫装置
  • 天然ガスの液化装置、ガス処理装置
  • 海水の淡水化、紙産業における機械的蒸気圧縮(圧力および温度両方を上げることによる母液蒸気圧縮)
  • 二酸化炭素の抽出および貯蔵。つまり発生源でのCO2を直接回収し、大気中への放出を防ぎながら、所定場所へ輸送します。
  • 燃料ガス供給、燃料ガスから硫黄除去、煤払い用の空気の供給、処理空気の供給、ガスタービン用の空気圧霧化の空気圧縮機など、電力分野

遠心圧縮機は、石油随伴ガスを圧縮用途に使用されます。ウェルに炭化水素の混合物があり、石油を揮発性成分から分離することは大事です。油田の施設にもコンプレッサーが必要とされる箇所がいくつかあります。一般的には、ガスの再圧縮およびパイプライン供給で使用されます。ガス圧縮は供給する前に、一時的な措置としてリザーバに圧縮、またはリザーバ内のガス圧を維持するために必要です。

遠心圧縮機は、ガス田からのガスが圧縮またはパイプラインおよび設備に供給されるガス捕集装置で使用されます。ガスは通常、圧力のレベルが異なるいくつかの井戸から供給されます。ガスは約70〜100バールまでに圧縮されます。通常、ガソリンスタンドにガスを供給するウェルの近傍に小型の圧縮機が装備されます。あるガス田では、ガスと液体を分離するために、入力ガス圧を低下させます。

乾燥ガス、液化石油ガス(プロパン、エタン、ブタン)の生成物を生成するガス設備においての遠心圧縮機は、下記の圧縮過程に関与します。

  • ガス供給の圧力を設備の圧力に合わせて入力調整する補助圧縮(入力)
  • 天然ガス圧をパイプラインの圧力に調整する再圧縮

ガス遠心圧縮機は、ガスパイプラインから地下貯蔵及びその逆にガスを注入するために使用されます。H2SおよびCO2(酸性ガス)を含む天然ガスは、場合により未処理のまま圧縮されます。

遠心圧縮機は、肥料の生産(特に尿素)におけるCO2の供給のためにレスプロ圧縮機の代わりに使われるようになりました。

また、遠心圧縮機は小型ガスタービンエンジンにおける補助動力源と小型航空機用ガスタービンで使用されます。

空気遠心圧縮機

多くの化学過程は、圧縮ガスを必要とします。アンモニア装置と空気分離装置が例として上げられます。圧縮空気は、機械装置に使用されます。また、鉱山の換気のために使用されます。

遠心圧縮機は、速度エネルギーを圧力エネルギーに変換するために回転するインペラとディフューザーにより空気の圧力を上げます。圧縮段階は必要なレベルまで過剰空気圧をさげるために必要で、電動モーター、ガスまたは蒸気タービンにより駆動されます。遠心圧縮機は、圧縮を段階で行うため、空気がより冷たくなり、機械的にもエネルギー消費にもより効率的です。

特定の複合サイクル統合ガス装置には、大型のコンプレッサーが必要です。多くの場合、電動モーターにより駆動される多段圧縮機が使用されます。

遠心圧縮機は、更に空気分離装置に使用されます。空気は多くの要素で構成されています。すべての分離過程は空気の圧縮から始まります。

空気遠心圧縮機の他の利点の中には、食品産業のためにオイルフリーの空気を生成する能力、ならびに空気を大量に生成する能力があります。

近年、多くのメーカーの努力が設備投資と運用コストを削減しようとしきました。従って、最近の多くの製造業者は、予め組み立てられた標準的な一連のモジュールで構成された遠心圧縮機システムを提供しています。このモジュール部品の使用は、部品の全体的な数とコストを減少させ、それに応じてその後の組み立てをスピードアップします。消費者もより簡単な整備を行えます。

レシプロ圧縮機用途

レシプロ圧縮機の工業における使用は、前世紀の始めに開始しました。今日まで使われてきた生産設備の進歩と発展に貢献したコンプレッサーの最初に発明された種類の一つです。気体圧縮するピストンの力を使用するコンプレッサーの範囲は非常に広いです。

レシプロ圧縮機では、気体の圧縮は、ピストンの動きにより行われます。圧縮機が作動するとき、ピストンがシリンダ内で上下に移動します。バルブシステムは、機内に気体を入力させ、その後に圧縮された気体を放出する役割です。

用途範囲は、主に下記の明確な利点により決められます。

レシプロ圧縮機の利点:

  • 高圧縮(性能の下限は制限なし)
  • 高効率
  • 比較的に公正価格
  • メンテナンスの簡便性(簡単な内部構造)
  • ブースター機器として使用することが可能

この利点のために空気または気体のレシプロ圧縮機は、多くのプロセスで長く使用されていくと推測できます。

産業用レシプロ圧縮機は長期連続運転中に高い信頼性と効率性が必要な工程で使用されます。

産業用レシプロコンプレッサーの主な用途は以下のとおりです。

  • 空気分離装置
  • 有機ガス
  • 化学工業
  • 低温装置
  • 地層から石油増幅回収
  • 環境保護と環境復興対策
  • エチレンオキシド/エチレングリコール
  • 肥料生産
  • 食品飲料生産
  • 圧縮ガスボンベ充填
  • ガス注入
  • 水素化脱硫
  • 水素化処理
  • 工業用ガス処理
  • 天然ガスの貯蔵
  • 石油・ガス産業
  • 石油化学工業
  • 石油精製
  • ポリエチレン製造プラント
  • 低密度ポリエチレン製造
  • ポリマー製造
  • ポリプロピレン製造
  • ポリシリコン製造
  • パイプライン
  • 冶金
  • 合成燃料製造
  • 地下ガス貯蔵
  • 酸化過程
  • 接触改質装置でも応用されました
  • その他

