Together
to
success...
since_1997
"INTECH_GmbH"
Русский English(int.) Deutsch English(USA) English Español Français Italiano Português 日本語 简体中文

遠心ポンプ

ロシアの LLC「インテックGmbH」(ООО「Интех ГмбХ」)エンジニアリング会社は、20年以上ロシア市場におけるロシアの様々な工業企業と協力しながら、莫大なエンジニアリングの経験を積み、市場で高い評価を得て、100以上の大規模なロシア産業プラントにおけるプロジェクトを実施してきました。当社は、ロシア市場を魅力的とし、地域での売り上げを増やし、その活動を拡大し、新しい国際的なレベルに到達したい投資家と新しいビジネスパートナーを常に探しております。

当社はロシアの工業プラントに自社製品を供給するために善意の公式代理店を探している遠心ポンプのメーカーと協力したいと思います。

当社の経営者と担当者は、ロシア市場の業界、顧客のやり方と考え方、金融経済活動の特徴をよく知っております。当社のすべての担当者は豊富な顧客ベースを持っており、成功した販売の豊かな経験と遠心ポンプの可能な買い手との確実なコネクションを持っているため、手早く興味を持っている分野を特定し、成長しているロシア市場への早いアクセスを提供できます。当社の担当者は、英語とドイツ語が話せ、国際市場における外国製機器の供給という仕事が得意です。

複雑で技術的な問題を解決する経験を持っているエンジニアリング専門家は、定期的にロシア顧客と会い、パートナーメーカーが行う最近の開発のプレゼンテーションに参加します。常にロシアの工場におけるすべての技術サービスと連絡を取り合い、技術的な問題を特定します。そのため、当社はロシア連邦における特徴と、プラントが装備する産業施設とその最も必要な改造をよく分かっております。

ロシアにおける遠心ポンプの公式代理店になって、当社の広告部門は市場調査を実施し、ロシアの企業の市場における貴社の遠心ポンプに対する需要を評価し、産業工場の市場の規模と能力を確定し、当社のIT専門家は貴社の製品についてロシア語で のウェブサイトを開発します。当社に属する専門家は貴社に提案される遠心ポンプが最終顧客の要求条件に適合性するかどうか分析し、新製品に対する市場の全体的な反応を分析し、潜在的な顧客のカテゴリを検討し、そのなかで最大かつ最も魅力的な会社を推選します。

ロシアにおける公式代理店になって、LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は必要に応じて、メーカーの機器の個別なロット、遠心ポンプの様々な種類をロシア基準により許認可申請を行い、危険な産業を含めて関税同盟(ロシア、カザフスタン、ベラルーシ、アルメニア、キルギスタン)のすべての工業企業で貴社の機器の使用を確保するTR TS 010およびTR TS証明を取得します。当社のロシア会社はロシアと関税同盟規格の国の要求条件に応じて遠心ポンプの登録証明書の取得も支援できます。

当社のエンジニアリング LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、様々な産業分野におけるロシアの設計機関と協力しているため、ロシアとCIS諸国の建築基準および規則に従って予備設計とその後の設計作業を実施することが可能となり、将来のプロジェクトで貴社の遠心ポンプを敷設する機会を与えてくれます。 当社は、必要な貨物の輸送、その梱包、荷積み、すべての適用な法的規制やロシア市場に出るために必要である要件に準拠し、DAPまたはDDP条件で顧客の倉庫に商品を輸送する専用の物流部門を持っています。

当社は、供給された設備据え付けと試運転、遠心ポンプの保証サービスおよびアフターサービスを行い、顧客の担当者の必要な訓練および教育を行う認定の専門家を持っています。

遠心ポンプの概要

遠心ポンプの概要、特性および目的

遠心ポンプは、水を汲み出し、インペラを回転させて水頭を作り、遠心力を発生させる一種の装置です。

遠心ポンプは、螺旋状のハウジングと、シャフトに取り付けられたインペラとの主要要素を含みます。シャフトは、ベアリングで回転します。また、ポンプの構造には、網を備えた逆止弁(起動前に充填時は本体と吸入管の内部に液体を維持する)、吸入管の弁、真空計(吸引側の真空を測定する)が含まれます。

遠心ポンプの特性は、その設計、部品の材料、主作業ユニットの動作原理と繋がっています。ポンプ特性は実際に利用することによって最も正確に特定することができます。遠心ポンプが実際に機能する過程で、理論上完全には想定できない多くの外的要因や影響が考慮されます。 1つの一般的な動作原理を有する遠心ポンプは、構造、サイズおよび性能が異なります。一般に、この相違点は、インペラおよびハウジング内のシャフトの位置に関します。遠心ポンプの最も簡単な種類は一段型であり、最も一般的です。このようなポンプは、水の流量および圧力の動作範囲が広いが、比較的低い水頭を作り出します。

多段遠心ポンプはさらに高度化しています。そのようなポンプの設計には、次々に直列に配置されるいくつかの羽根車および段が含まれます。この場合、水の流れはステージの吸入口から次のステージの入口に移動し、最後の水頭値は各ステージが生成する圧力の合計に等しくなります。共通の軸は、垂直及び水平の両方向に向けることがあります。遠心ポンプを選択する際には、軸シール付きのポンプは、オイルシールのパッキングを使用したポンプよりも現代的であるということを留意してください。第1の構成の主な利点は、気密を維持し漏れがないことと、振動やシャフトの小さなずれが生じても気密性が保てることです。

遠心ポンプの分類

遠心ポンプは、次の型で製造されています。

垂直または水平型の単段遠心ポンプ - 水平軸配置(一般的)、垂直軸配置(最小の設置面積を特徴とする)

多段遠心ポンプ - ポンプケーシングに1つではなく複数の羽根車があり、この設計により、ポンプ出口で圧送される液体のかなり高い水頭値を得ることができます。

半水中型遠心ポンプ – 螺旋と本体の一部が汲み出される媒体に浸されるポンプの垂直型は、ピットに設置するために使用されます。

水中遠心ポンプ - ポンプ及びモーターが単一の密閉ハウジングに接続される型、ポンプは、圧送流体に完全に浸漬され、ピットや排水井から液体を圧送するために使用されます。 インラインケーシングを備えた遠心式2方向ポンプ - 吸引管および吐出管を1つの軸に配置するポンプは、水平型および垂直型で製造されます。

気密遠心ポンプ – 本体が気密構造で製造、2つの実施例があり、1つ目はインペラがモーター軸に取り付けられ、2つ目はポンプが磁気カップリングによってモーターに結合さます。両方の場合にポンプ本体は完全に密封し、圧送媒質の漏れが防止されます。このようなポンプは、化学的有毒、危険、毒性および揮発性の液体を移送するための化学プラントで主に使用されます。

遠心ポンプの分類はまた、次の3つのタイプに分けることができます。構造的特徴、水頭レベルとインペラ速度因子、ならびにくみ上げられる液体の種類に基づいたタイプです。

  1. 設計上の特徴の原理によれば、以下のタイプの遠心ポンプが一般的です。
  2. インペラ数に応じて、遠心ポンプは1つのインペラ(単一インペラ)と複数のインペラ(マルチインペラ)の2種類に分かれています。1つのインペラ(または一段式)ポンプは、シャフトがコンソール配置し、そのためコンソール式とも呼ばれます。複数のインペラ(多段式)ポンプには、一連の直列に取り付けられたインペラが装置の性能を上げます。構造的に遠心ポンプは一方向または二方向の水注入口を備え、水平または垂直のシャフト構造と、水平または垂直のハウジングを備えることがあります。作動物質が螺旋チャネルに供給される方法に従って、このポンプは螺旋式(液体が螺旋チャネルに供給される)またはタービン式(液体がブレードを備えた静的インペラを通過する)と呼ばれます。
  3. 遠心ポンプは、生成される水頭のレベルとインペラの速度指数に従って、低水頭、中水頭および高水頭のポンプと、低速、高速および普通のポンプに分類されます。
  4. 圧送液体の種類に応じて、ポンプを水用、下水用、酸性液体用などの機械に分けることができます。