工業用レシプロ圧縮機は以下の流体を圧縮するために使用されます。

  • 空気と様々な非腐食性ガス及びガス混合物
  • アンモニア
  • アルゴン
  • ベンゼン
  • 乾燥ガス
  • ベンゼン、トルエン、キシレン
  • 二酸化炭素
  • 一酸化炭素
  • 塩素
  • 低温ガス
  • 含塵ガス
  • エチレン
  • エチレンビニルアセテート
  • 高圧ガス
  • 高腐食性ガス
  • ガス状炭化水素
  • 水素
  • 塩化水素
  • 硫化水素
  • 液化天然ガス
  • 液化石油ガス
  • 混合ガス
  • 天然ガス
  • 窒素
  • 酸素
  • 圧縮空気
  • 冷媒
  • トルエン
  • 有毒ガス
  • 揮発性可燃性物質
  • キシレン
  • その他

シリンダ潤滑剤の開発は、レシプロ圧縮機を使用する大きな転機となりました。ピストンのシールを複合材料からなる自己潤滑型に変化できたため、シリンダとロッドの摩耗を防止し、その結果、生産過程を安定させました。

多くの製油所は、シリンダ潤滑とシールなしでコンプレッサーを使用しています。プロピレンの乾燥中にアルミナゲル上で油が吸着しないため、プロピレンの生産でドライレシプロ圧縮機の使用が適切です。

レシプロ圧縮空気は、多くの工業企業にとって最も重要な要素である圧縮空気の供給で高い評価を得ました。圧縮空気の中断のない生産は、企業全体として正常に機能できるための主な条件です。

圧縮空気の必要量が少ない場合は、セミプロレシプロ圧縮機と家庭用レシプロ圧縮機が使用されます。家庭用レシプロ圧縮機は、通常、建設工事で、自動車修理屋、メンテナンスで使用されます。

その利点はコンパクトなデザイン、リーズナブルな価格、低高負荷の条件で動作です。単段圧縮機は約8バールまでの圧力で使われ、複数段圧縮機は16バールまで出力することができますが、動作は断続で行われます。空気冷却圧縮機の負荷レベルは60〜70%を超えてはなりません。一部のメーカーは、このような機器のための日中の最大動作時間を4時間とし、動作2分毎に1.5分間休憩を推薦します。

代表的な用途:

  • 乾燥
  • ポンプ
  • 塗装
  • 水噴霧
  • レンチ
  • 釘引っ張り
  • 高圧洗浄機
  • サンドブラスト
  • 釘やステープル打
  • 専用吹き出し
  • 専用ねじ回し
  • 専用粉体塗装
  • 空気圧インパクトレンチやラチェットレンチ
  • トラック用タイヤ膨張

レシプロ圧縮機の低騒音型を職場の近くに設置します。

一般的な用途は下記のようになります。

  • 工業用液体噴霧
  • 空気圧ハンマーとインパクトレンチ
  • 専用ラチェットレンチと高圧洗浄機
  • 塗装用プライマー

レシプロ圧縮機は食品および飲料製造で使用される圧縮空気システムの一部として使われ、例えば、(製品を充填する前に)容器洗浄、自動仕分けシステムおよび包装システムなどです。また、圧縮空気は瓶詰めのような製造工程で使用されます。

一部の用途では、圧縮空気中のオイルが入っても問題ありません。しかし、ある状況では油含有量なしの空気が必要とされます。

オイルフリーレシプロ圧縮機は、漏れや油流出などがないため、環境に優しいという利点を有します。その安全性は、電線の近くに油流出事故に関連した火災の危険がないことを含め、保証されています。オイルは空気タンクに蓄積しません。このような圧縮機はより少ない部品が使われるため、予備部品を少なくし、メンテナンス保守をそれほど必要としません。関連機器の耐用年数はより長くなります。実際には、オイルフリーのレシプロ圧縮機を動かすためにより少ない電力を必要とし、製造にとってより経済的な圧縮機になります。これらのすべての利点が、消費者がこのタイプの圧縮機を選定する理由です。

代表的な用途は食品・飲料業界、デジタル印刷、米選別、医学、鉄道業界 。

一部の企業は、後に精密な回路基板を清掃するために圧縮空気を使用するため、オイルフリー圧縮空気を必要とします。圧縮空気は、直接電気回路の製造プロセスに関与する洗浄機の掃除に使用されることもあります。

製薬会社は医薬品の製造工程で空気をきれいにすることが大切です。このような場合にオイルフリーレシプロ圧縮機は最適です。

繊維産業では、圧縮された空気は、空気ノズル付繊維機械に使用されます。

オイルフリーレシプロ圧縮機は、医療業界でも使われます。一般的にこのような圧縮機は、任意の位置に任意の距離で移動されることを可能にする小型かつ軽量という利点を持っています。

また、オイルフリーコンプレッサは布張り家具製造、小規模塗装のとき、歯科用装置を供給するために必要とされます。

コンプレッサーと送風機

LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)はロシアにおける貴社の圧縮機の公式代理店となって、貴社の機器を買う顧客を提案し、技術的および商業的な交渉を行い、供給の契約を結びます。入札の場合、参加するために必要な資料をすべて収集し、機器の輸送のために必要な契約を締結し、税関登録および商品(圧縮機)のその後のクリアランスを行い、通貨の支払いができるようにロシアの銀行に通貨管理の契約パスポートを登録します 。必要に応じて、当社は既存または新規に構築される生産プロジェクトにおいて貴社の機器を指定します。

LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、ロシアにおける高い信頼性と効率的なパートナーおよび代理店になることができると確信しています。

ご協力の問い合わせを英語でお送りください。