遠心ポンプの分類は、3つの主なタイプに分けることができます。設計特徴、水頭、インペラ速度レベル、ポンプ液体の種類

1) 設計上の特徴によれば、遠心ポンプが以下のタイプに一般的に分けられます。

インペラ数に応じて、遠心ポンプは1つのインペラ(単一インペラ)と複数のインペラ(マルチインペラ)の2種類に分かれています。1つのインペラ(または一段式)ポンプは、シャフトがコンソール配置し、そのためコンソール式とも呼ばれます。複数のインペラ(多段式)ポンプには、一連の直列に取り付けられたインペラが装置の性能を向上します。構造的に、遠心ポンプは、一方向または二方向の水注入口を備え、水平または垂直のシャフト構造と、水平または垂直のハウジングを備えることがあります。作動物質が螺旋チャネルに供給される方法に従って、このポンプは螺旋式(液体が螺旋チャネルに供給される)またはタービン式(液体がブレードを備えた静的インペラを通過する)と呼ばれます。

2) 遠心ポンプは、生成される水頭のレベルとインペラの速度指数に従って、低水頭、中水頭および高水頭のポンプと、低速、高速および普通のポンプに分類されます。

3) 圧送液体の種類に応じて、ポンプを水用、下水用、酸性液体用などの機械に分けることができます。

遠心ポンプの主要コンポーネント(要素)

遠心ポンプには、以下の主要コンポーネントが装備されます。螺旋状のハウジングと、ハウジング内に配置される、キーを使用してシャフトを固定したインペラです。シャフトはベアリングで回転します。シャフトが本体を貫通する穴をシールするために、シールが使用されます。液体は、吸引管を通ってポンプハウジングに入り、回転するインペラの中心に供給されます。物質はブレードの作用で回転し、インペラの中心から周囲に追い出され、ポンプハウジングの螺旋部分(スパイラル式ポンプ)に入った後、排出管を通って圧力パイプを移動します。ブレードは水分子に作用し、モーターの運動エネルギーが高速に液体の圧力に変換されます。

ポンプが作る液体の水頭は、圧送物質のメーターなどの単位で測定されます。液体は、インペラブレードの前部の真空のために吸引されます。ブレードの凸面形状はより高い液体の水頭とより良い流れを提供し、インペラはブレードの凸面の排出方向に回転します。

遠心ポンプには通常に次のような装置と継手があります。

  • 網を備える受入チェックバルブ、起動前にポンプケーシングを充填する時に吸引管の水を止めます。網は、水に含まれる懸濁液を濾過するためのものです。
  • ラッチ
  • 吸引側の真空度を測定する真空計。本体とバルブの間のパイプラインに取り付けられます。遠心ポンプは、(ハウジングの上部に位置する)充填する時に空気を排出するバルブ、 水が遠心ポンプを通って後退することができないように排出ラインに配置された逆止弁を装備します。
  • 圧力パイプライン上に配置されるバルブ、起動、停止、遠心ポンプによって生成される水頭の性能の管理を行います。
  • 遠心ポンプが作る液体の水頭を測定するための圧力ゲージ。圧力ゲージはポンプの吐出管に位置します。
  • 遠心ポンプを液圧ショックから保護する安全弁。この弁は、ポンプを保護するためにバルブの後ろの吐出管に配置されています。遠心ポンプには、多くの場合、ポンプを注ぐための装置および様々な自動化装置もあります。

遠心ポンプの種類

コンソール式ポンプ

コンソール式ポンプは、最も一般的なタイプの遠心ポンプです。そのような装置の重要な作業要素は、ブレードによって単一の構造に連結された2つのディスクからなる遠心インペラです。ブレードは主作業体の回転と反対方向に曲げられます。

インペラが回転運動を行うと、遠心力の影響下でインペラからの流体が圧力ラインに流れます。したがって、インペラの中央部に真空が生じ、周囲には圧力レベルが増加します。流体は、主作業体の中心と受けタンク内の圧力の差の結果として、吸引管内を移動します。

単段式ポンプは鉄製、遠心インペラへの物質の片側入口を備え、コンソール型に属します。このようなポンプでは、インペラがシャフトの最端部に設置されます。インペラは、電動モーターまたはポンプハウジングのベアリングに固定されます。化学ポンプ、土砂ポンプおよび糞をポンピングするポンプユニットが同様に設計されています。

水平ポンプ

水平遠心ポンプは、多段式と、両側入口インペラを備えた1段式ポンプに分かれています。後者は、水および粘度、純度および化学的活性の点で類似の流体を処理するために使用されます。

水平ポンプは、両面インペラ液体供給のため、コンソール式ポンプよりも吸引能力とキャビテーション特性が優れています。このパラメータは、ゼロ点以下の水位から水を吸う必要がある状況で、ポンプステーション作業に重要です。

回転中、インペラはブレード間の流体を円で動かします。遠心力が発生すると、流体はインペラの周縁部に移動し、中央部で解放した空間が補充されます。流体は、生成された真空によって吸引管から供給されます。

ポンプには吐出装置(吐出ディスクとブッシュ、リモートブッシュとリングが含まれている)が装備されます。

このタイプのポンプユニットは、工業企業および都市の給水システムに広く使用されています。集落では、このような機械が給水システム、灌漑および畑の排水に使用されます。

水中ポンプ

このポンプの設計は、設備の特徴によって決まります。ポンプユニットは内部に設置されるため、設備の本体の形状およびその直径は、ケーシングパイプのサイズおよび形状に適合しなければなりません。

垂直ポンプ

垂直ポンプは、淡水との作業に使用されます。このような設備は、灌漑システム、都市や工業施設の給水システムなどの一部として機能します。火災または爆発の危険性がある産業では使用されません。

ケミカルポンプ

ケミカルポンプは、構造のタイプが圧送物質の種類に依存するため、設計が多様です。部品、シールの種類、流れ部分の材料、爆発からの保護レベルなどの構造の特徴を区別することができます。

このポンプは、化学的特性が水と違う物質を扱います。通常、その特性が流れ部分の製造される材料を決める腐食物質です。

例えば、ねずみ鋳鉄が材料として腐食媒体に対して耐性がなく、吸引ステージの必要な圧力レベルを提供しないため、ケミカル遠心ポンプの製造で使用されません。

ケミカル遠心ポンプは、次のタイプの構造があります。コンソール、水中、気密、軸方向、単軸スクリューなどです。

凝縮液ポンプ

このようなポンプの目的は、静止型タービンおよび熱交換器で形成される凝縮液を供給することです。 このポンプは、優れた吸引能力を持ち、2つまたは4つのステージの水平構造を特徴とします。ポンプハウジングの下部には、圧力管および入口管(管の方向はそれぞれ水平および垂直である)が位置します。

石油ポンプ

このタイプのポンプは、石油精製および石油化学、ならびに石油およびその製品、液化ガスおよび同様のパラメータ(粘度、比重、材料への腐食性など)を有する他の物質を扱うユニットの一部として使用されます。様々なタイプの石油ポンプは閉じた空間および屋外において機能します。

供給ポンプ

供給ポンプユニットは、ドラムボイラーおよび直流ボイラーに水を供給するために使用されます。このような設備が作動する水は、固体不純物を含みません。供給ポンプの設計は、片側に位置する羽根車を備えた水平、単一本体または二重本体です。

スラッジポンプ

スラッジポンプは、構造的に別個のラックに水平に配置された単段コンソールポンプです。カップリングを介して電気駆動装置により駆動されます。このタイプのポンプには閉鎖型インペラが装備されます。主な適用は、スラグ、砂利、砂、研磨剤および他のスラリーの混合物のポンピングです。

糞便ポンプ

糞便ポンプは、工業および家庭内汚染水(pHは6〜8.5、最高温度は95℃、研磨剤は1%まで)の処理に使用されます。このポンプの重要なパラメータは、詰まらない特性であるため、ポンプの流路が十分に広く製造されます。

ボルテックスポンプ

このポンプは、爆発性、引火性、化学的に活性で可燃性の物質、中性の液体および水を圧送します。ボルテックスインペラは、周辺部に短いブレードを備えたディスクです。ブレードは、ポンプケーシングの環状キャビティに入ります。吸引管および排出管は、内部シールリップによって分離され、環状空洞に接続されます。

インペラが回転運動すると、ブレードは物質を動かし、遠心力の作用の結果として「ねじれ」、渦動を生成します。ボルテックスポンプ操作の特性は、スクリュー軌道に沿って移動する粒子がブレード間の空間に何回も入ることです。結果として、粒子は追加のエネルギーを受けます。従って、同様の直径の羽根車で、渦流ポンプは、遠心ポンプと比較してはるかに高い圧力を発生させることができます。その結果、渦流ポンプは小型軽量です。このタイプのポンプの利点は、始動前に吸引ラインおよびハウジング内に圧送液体を満たす必要がないことも含まれます。

ガソリンポンプ

ガソリンポンプは、灯油、ガソリン、アルコール、ディーゼル燃料などの不純物を含まない物質(温度範囲は-40〜+ 50℃、密度は1000 kg/m3まで)の処理に使用されます。固定でも可動設備の一部としても機能します。

軸流ポンプ

軸流ポンプは、原子力発電所や発熱所の循環型給水システムや農業の灌漑施設の一部として広く使用されています。このポンプの特長には、主作業体(インペラ)の設計とその機能が含まれます。インペラは、ブレードを備えたブッシングであり、その形状は湾曲した羽根に似ています。ポンプの水頭は、次のように作成されます。インペラが回転すると、ブレードが移動し、圧力レベルが上部で上がり、下部で下がります。

流体の流れの大部分はインペラで軸方向に移動します。主ポンプ本体は、管状チャンバーの内側で回転します。汲み上げられる液体は並進運動を行い、同時にインペラで「回転」されます。このようなポンプには、エルボーに入る前の液体流れ内の渦を排除するレベリング装置が装備されます。圧送流体は、円錐形の管によってインペラに供給されます。大きな設備では、複雑な形状の吸引管がこの機能を行います。

遠心ポンプの動作原理






遠心ポンプの原理は、インペラの回転に起因して作動時にポンプケーシング内で生じる遠心力に基づきます。インペラは、ポンプ駆動部によって発生されたトルクが伝達されるポンプ軸に接続された鍵で固定されます。ポンプシャフトは、弾性カップリングによってモーターの駆動シャフトに接続されます。

遠心ポンプは、液体を圧送するために設計された最も一般的なポンプです。






遠心ポンプは、装置の本体が水で満たされている場合のみに機能します。このポンプは、インペラの回転を引き起こす遠心力の影響下で作動します。ポンプケーシングには、シャフトにしっかりと固定された1つまたは複数のインペラが配置します。各インペラは、一対のディスクを接続する凸状ブレードを備えます。液体は吸引管を通って入ります。設備が作動すると、電動モーターに接続されてたシャフトがインペラを始動させます。 それは水をつかみ、インペラの中心から周囲に追い出し始めます。増加する遠心力は、ガイドチャンバーによって液体を吐出パイプライン内に移動させます。そして、空間が解放されると、ブレード間に圧力が上昇し、次の液体分がパイプラインから流れます。普段、吸引管は、スケール及びゴミがポンプケーシングに入ることを防止するフィルタを備えます。単段ポンプと多段ポンプの動作原理は似ています。違いは、複数のインペラを備える設備では、後続の各インペラの圧力が増加するということです。

遠心ポンプの利点

遠心ポンプの利点は、主に構造的な利点および機能的な利点に分けられます。

遠心ポンプは、蒸気タービンと電動機に直接接続されるため、コンパクトに設計されています。そのため、この設備は、高性能で軽量および寸法が小さく、設置面積が小さく、軽い基礎を必要とします。遠心ポンプシステムは解体して設置するのが簡単です。これは信頼性が高く、耐久性があり、操作上節約的で使いやすいです。

機能的な利点には、迅速な始動と簡単な調整の能力が含まれます。これはスムーズで連続的に水を供給します。圧力管では油圧ショックが排除されます。

遠心ポンプは、浮遊物質、ゴミ、汚染物質を含む物質をポンピングするために広く使用されています。

ポンプの合理的なコストは、その製造に使用される鋳鉄、ポリマー、スチールという材料の比較的安価からなります。

業界における遠心ポンプの応用

遠心ポンプは、任意の温度の水、高粘度の液体、下水、様々な不純物(砂、スラグ、土壌、泥炭、石炭)を含む物質を圧送します。そのため、このようなポンプは、化学および石油産業、鉱山作業、家庭内および住宅システムでしばしば使用されます。

加熱システム、冷却装置および空調装置の場合、水を扱う遠心ポンプが使用されます。このようなモデルは、一定温度を維持するために閉ループ内で液体を連続に循環します。このタイプのポンプは裏庭でよく使用されます。

水中ポンプは、きれいな水や中程度に汚れた水を圧送するために使用されます。このようなポンプは、井戸からきれいな水を得るために、または浸水施設を排水するために使用されます。水中ポンプは長時間連続運転が可能です。

自吸ポンプは、ポンピングステーションの構成要素として積極的に使用されます。このポンプは、様々なレベルの汚染を伴う液体のポンピングに関連した作業を行うことができます。

遠心ポンプは、化学処理の石油化学設備の構成として、および様々な食品の製造において広く使用されています。

遠心ポンプの操作と寿命延長

遠心ポンプが異常なしで作動するには、特定の計器を取り付ける必要があります。

ポンプインペラをパイプラインに流入した異物から保護するために、ポンプ入口ラインにゲートバルブとフィルタを取り付けることが望ましいです。

圧送媒体の流出によるキャビテーションの発生を防止するために、ポンプ入口で流れの圧力を制御するためにチェックバルブと圧力計が設置されます。

吐出ラインの閉じたバルブによる油圧シュックを避けるため、ポンプの直後にチェックバルブと圧力ゲージをポンプの圧力を監視するために設置されます。

基準寸法の遠心ポンプを選定する際、選択された型の基本性能の依存関係の曲線グラフで表す動作間隔の真ん中にある基本的な性能(容量及び圧力)を持つポンプを選択してください。

ポンプのサイズを選定する際、ポンプが設置されるシステムの抵抗を十分に参考し、ポンプが保証しなければならない主なパラメータ、性能および圧力の最大値に基づいて選択してください。

ポンプが効率的でトラブルフリーで動作するにはキャビテーションを防止する必要があるため、次の条件を遵守してください。「ポンプのNPSHは、ポンプを設置するシステムのNPSHよりも低くなければなりません」。

ポンプの流通部および圧送媒体と接触する部品の材料は、圧送媒体の腐食性に基づいて選択してください。

ポンプの流通部の材料を適切に選択した場合、許容される腐食速度は、0.1 mm /年(最大)です。

選択された鋼は、0.1mm /年未満の流通部の腐食速度を保証しなければなりません。

圧送液体の物理化学的特性は、ポンプに使用されるシールユニットの設計およびタイプを決めます。遠心ポンプは、オイルシールと様々な種類のメカニカルシールで装備されることがあります。

ポンプの消費電力は、ポンプの最大性能と主なパラメータの依存関係の曲線グラフに基づいて決定されます。

このようなグラフは、通常、流体の密度が水の密度で計算されますが、圧送流体の密度が水と違う場合、グラフで得られた必要な消費電力値を水の密度に対する流体の密度比に乗じて計算されます。

遠心ポンプ用モーターの選択と計算

種々の遠心ポンプ用のモーターは、圧送媒体の密度に基づいて選択されます。

要求されるモーターの出力は、次の式によって計算されます。Nm = KN(Pl/1000)

ここでは:

Nはポンプの消費電力

Plは圧送液体の密度

Nm はモーター出力

Kは安全係数、モーター出力に基づいて選択される

最大4kWのK = 1,3

4-20kWのK = 1.25

20〜40kWのK = 1,2

40kW以上のK = 1.15

得られる出力の値に応じて、モーターの型とサイズから最も近いより大きな型とサイズを選びます。

遠心ポンプは、一般的に異なるタイプのAC電気モーターとディーゼルモーターを装備されます。ポンプの電動モーターの設計は、ポンプが設置される部屋のカテゴリによります。

遠心ポンプは、モーターとカップリングによって、減速器/逓倍器またはVベルト駆動装置を介して接続されます。

LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)はロシアにおける貴社の遠心ポンプの公式代理店となって、貴社の機器を買う顧客を提案し、技術的および商業的な交渉を行い、供給の契約を結びます。入札の場合、参加するために必要な資料をすべて収集し、機器の輸送のために必要な契約を締結し、税関登録および商品のその後のクリアランスを行い、通貨の支払いができるようにロシアの銀行に通貨管理の契約パスポートを登録します 。必要に応じて、当社は既存または新規に構築される生産プロジェクトにおいて貴社の機器を指定します。 LLC「インテックGmbH」社(ООО「Интех ГмбХ」)は、ロシアにおける高い信頼性と効率的なパートナーおよび代理店になることができると確信しています。

我々は 常に協力にオープンしているので、一緒に前進しましょう!

ご協力の問い合わせを英語でお送りください。

ポンプ設置